ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長コラム「市民ファースト」 平成30年2月15日号(No.9)

市長コラム「市民ファースト」 平成30年2月15日号(No.9)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月13日更新
 今年は明治維新150年の節目の年。1月は祝賀会など、新年の行事で1ヵ月はあっという間に過ぎた。
 1月20日の「萩・明治維新150年オープニングイベント」を皮切りに、「新しい萩と時代を切り拓こう」をテーマに、次代を担う人づくりに向け、記念事業を展開していく。
 また、28日から3日間総勢27人の市民号で鹿児島を訪れた。初日は霧島、桜島、錦江湾を訪れ、その素晴らしさに触れた。2日目は大河ドラマ「西郷(せご)どん」に沸く鹿児島市内を回り、夜は西郷隆盛のひ孫の隆夫氏を迎えて、西郷家に伝わる歴史秘話を聞いた。最終日は、薩摩スチューデントが出航した地、いちき串木野市を訪れて、彼らの足跡を学んだ。また、3日間案内していただいたバスガイドさんの勉強振りも見事で、心のこもった説明も素晴らしかった。
 大自然の中では人は小さな存在であるが、時代を変えていく人たちは、志を持ち、覚悟を持ち、命を賭していた。そして、訪れた人々に感動をもたらすのは、景観と歴史と、やはりおもてなしの心を持った人である。