ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 平成30年12月定例会 市長報告

平成30年12月定例会 市長報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月5日更新

1.萩・明治維新150年記念式典について

〇 明治改元から150年となる10月23日に、「“明治維新胎動の地・萩”から新しい時代を切り拓く」をテーマに、国や県、姉妹都市や友好都市、本市ゆかりの偉人のご子孫、そして、萩ふるさと大使など、市内外から約1,000人の皆様にご出席いただき、萩・明治維新150年記念式典を盛大に執り行いました。
 また、同日に開催いたしました京都大学iPS細胞研究所所長である山中伸弥教授の特別講演には、市内の中高生を含む約1,000人の皆様にお集まりいただきました。

〇 多くの皆様のご出席のもと、この萩の地において、このような記念事業を実施できましたことは、大変意義深く、この明治維新150年を機に、先人の志に思いを馳せ、次代を担うひとづくりと新しいまちづくりに果敢に挑戦してまいりますので、引き続き、ご支援を賜りますようお願いいたします。

2.蔚山広域市との姉妹都市締結50年について

○ 去る10月15日に、蔚山広域市において姉妹都市締結50年記念式が開催され、本市からは、約40人の訪問団が出席いたしました。駐大韓民国日本国特命全権大使をはじめ、総勢約120人の出席者が見守る中、更なる交流を深めていくことを確認したところです。
 ここで、改めて、長きにわたる両市の友好関係を支えてこられました萩地区日韓親善協会をはじめとする市民の皆様の多大なるご貢献に対しまして、心からの敬意と感謝を表します。

○ 蔚山広域市滞在中には、観光をはじめ経済面での協力関係の構築に向け、両市の経済団体代表者による意見交換を行うとともに、市内中高生による青少年交流のための学校訪問を行いました。今回の交流をきっかけに、今後、新たな分野への交流の輪の広がりや、次代を担う若者たちが交流の一翼を担ってくれることを期待しているところです。
 引き続き、市民の皆様による人的交流を支援しながら、両市の更なる交流の進展を図り、次の50年につながる関係が構築できますよう努めてまいります。

3.旧明倫小学校3、4号棟のあり方の検討について

〇 旧明倫小学校3、4号棟については、市民の皆様などから頂いた意見や提案を参考に、建物や跡地の活用について検討し、複数の案を作成したところであります。
 なお、本定例会で予算案を提出しております民意を確認するために実施する予定の市民アンケートの結果により、総合的に判断し、年度内に方針をお示しいたします。

4.地域産業振興構想及びひとづくり構想の策定状況について

○ 萩市基本ビジョンを支える3つの構想のうち、地域産業振興構想については、地域産業における課題の解決や目指すまちの姿の実現に向けて、産業活力のみなぎるまちづくりに必要な理念を掲げることとしており、7月に設置した産業戦略本部における議論のほか、市内外の事業者等との意見交換、企業ヒアリング調査を実施してまいりました。

○ ひとづくり構想については、7月に民間委員15名を含む萩市ひとづくり構想検討委員会を設置し、議論を重ね、「新しい時代を切り拓くひとづくり」を基本理念とし、目指すひとの姿を「創造」「挑戦」「協働」の3つをキーワードに掲げた構想案をまとめました。

○ これらの構想については、パブリックコメントにより皆様から寄せられた意見を踏まえ、構想案を取りまとめましたので、本定例会中に案をお示しし、年内に策定いたします。

5.市内小中学校のエアコン設置について

〇 今年は、全国各地で記録的な猛暑となり、本市においても1日の最高気温が30℃以上の日が増加傾向にあります。
 児童生徒の健康を守るため、熱中症対策を行うとともに、望ましい学習環境を整え、学力の向上を図るため、国の第1次補正予算による臨時特例交付金を活用し、市内全ての小中学校の普通教室を中心にエアコンを整備することといたしました。
 なお、この関連予算につきましては、本定例会に上程しておりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。