ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 萩・明治維新150年記念事業 > 萩・明治維新150年祭 平成29年度イベントカレンダー

萩・明治維新150年祭 平成29年度イベントカレンダー

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新

題 平成29年度 イベントカレンダー

時期イベント名称イベント内容会場
4月~平成30年3月歴史パフォーマンス ショートミュージカルや伝統芸能の公演萩・明倫学舎 多目的復元教室で創作ミュージカルや伝統芸能の定期公演。また、紙芝居も開催。萩・明倫学舎
4月~平成30年3月萩・下関 高杉晋作広域連携事業高杉晋作の没後150年の節目の年にあたり、ゆかりの地(萩市、下関市)を舞台とした観光事業を実施。
4月~平成30年3月ガイドと巡る歴史ウォーク世界遺産(萩城下町)を古地図で巡るコースや、松下村塾など「旧松本村」コースをガイドと巡る歴史ウォーク。
4月~平成30年3月幕末・明治維新を支えた須佐の偉人たち郷校「育英館」と明治維新を支えた人づくりを紹介。
8月19日(土)京都大学交響楽団萩公演

京都大学交響楽団による演奏会

市内の中・高校生とのジョイント企画

萩市民館
8月23日(水)~8月26日(土)2017薩長維新塾キッズinHAGI鹿児島市と萩市の子ども達が「明治維新胎動の地 萩」に集まり、先人たちの「志」を学ぶ子ども向け「維新塾」を開催。萩市内各所
9月2日(土)

萩市民大学教養講座

講師に門井慶喜(かどいよしのぶ)さん(作家)を迎え、「激動の時代に生きた若者たち~伊藤俊輔と明治維新~」と題とした講演(受講料:無料)

萩市民館
9月16日(土)~12月3日(日)山尾庸三没後100年記念「日本の工学の父 山尾庸三」「長州ファイブ」の一人で、わが国の「工学の父」と称される、山尾庸三の幅広い日本の近代化における功績を紹介。萩博物館
9月30日(土)~11月5日、18日、19日の土曜・日曜日萩・明治維新を学ぶ「萩の語り部歴史講座」明治維新の萩物語などを観光客やsに語り伝える歴史講座を開催。萩博物館
10月7日(土)〜10月8日(日)紙芝居全国プレ大会in 萩平成30年に開催される紙芝居の全国大会のプレ大会を開催。

萩・明倫学舎ほか

10月29日(日)薩長「志」シンポジウム~幕末の若者達の「志」に学ぶ~維新前夜の長州ファイブや薩摩スチューデントの若者達の「志」に焦点をあてたシンポジウムを開催。萩市民館
12月〜平成30年1月明治維新150年記念萩焼展(仮称)「茶陶の現代-2018萩」

明治維新150年を記念し、萩焼の茶碗展を、海外からも評価の高い地元萩の美術館で実施。

山口県立萩美術館・浦上記念館
12月16日(土)〜平成30年4月8日(日)企画展 「萩の鉄道ことはじめ」日本の鉄道の父・井上勝をはじめとした萩出身の鉄道技術者が、鉄道を通じて日本の近代化に大きく貢献したことを紹介。萩博物館
平成30年1月(予定)「萩・明治維新150年祭」オープニング記念イベント萩・明治維新150年祭を全国にアピールする、オープニングイベントを実施。
平成30年2月24日(土)「宝くじまちの音楽会」南こうせつwithウー・ファン〜心のうたコンサート〜

南こうせつと中国古箏奏者ウー・ファンによる演奏会と市内合唱団体との共演

萩市民館