ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 萩ジオパーク構想推進協議会 > 萩ジオパーク構想ロゴマークができました

萩ジオパーク構想ロゴマークができました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月23日更新

 萩市では、平成28年の日本ジオパーク認定を目指し、平成27年4月に萩ジオパーク構想推進協議会を設立し、萩ジオパーク構想を推進しています。
 このたび、この萩ジオパーク構想を広く各方面に周知し、官民一体となって盛り上げていくため、萩ジオパーク構想ロゴマークを作成しました。

《ロゴマーク》

 萩ジオパーク構想ロゴ

【コンセプト】
萩六島や内陸部に点在する小さく平らな溶岩台地は、活火山・阿武火山群の火山であり、萩でしか見られないめずらしい火山地形です。これらを始めとする豊かなふるさとの自然を私たちが虹の架け橋となって守り、生かしていくことにより輝かしい未来が待っているということをイメージしています。
イメージカラーの赤は、萩の大地の持つエネルギーと、その大地を守り、未来に伝えていきたいという私たちの思いが、ひとつになった時に発せられるパワーの色です。

萩ジオパーク構想について

 私たちが慣れ親しみ当たり前のように感じている景色にも実は不思議がいっぱい。なぜそのような景色がそこにあるのか。大地の成り立ちを学び、そこでどのような歴史や文化が培われてきたかを知ることで、新しい地域の魅力を発見することができます。

 ふるさとの自然を、誇りをもってこれからも大切に守っていくとともに、その魅力を未来を担う子どもたちや他の地域から訪れる方々に伝えることで、持続可能な地域づくりにつなげる。また、自然との関わりを理解し防災や減災についての意識を高める。それが萩ジオパーク構想です。