ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 平成30年10月

市長の1日(活動報告) 平成30年10月

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月30日更新

平成30年10月31日(水曜日)

午後に、本市が今年の引き受けとなります「山口県総合社会福祉大会」へ出席しました。

県内各地から、多くの社会福祉関係者の皆様をお迎えし、盛大に開催できましたことを嬉しく思います。

山口県総合社会福祉大会

平成30年10月30日(火曜日)

午後に、川上の阿武川特設カヌー競技場で練習をされている英国のカヌー選手2人(ブラッドリー・フォルブスクライアンズ選手と、デビッド・フローレンス選手)が訪問されました。

萩市は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における英国のホストタウンとして登録されており、カヌー競技のキャンプ地誘致を目指しています。

市民の皆様の後押しをよろしくお願いします。

英国カヌー選手市長表敬訪問

平成30年10月29日(月曜日)

午後に、「飲酒運転根絶総決起集会」へ出席しました。

この集会は、「山口県飲食業生活衛生同業組合」が主催され、飲酒運転根絶のため、アピールパレードを通して啓発を続けておられます。

悲惨な事故を防ぐため、市民の皆様も、飲酒運転は絶対にしないようにお願いいたします。

飲酒運転根絶総決起集会

平成30年10月28日(日曜日)

(1)午後に、「萩市ビジネスプランコンテスト最終選考」へ出席し、冒頭あいさつを述べました。

この事業は今年度初めて実施し、14件の応募がありました。

応募された皆様のビジネスプランが、萩に新しい風を吹き込み、事業が大きく発展することを期待しています。

萩市ビジネスプランコンテスト最終選考

(2)午後に、山口市で開催された「自民党山口県支部連合会移動政調会」へ出席しました。

萩市の要望事項をしっかりとお伝えしました。

自民党山口県支部連合会移動政調会

平成30年10月27日(土曜日)

(1)午前に、「ハロウィンたまち&結まつり」へ出席しました。

田町商店街アーケードを、みんなで楽しく仮装パレードし、大いに盛り上がりました。

主催の「ハロウィンたまち&結まつり実行委員会」の皆様におかれましては、企画や準備等、誠にありがとうございました。

ハロウィンたまち&結まつり

(2)午後に、萩・明治維新150年記念事業「萩・食の祭典 萩食談 『ジオの食卓~地球を食べる食堂~』」を開催しました。

今回は、タレントの勝俣 州和(かつまた くにかず)さんをお招きし、白井(しらい)ジオパーク専門員とともに、萩ジオパークの大地の恵みの代表格である、「須佐男命いか」を食しながら、萩の「食」の魅力とジオパークについて、語っていただきました。

萩・食の祭典 萩食談「ジオの食卓~地球を食べる食堂~」

平成30年10月26日(金曜日)

(1)午前に、旭マルチメディアセンターで開催された「全国過疎問題シンポジウム2018inやまぐち 分科会」へ出席しました。

分科会のテーマが「人口減少社会への挑戦~地域おこし協力隊の力を活かす~」ということで、萩市の地域おこし協力隊も登壇し、様々な意見を交わし、有意義な会となりました。

全国過疎問題シンポジウム2018inやまぐち 分科会

(2)夜に、育英小学校区で「萩まちづくりセッション」を開催しました。

多くのご意見をいただき、ありがとうございました。

まちづくりセッション(育英小学校区)

平成30年10月25日(木曜日)

(1)午前に、山口市で開催された、自民党過疎対策特別委員会による「山口県過疎関係市町村等との意見交換会」へ出席しました。

萩市を取り巻く現状やこれまでの取組、今後の過疎対策へ希望することなどをお伝えしました。

自民党過疎対策特別委員会による山口県過疎関係市町村等との意見交換会

(2)午後に、山口市で開催された、「全国過疎問題シンポジウム2018inやまぐち全体会・交流会」へ出席しました。

山口県過疎地域対策協議会の会長としてパネルディスカッションに臨み、「田園回帰~地方に若者を呼び込む~」というテーマで他のパネリストと語り合いました。

また、基調講演では、持続可能な地域社会総合研究所の藤山 浩(ふじやま こう)氏が「田園回帰~人と仕事を取り戻す1%戦略」というタイトルでお話しされ、大変勉強になりました。

このような場で得た知見を、施策へ反映していきたいと思います。

全国過疎問題シンポジウム2018inやまぐち全体会

平成30年10月24日(水曜日)

(1)午前に、「田万川・須佐地域戦没者追悼式」へ出席しました。

先の大戦で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、受け継いだこの地をこれからも守っていくことをお誓いしました。

田万川・須佐地域戦没者追悼式

(2)午後に、「共同募金授与式」へ、萩市共同募金委員会の会長として出席しました。

山口銀行萩支店様から、イベントで集まった収益金を、西日本豪雨災害の支援金としてご寄付いただきました。

被災者の方へしっかりと届けたいと思います。

共同募金授与式

(3)夜に、佐々並小学校区で「萩まちづくりセッション」を開催しました。

多くのご意見をいただき、ありがとうございました。

まちづくりセッション(佐々並小学校区)

平成30年10月23日(火曜日)

(1)午前に、市内外から多くの皆様の臨席を賜り、「萩・明治維新150年記念式典」を開催しました。

萩市では、「明治維新胎動の地」として、「明治維新150年」の節目を迎えるにあたり、昨年から「萩・明治維新150年祭」と銘打ち、近代日本の扉を開いた先達の事跡を紐解き、その志に学び、維新の精神を風化させることなく、未来につなげていく記念事業を展開してまいりました。

特に、本年は、「新しい萩と時代を切り拓こう」をテーマに、薩長同盟150年を記念して友好交流の盟約を締結した鹿児島市や、「白河踊り」の縁でつながる福島県白河市との子どもたちによる交流事業をはじめ、文化・スポーツの分野を含め、市内外の多くの皆様のご理解とご支援のもとに、未来への大切な一歩となる「ひとづくり」を中心とした数多くの記念事業を実施しています。

この明治維新150年を機に、先人の志に思いを馳せ、次代を担うひとづくりと新しいまちづくりに果敢に挑戦していく決意を新たにしました。

萩・明治維新150年記念式典

(2)午後に、ノーベル生理学・医学賞を受賞された、京都大学iPS細胞研究所所長の山中 伸弥(やまなか しんや)教授をお迎えし、明治維新150年記念特別講演を開催しました。

「私の修行時代~未来を切り拓く力とは~」と題してご講演いただき、山中教授が研究の道に進まれた思いや目的、また、これから社会に出ていく若者に対して、VisionとWork Hard、そして英語の力をつける大切さについてお話しいただきました。

講演を聞いた若い皆さんが大きく羽ばたいてくれることを願っています。

山中伸弥教授特別講演

平成30年10月22日(月曜日)

(1)午前に、全国大会出場激励会を開催しました。

出場される選手の皆様は以下の通りです。

○第31回全国健康福祉祭とやま大会

・ラグビーフットボール

 村田 彰(むらた あきら)選手

 有田 良二(ありた りょうじ)選手

 秋尾 護(あきお まもる)選手

 能美 龍夫(のうみ たつお)選手

 原田 明(はらだ あきら)選手

 森脇 一夫(もりわき かずお)選手

 阿部 基夫(あべ もとお)選手

・ソフトバレーボール

 平井 茂(ひらい しげる)選手

・ダンススポーツ

 樋口 武雄(ひぐち たけお)選手

ご健闘をお祈りします。

全国大会出場激励会

(2)午前に、萩ライオンズクラブ様からの寄付の受納式を行いました。

今年は、萩ジオパーク認定を祝し、ジオツアーやイベントに重宝するワンタッチ組立式テント(一式)をいただきました。

大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

ライオンズクラブ様からの寄付受納式

(3)午後に、「明治維新150年記念シリーズ切手贈呈式」を行いました。

平成25年から作成してきた「明治維新150年記念シリーズ切手」の集大成を飾る今回の切手は、シートをアプリで読み込むと長州ファイブに関連した動画が再生される「AR機能」を搭載しています。

「AR機能」の搭載は全国で2例目ということで、話題性のある大変珍しいオリジナルフレーム切手となっています。

萩市内や、近隣市町の郵便局で販売していますので、ぜひお買い求めください。

明治維新150年記念シリーズ切手

(4)夜に、「萩・明治維新150年記念歓迎レセプション」を開催しました。

翌日に迫った「萩・明治維新150年記念式典」を前に、来賓の皆様をはじめ関係の皆様と親交を深める機会となりました。

平成30年10月21日(日曜日)

(1)昨日に引き続き、午後に、萩・明治維新150年記念事業「萩・食の祭典 萩食談 『和の食卓』」を開催しました。

今回は、元フジテレビジョンアナウンサーの中村 江里子(なかむら えりこ)さんをお招きし、萩焼作家の金子 信彦(かねこ のぶひこ)さんとともに、萩の食材を使った料理を楽しんでいただきながら、日本の伝統文化などについてお話しいただきました。

萩・食の祭典 萩食談「和の食卓」

(2)夜に、「着物ウィークin萩プレミアム フェアウェルパーティー」へ出席しました。

明治維新150年の今年は、期間も平年より長く、多くの観光客や市民の皆様に楽しんでいただけたのではないかと思います。

ご協力いただいたボランティアの方々をはじめ、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

平成30年10月20日(土曜日)

(1)午前に、「松陰先生墓前祭」へ出席しました。

今回は、松陰先生の160回目の命日となります。

奇しくも明治維新150年ということで、萩市をはじめ全国各地で記念事業が数多く実施されていますが、言うまでもなくその明治維新の礎となる種を蒔かれたのが松陰先生です。

松陰先生の志を、現代を生きる私たちがしっかりと受け継いで、次の150年に向けて歩き出したいと思います。

また、この墓前祭を主催され、墓所の清掃活動に取り組んでおられる「松陰先生の墓を守る会」の皆様に、この場をお借りいたしまして、厚くお礼申し上げます。

松陰先生墓前祭

(2)午後に、萩・明治維新150年記念事業である、「萩・食の祭典 萩食談 『偉人の食卓』」を開催しました。

初回となる今回は、俳優の高橋 英樹(たかはし ひでき)さんにお越しいただき、道の駅しーまーと駅長の山口 泉(やまぐち いずみ)さんとともに、萩が輩出した偉人たちが愛した食について語っていただきました。

萩・食の祭典 萩食談「偉人の食卓」

平成30年10月19日(金曜日)

(1)午前に、「萩市教育文化奨励賞選考委員会」からの答申を受けました。

受賞者、受賞団体につきましては、市報等で市民の皆様へご報告いたします。

(2)午後に、市内ホテルで、「あぶらんど萩農業振興協議会」、「萩地域農林業・農山村振興協議会総会」、「阿武萩和牛改良推進協議会」、「北部地区家畜診療所運営協議会」が開催され、出席しました。

萩市の農林業、畜産業を取り巻く課題は山積しています。

萩市として、関係団体と連携を取り、若者に職業として選ばれる産業となるために、知恵を出していきたいと思います。

平成30年10月18日(木曜日)

(1)午前に、「萩市戦没者追悼式」へ出席しました。

不戦の決意を新たにし、先人が懸命に築かれてきたこの萩の地を、市民の皆様と共に、一層発展させていくことをお誓い申し上げました。

萩市戦没者追悼式

(2)萩市ではこのたび、市内中小企業の地域資源を活用した取組を支援し、事業者の売上増加、雇用の拡大など、地域経済の活性化に向けて、地場産業の振興を図るため、「ふるさと名物応援宣言」を行いました。

この宣言を行うことにより、今回対象とする地域資源を活用した、商品開発や販路開拓の取組について、国の支援措置を優先的に受けることができます。

こういったことを通して、新たな萩の魅力を創出し、地域経済の振興に繋げていきます。

ふるさと名物応援宣言

(3)午後に、BOLSTER(ボルスター)株式会社様と、サテライトオフィス進出に関する協定の調印を行いました。

BOLSTER(ボルスター)株式会社様におかれましては、事業拡大を図るため、国内地方拠点を探されているところ、萩市がトップセールスを含む誘致活動を行い、このたび萩市にサテライトオフィスを構えることを決定されました。

オフィスは市内の空き家を活用し、主力事業であるインターネットサービスに加え、民泊事業も行われる予定です。

雇用創出も含め、萩市の地域経済への好影響を期待しています。

BOLSTER㈱サテライトオフィス進出に関する協定書調印式

(4)午後に、全国大会出場激励会を開催しました。

出場選手は以下の通りです。

○平成30年度全日本卓球選手権大会(マスターズの部)

・萩卓 前田 洋二(まえだ ようじ)選手 種目:シングルス 男子ローシックスティ(60歳以上)

○2018年少林寺拳法全国大会inぐんま

・萩少林寺拳法スポーツ少年団 松谷 理花(まつや りか)選手 萩西中3年 種目:組演武(中学生女子の部)

                     山本 愛果(やまもと まなか)選手 萩西中2年 種目:組演武(中学生女子の部)

健闘をお祈りします。

全国大会出場激励会

(5)夜に、旧紫福小学校区で「萩まちづくりセッション」を開催しました。

多くのご意見をいただき、ありがとうございました。

まちづくりセッション(旧紫福小学校区)

平成30年10月15日(月曜日)~17日(水曜日)

韓国の蔚山広域市と姉妹都市となって今年で50年を迎えました。

姉妹都市締結50周年を記念して蔚山広域市を訪問し、記念式典などに出席しました。

50年前の締結当時、日本と韓国の間で結ばれた姉妹都市の第1号が、萩市と蔚山広域市でした。

長い時間をかけて積み上げた信頼と絆を、これからも大事にしていきたいと思います。

姉妹都市 韓国蔚山広域市 訪問

平成30年10月14日(日曜日)

夜に、市民館で開催された「イージス・アショア配備に係る住民説明会」へ出席しました。

今回の説明会は、これから行われる適地調査の内容や進め方を中心にしたものでした。

適地調査をしっかりと行っていただき、はっきりしていない点の解消に努めていただきたいと思います。

平成30年10月12日(金曜日)

夜に、むつみ小学校区で「萩まちづくりセッション」を開催しました。

多くの皆様にご出席いただき、ありがとうございました。

まちづくりセッション(むつみ小学校区)

平成30年10月9日(火曜日)

午後に、「萩市教育文化奨励賞選考委員会」が開催され、冒頭にごあいさついたしました。

教育文化奨励賞は、本市の教育及び文化の振興に寄与した個人または団体に対して授与するものです。

本日の選考委員会の審査を経て、後日受賞者、受賞団体が決定いたします。

市民の皆様へは市報等でご報告します。

平成30年10月8日(月曜日)

午後に、「明治維新150年記念シンポジウム『明治維新前夜~萩藩永代家老益田親施と家臣たちの戦い~』」へ出席しました。

このシンポジウムは、現在、須佐歴史民俗資料館で開催されている企画展をより詳しくひもとくもので、幕末の家臣たちの活躍にスポットを当てた対談でした。

須佐地域の方をはじめ、多くの歴史ファンの方が出席されました。

明治維新150年記念シンポジウム「明治維新前夜~萩藩永代家老益田親施と家臣たちの戦い~」

平成30年10月7日(日曜日)

午前に、山口ゆめ花博会場内で開催された「山口県明治150年記念式典・若者国際シンポジウム」へ出席しました。

シンポジウムは、獺祭で知られる旭酒造株式会社 代表取締役社長の桜井 一宏(さくらい かずひろ)氏のプレゼンテーションや、鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県(薩長土肥)の知事も参加したパネルディスカッションなどで構成され、多くの若者が聞き入っていました。

山口県明治150年記念式典・若者国際シンポジウム

平成30年10月5日(金曜日)

(1)午前に、「萩・田町萩焼まつり」のオープニングセレモニーへ出席しました。

本イベントは、萩市田町商店街の活性化事業の一環として、商店街内の空き店舗等を活用し、萩焼の大即売会を行うイベントとして開催され、今年で21回目の開催となります。

今年も多くの皆様が来場されていました。

萩・田町萩焼まつり

(2)午前に、「山口県立萩看護学校 看護のこころ継承式」へ出席しました。

看護の道に進まれている皆さんが、萩市内の医療機関や施設で活躍されることを願っています。

山口県立萩看護学校 看護のこころ継承式

(3)午後に、防府市にある国土交通省山口河川国道事務所へ、「山陰自動車道(益田~萩間) 萩・小郡間地域高規格道路 整備促進要望行動」のためまいりました。

萩市の再生のためには、道路整備が不可欠です。

今後も引き続き、国等へ力強く要望していきます。

山陰自動車道(益田~萩間)萩・小郡間地域高規格道路 整備促進要望行動(国土交通省山口河川国道事務所)

(4)夜に、明木小学校区で「萩まちづくりセッション」を開催しました。

多くの皆様にご出席いただき、ありがとうございました。

萩まちづくりセッション(明木小学校区)

平成30年10月4日(木曜日)

午前に、「萩市長杯グラウンドゴルフ大会」の開会式へ出席しました。

この大会は、萩市老人クラブ連合会が主催され、約400人が参加されました。

お互いの親睦を深める良い機会となったのではないかと思います。

萩市長杯グラウンドゴルフ大会 開会式

平成30年10月2日(火曜日)

鳥取県大山町で開催された「全国中山間地域振興対策協議会中国四国支部協議会 役員会・定期総会・研究会」へ出席しました。

私は、全国中山間地域振興対策協議会の副会長及び中国四国支部協議会の会長を務めています。

中山間地域をめぐる課題は数多くありますが、同じような立場におかれている自治体が知恵を出し合うことで、解決に向けたヒントを得ることができると考えています。

こういった場を大切にし、萩市の施策に生かしてまいります。

全国中山間地域振興対策協議会 定期総会

平成30年10月1日(月曜日)

岡山県笠岡市で開催された「全国離島振興協議会 理事会・講演会・交流会」へ出席しました。

私は、山口県離島振興協議会の会長ということで、全国離島振興協議会の理事も務めています。

この場で得た知識や人脈を、萩市の離島振興に積極的に生かしていきたいと思います。

全国離島振興協議会 理事会