ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 萩市地域おこし協力隊 > 萩市地域おこし協力隊員募集要項

萩市地域おこし協力隊員募集要項

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新
萩市は、山口県の北部に位置し、沿岸部においては対馬海流の影響を受け比較的温暖であり、中山間部においては盆地特有の気候で、変化に富んだ豊かな自然環境を有しています。
幕末期には、吉田松陰など明治維新の原動力となった人材を数多く輩出し、近代日本の礎を築いた「明治維新胎動の地」であり、平成27年6月には、城下町など萩市の5資産を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録され、明治維新から150年以上経過した現在もなお、過去からの歴史を脈々と受け継ぎ、後世につなぐ町として、全国に名を馳せています。
 その一方で、少子高齢化と人口減少が進み、地域の活力と安全・安心な暮らしを維持していくための地域再生が課題となっています。
 四方が海と山に囲まれ、自然遺産や豊富な農林水産物に恵まれた萩市で、新しい視点から萩の魅力の発信や地域活動に取り組んでいただける意欲のある方を募集します。

1.募集人員

9名

2.任期

令和2年10月1日から令和3年3月31日まで(着任日は原則として10月1日としますが、事情により相談に応じます。)
※ただし、活動に取り組む姿勢・成果等を勘案して年度単位で更新、最長で委嘱日から3年まで延長することができます。
※協力隊員としてふさわしくない行為があった場合など、任期中で解職することがあります。

3.活動内容(活動地域・採用人数)

配属された地域でコミュニティ活動の支援や情報発信活動にあわせ、下記のいずれかのミッションに取り組んでいただきます。

(1) 広大な阿武川ダム湖を有効活用し地域を活性化しよう!アウトドアが好きな人募集!

※配属先:川上総合事務所産業振興部門 1名
  阿武川ダム湖を活用したアクアレジャーの推進及び阿武川温泉その他周辺施設を活用した交流人口増加に取り組みます。
●活動内容
・萩市(Labuフロンティア協会)が行う阿武川ダム湖活用事業の支援
・阿武川温泉施設を中心とした川上地域活性化支援
・地域の魅力をホームページやSNSを通じて情報発信

(2) 国の名勝・天然記念物「須佐湾」。最高のロケーションでキャンプ場の運営をしてくれる人募集!

※配属先:須佐総合事務所産業振興部門 1名
須佐男命いかやホルンフェルスなどが有名な萩市須佐地域にあるエコロジーキャンプ場で施設運営及び施設利用者の増加に関する企画等に取り組みながら、事業継承を行います。
●活動内容
・現在の運営団体の指導の下、施設の維持管理や運営の補助を行う
・利用者増加を目的とした新たな企画を立案
・運営母体となる団体の設立等

(3) あつまれ どうぶつの島 ~見島牛と共に過ごすくらし~ 追加隊員募集!

※配属先:見島支所 1名
※離島:定期船で約70分
 天然記念物に指定されている「見島ウシ」ですが、飼養者の高齢化により、後継者不足が喫緊の課題となっています。
 隊員は見島ウシ共同牛舎等を活用しながら、ウシの飼養技術の習得と耕作放棄地等を活用したウシ用飼料(牧草等)の栽培に取り組みます。
   また、見島ウシの島内での活用方法の検討、島外・市外への見島ウシのPR活動に取り組みます。
●活動内容
・見島ウシ共同牛舎の管理
・見島ウシの魅力発信活動
・牧草の栽培

(4) ~あなたが見島の元気の中心に~見島活性化プロジェクトスタッフ大募集!

※配属先:見島支所 1名
※離島:定期船で70分
 離島ならではの地域資源を活かした、見島の観光プランの企画立案、旅館業活性化、魅力発信等の観光振興に関する活動に取り組みます。
●活動内容
・見島の観光プランの企画立案、実行
・旅館業の活性化に関する取組
・見島の魅力発信等

(5) あなたの取材、執筆、編集で地域の食材を掘り起こせ!「萩なぜうま物語プロジェクト」地球目線でモノゴトを伝えられる編集者募集!

 ※配属先:ジオパーク推進課 1名
  萩市には多様な地質や地形に起因する豊かな自然環境を背景とした、多様性の高い農水産物や食文化が存在します。
  隊員は、萩の食を切り口にした「萩なぜうま物語プロジェクト」における広報活動の取材及び執筆、編集に取り組みます。また、プロジェクトメンバーと共同でツーリズム展開やオリジナル商品開発といったビジネスモデルの構築に取り組みます。
●活動内容
・「萩なぜうま物語プロジェクト」における広報活動(取材、執筆、編集)
 ・萩ジオパークの活動に関する公式HP、Youtube、SNS等での情報発信
 ・萩ジオパーク関連イベントの企画立案及び既存イベントのブラッシュアップ

(6) 『そば』のまち弥富 ジオパークで農業体験や観光ツアーを企画・実施する人募集!

※配属先:弥富支所 1名
  萩ジオパークの主要な見どころの一つである弥富地区において、豊かな自然と肥沃な土地で育った食物(そばや米)を広く地区内外に広めていくとともに、弥富地区内での活動に参画し、地域間交流を通じて交流人口の増加や地域おこしに取り組みます。
●活動内容
・萩ジオパークに関連する観光プランの企画立案
・弥富地区の交流人口増加に関する取組

(7) 地域の関わりしろ見える化プロジェクト始動 ローカルエディター募集!

※配属先:おいでませ、豊かな暮らし応援課 2名
関係人口の入り口となるローカル情報の集約を行い、萩に来るきっかけとなる地域との関わりしろを見える化し、関係人口のネットワーク構築に取り組みます。
 ●活動内容
・ローカル情報の収集、編集、発信
・地域との関わりしろを見える化の支援(受け皿となるチームづくり)
・ローカルプロジェクト「関係人口受入れプログラム」の実施補助

(8) 萩の森林資源を活かし、伝建地区の街づくりと林業のブランド化「地域商社」の創業メンバー募集!

※配属先:立ち上げ予定の地域商社 1名
  萩市が取り組んでいる林業6次産業化事業において、設立予定の地域商社のスタッフとして、森林組合等との受発注業務、営業、教育プログラムの企画・運営、地元事業者とのイベント企画・運営等に取り組みます。
●活動内容
・地域商社が行う各事業の業務の遂行
・地域商社が行う企画立案、実行

4.応募条件

次の要件をすべて満たす方とします。
(1)次のア・イのいずれかに該当する方
ア 応募時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等(詳しくはお問い合わせください)に住民票を有する方で、採用後、萩市に住民票を異動して居住できる方
イ 他地域で地域おこし協力隊員として2年以上活動し、かつ、解職から1年以内の方で、採用後、萩市に住民票を異動して居住できる方
(2)普通自動車運転免許を有する方(実際に運転できる方)
(3)パソコン(ワード、エクセル、インターネット等)の一般的な操作ができる方
(4)雇用期間終了後も萩市に定住し、就業・起業する意欲のある方
(5)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
(6)市税等の滞納のない方

5.勤務条件等

(1)報酬
   日額 10,360円(月17日勤務の場合、176,120円 毎月変動有)
   期末手当 2回(6月、12月)規定により支給
(2)勤務時間
   勤務時間は、1日7時間45分とし、週4日勤務とします。
   (土・日・祝日勤務もあります)
(3)身分
   萩市の会計年度任用職員
(4)福利厚生等
ア 社会保険・厚生年金・雇用保険に加入します。
イ 住居は、原則、活動地域内の空き家等を萩市が借上げた住宅を使用していただきます。借上げ料は予算の範囲内で市が負担します。(引越し費用、光熱水費、生活用品等については自己負担)
ウ 活動に必要な車両、事務用品、作業着等を用意します。 
(5)服務
ア 関係法令や条例等を遵守し、所属する部署の長に従い活動します。
イ 業務上で知り得た秘密を他に漏らしてはいけません。退任後も同様とします。
ウ 協力隊の名義をもって特定の政党、結社若しくは政治団体を支持、反対、加担してはいけません。
エ 活動時間中は全力を挙げて活動に専念します。

6.応募手続

(1)応募受付期間
   令和2年6月1日(月曜日)~令和2年7月15日(水曜日)
(2)応募書類
○萩市地域おこし協力隊申込書
※所定様式(志望動機・自己PR・希望ミッション・取り組んでみたいことの記入をお願いします。)
○履歴書(※様式:JIS規格同等のもの)
○住民票(※個人番号が記載されていないもの)または住民票記載事項証明書(住所、氏名、生年月日の記載のあるもの)
注)ご提出いただいた書類は萩市で責任を持って保管、処分します。書類の返却は致しませんのでご了承下さい。
(3)送付・問い合わせ先
   〒758-8555 山口県萩市大字江向510番地
萩市地域政策部おいでませ、豊かな暮らし応援課定住対策係 あて
Tel:0838-25-3360 Fax:0838-26-3803 E-mail:teijyu@city.hagi.lg.jp

7.選考方法

(1)第1次選考(書類選考)
   選考結果は7月20日頃を目途に、応募者全員に対し申込書記載の連絡先に通知するとともに、申込書記載の住所に文書を送付します。
(2)第2次選考(面接)
   第1次選考合格者を対象に8月1日(予定)に萩市役所で実施します。詳細な日程等は第1次選考結果通知の際にお知らせします。
   なお、第2次選考の際の旅費等については、応募者様でご負担願います。

8.その他

萩市では、都市部に比べ公共交通機関が発達していません。中山間地域での生活や通勤等の移動手段として自動車は必須です。活動用の車両は萩市で用意しますが、可能でしたら通常生活用に自家用車等の持ち込みをおすすめします。
募集チラシ(表)
募集チラシ(裏)