ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふるさと便り > 川上の子どもたちがあじさいの花を植えました

川上の子どもたちがあじさいの花を植えました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月25日更新

 10月19日(土曜日)、明神島運動公園駐車場に、一般社団法人萩八景遊覧船の皆さんと、川上子ども会、川上子ども会育成連絡協議会がいっしょになってあじさいの植樹を行いました。
 ここは、川上地域の観光ワンプロジェクト事業の一環である萩・長門峡観光遊覧船があり、辺り一帯は、春の桜、秋の紅葉と素晴らしく景色のいいところです。
 このたび、もっともっと景観をよくするためにあじさいの花を80箇所、200本植えました。子どもたちは、はじめに植え方をならい、一人が1~2箇所ずつ、あじさいを植えていきました。2~3年すれば萩・長門峡観光遊覧船を利用する観光客に、あじさいによるもてなしを演出できるでしょう。

あじさいを植える様子あじさいを植える様子

一箇所に3本の苗を植えます

皆さん、一生懸命植えています