ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 萩ジオパーク構想推進協議会 > 萩ジオパーク構想 これまでの活動の経緯

萩ジオパーク構想 これまでの活動の経緯

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月31日更新
萩ジオパーク構想のあゆみ
年月日できごと
2014年4月1日萩市として日本ジオパーク認定に向けた取組みを開始。
萩博物館の地学専門員(非常勤特別職)を置く。
9月24日日本ジオパークネットワークに準会員として加盟。
10月10日萩市総合政策部企画政策課にジオパーク推進室を設置。
2015年4月30日萩ジオパーク構想推進協議会設立総会を開催。
協議会によるジオパーク活動が展開することとなる。
2016年3月22日萩ジオパーク構想推進協議会臨時総会において、日本ジオパークネットワークに対し正会員加盟申請を行う方針を決定。
山口市、阿武町がオブザーバーとして参加。
4月1日ジオパーク推進室からジオパーク推進課に昇格し、萩市まちじゅう博物館推進部に設置。
4月14日日本ジオパークネットワークに対し、正会員加盟(日本ジオパーク認定)申請書を提出。
5月21日日本ジオパーク委員会新規認定申請地域プレゼンテーション(千葉県幕張市)に参加。
8月7~9日日本ジオパーク委員会による新規認定の現地審査。
9月9日第28回日本ジオパーク委員会開催。認定見送り。
2017年3月4日萩・明倫学舎本館に萩ジオパークビジターセンターをオープン。
4月1日萩市ジオパーク推進課(萩ジオパーク構想推進協議会)内に専門員を配置。
4月10日萩ジオパーク構想推進協議会定期総会において、山口市及び阿武町の正会員参加を決定。
7月9日萩ジオパーク構想推進協議会臨時総会において、戦略顧問を置くこと等の規約改正を議決。
8月1日日本ジオパーク認定の実現に向け、ジオパーク推進課を萩市総務企画部内に移設。
9月26日「萩ジオマスター講座」を開始(毎年全12回)し、市民を対象としたジオガイド育成を開始。
12月28日萩ジオパーク構想基本計画・行動計画を策定。
2018年1月24日山口大学と萩市の包括連携協定を締結。
2月1日萩市ジオパーク推進課内に新たに事務職員1名を増員。
3月26日萩ジオパーク構想推進協議会臨時総会において、日本ジオパークネットワークに対し正会員加盟申請を行う方針を決定。
4月17日日本ジオパークネットワークに対し、2度目の正会員加盟(日本ジオパーク認定)申請書を提出。
5月19日日本ジオパーク委員会新規認定申請地域プレゼンテーション(千葉県千葉市)に参加。
7月29日~8月1日日本ジオパーク委員会による新規認定の現地審査。