講座室・体験学習室

博物館の各種講座などができる部屋です。
部屋の外側にある体験フィールドと連動して、屋外の行事も行えます。
館の行事がない場合に限り、一般のお客様に施設貸出を行っております。

 

 

       
   
■ 講座室
 
■ 体験学習室
 
 
萩博物館講座や企画展に関連した講演会、シンポジウムなどを行います。ホワイトボード、スクリーン、音響機器、プロジェクターを完備。
収容人数:50人程度
 
水道設備を併設し、ワークショップや工作、実験、体験学習の場として利用できます。
収容人数:30人程度
 
講座室と体験学習室は可動式の壁で区切られており、まとめて1室として利用することが可能です。
収容人数:80人程度
最大(イス席のみ)100人程度
         
施設の貸出について
(1)予約受付場所
  萩博物館 事務局 (電話による仮予約が出来ます。)
(2)申込方法
  所定の申請書に記入の上提出してください(要印鑑)。
  使用料は、使用日までにお支払ください。使用料は施設使用料一覧の通り。
(3)打ち合わせについて
 

事前連絡の上、ご来館ください。
特にパソコンを使用する場合などには、事前の打ち合わせをおすすめします。

(4)お問合せ
  萩博物館 事務局 0838-25-6447
(5)申請書ダウンロード
 
施設使用料一覧
(1)施設の使用
使用時間区分 午 前 午 後 夜 間 超過料金
(1時間につき)
9:00〜12:00

12:00〜17:00

17:00〜22:00

講座室
(50人)
1,680円 2,730円 2,730円 420円
体験学習室
(30人)
1,250円 2,100円 2,100円 310円
(2)附属設備の使用
プロジェクター 1式 1,050円 超過料金(1時間につき)210円
音響機器設備 1式 1,050円 超過料金(1時間につき)210円
マイク設備 1本 520円 超過料金(1時間につき)100円
暖房設備 1時間につき   420円
冷房設備 1時間につき   210円
備考
1 附属設備の1回の使用時間は4時間以内とし、4時間を超えて使用するときの使用料の金額は、この表に定める超過料金の金額を加算した額とします。

2

附属設備の使用時間が4時間を超える場合において、使用時間に1時間未満の端数が生じた場合には、その端数が30分以上のときは1時間とし、30分未満のときは切り捨てます。
 
萩博フロントページに戻る
萩博交流ゾーン情報