ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 平成31年1月

市長の1日(活動報告) 平成31年1月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月15日更新

平成31年1月31日(木曜日)

夜に、「白水会館文化祭教養講座発表会・交流会」へ出席しました。

白水会館の設置目的の1つとして、「地域住民の教養・文化活動を通しての交流」があります。

本日は、アートフラワー教室をはじめ、老人クラブ・白水小学校・児童クラブの作品展示や茶道、また各教養講座の発表などを通して、地域の皆様との交流を楽しませていただきました。

平成31年1月30日(水曜日)

(1)午前に、山陰道(益田~萩間)整備促進要望活動のため、防府市にある国土交通省山口河川国道事務所を訪問しました。

山陰道の整備により、益田市や浜田市とのアクセスがより早くなることで、広域観光での連携も深まることが期待されます。

山陰地域に観光客を呼び込み、周遊していただくためにも、山陰道の早期整備を要望し続けてまいります。

山陰道(益田~萩間)整備促進要望活動(国土交通省山口河川国道事務所)

(2)午前に、防府市の農業大学校を訪問し、萩市出身者や萩市に就農予定の学生・研修生を激励しました。

高齢化と人手不足が進む農業の現場に、新たな力が加わることは大変喜ばしいことです。

しっかりとサポートし、萩市の農業の未来を担う人材を大切に育ててまいります。

農業大学校学生激励訪問

平成31年1月28日(月曜日)

(1)午前に、「島根県津和野町との災害応急対策活動の相互応援に関する協定調印式」へ出席しました。

地震や豪雨災害等の大規模な災害時において、応急復旧対策の万全を期すため、この度津和野町と相互応援に関する協定を締結しました。

この協定締結を契機に、両自治体の防災体制がより強固なものとなるよう、連携を深めてまいります。

島根県津和野町との災害応急対策活動の相互応援に関する協定調印式

(2)夕方に、「椿地区町内会連絡協議会 市長懇話会」へ出席しました。

お時間をいただき、「基本ビジョン」を中心に、市政についてお話ししました。

市の施策の方向性について、直接お話しする機会を得ましたことを感謝いたします。

椿地区町内会連絡協議会 市長懇話会

(3)夜に、「萩温泉旅館協同組合及びはぎ温泉配湯協同組合 合同交流会」へ出席しました。

平成30年の萩地域の宿泊者数は、410,598人(対前年比95.3パーセント)となりました(2月3日観光シーズン開きで発表)。

私は、観光による萩市経済への波及効果を高めるために、宿泊者数を伸ばすことが最も大切だと考えています。

宿泊により萩への滞在時間が長くなることで、萩の「食」など、歴史だけでない魅力もより味わっていただくことができ、経済への好影響も期待できます。

選ばれる宿泊地となるよう、両組合の皆様とともに、萩市の魅力向上に努めてまいります。

平成31年1月27日(日曜日)

(1)午前に、「萩市スポーツ少年団駅伝競走大会 開会式」へ出席しました。

最近のスポーツ界の注目選手を見ますと、全米に続き全豪も制した大坂なおみ選手や、サッカー日本代表で、アジアカップでも活躍した堂安律選手など、非常に若い、二十歳そこそこの選手の活躍が目立ちます。

開会式のあいさつの中で、ぜひ若い選手の活躍に刺激を受けて、大きく成長してほしいとメッセージを伝えました。

萩市スポーツ少年団駅伝競走大会 開会式

(2)昼に、「萩市連合遺族会新年互礼会」へ出席しました。

市政全般において、遺族会の皆様にご理解ご協力をいただいていることへの謝辞を述べました。

萩市連合遺族会新年互礼会

平成31年1月26日(土曜日)

午後に、「須佐地域新年互礼会」へ出席しました。

この場をお借りして、会でも話題に上った施設のご紹介をします。

今年4月、須佐地域に、念願の農林水産物等の直売所である「いかマルシェ」がオープンします。

須佐男命(みこと)いかや弥富龍神そば、地域の鮮魚・野菜など、須佐地域の幸を主体に販売する予定です。

そして、地域の方や観光客がくつろげるスペースも備えており、須佐駅と一体となった交流拠点施設を目指していますので、ぜひご期待ください。

平成31年1月25日(金曜日)

午後に、「定住自立圏共生ビジョン懇談会」を開催しました。

萩市は、阿武町との間で、平成23年12月に「定住自立圏形成協定」を締結し、「萩市・阿武町定住自立圏共生ビジョン」に基づき、医療、産業振興、地域公共交通などの様々な取組を進めてまいりました。

この度、平成30年度をもってビジョンの計画期間が終了することから、平成31年度から5年間の計画期間となる「第2次萩市・阿武町定住自立圏共生ビジョン」を策定することとなり、本日、懇談会を開催し、委員の皆様からご意見を賜りました。

少子高齢化の荒波に立ち向かうため、より実効性のあるビジョンとし、阿武町と協力関係を深めてまいります。

平成31年1月24日(木曜日)

午後に、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」クルー及びJR関係者が、沿線自治体へのお礼のため訪問されました。

瑞風は、平成29年6月の運行開始以降、平成31年1月までの間に24回萩市へお立ち寄りいただいています。

萩市として、今後とも、立ち寄り時のおもてなしや下車観光の充実、関連素材の磨き上げなどに協同して取り組み、一層のおもてなし向上に努めてまいる所存です。

TWILIGHT EXPRESS 瑞風クルー及びJR関係者のお礼訪問

平成31年1月23日(水曜日)

(1)午前に、「山陰道(益田~萩間)整備促進要望活動」のため、河村建夫衆議院議員をはじめ関係国会議員事務所及び国土交通省を訪問しました。

山陰道(益田~萩間)の整備促進のため、今後も積極的に要望活動を行ってまいります。

山陰道(益田~萩間)整備促進要望活動(河村建夫衆議院議員事務所)

(2)午後に、山口県東京事務所で、森川 安明(もりかわ やすあき)様へ、紺綬褒章の伝達を行いました。

森川様は、森川 翠水(もりかわ すいすい)の名で画家として活動されており、平成29年に31点の水墨画を萩市へご寄付いただいたことで、公益のために寄付をされた方に贈られる紺綬褒章を受章されました。

ご寄付いただいた絵画は、市役所や市民館、田万川総合事務所など、市の施設に展示しておりますので、ぜひご覧ください。

森川安明様 紺綬褒章伝達式

(3)午後に、「全国手話言語市区長会役員会」へ出席しました。

萩市では、平成26年12月に、山口県で初となる「萩市手話言語条例」を制定し、市職員向けの研修会の開催や、市内学校へのパンフレット配布など、手話の啓発を行っています。

しかしながら、条例で示した「手話による円滑な意思疎通ができる地域社会」の実現には、まだまだほど遠いのが現実です。

「だれもが生きいきと暮らせるまちづくり」の実現のためにも、手話の一層の普及に努めてまいりますので、市民の皆様のご協力をお願いいたします。

萩市手話言語条例については、市ホームページに掲載していますので、下記URLからご覧ください。

http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/95/h8788.html

全国手話言語市区長会役員会

平成31年1月22日(火曜日)

午後に、東京都で開催された「B&G全国サミット」へ出席しました。

B&G(ブルーシー&グリーンランド)財団は、青い海と緑の大地を活動の場として、海洋性レクリエーションをはじめとする自然体験活動などを通じて、次代を担う青少年の健全育成と、幼児から高齢者まで“心とからだの健康づくり”を推進している財団です。

萩市には、むつみに海洋センターがあり、むつみ地域の皆様をはじめ、市民の皆様にご利用いただいています。

B&G財団のご支援をいただきながら、今後も市民の皆様に喜んでいただける施設を目指してまいります。

平成31年1月19日(土曜日)

(1)午前に、山口市で開催された「萩山口信用金庫創立100周年記念式典」へ出席しました。

式典では、地方創生に役立てることを目的に、萩山口信用金庫から、萩市へ200万円の寄付金の贈呈が行われました。

この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。

大切に活用させていただきます。

萩山口信用金庫創立100周年記念式典

(2)夜に、「連合山口中部地域協議会萩地区会議 新春の集い」へ出席しました。

働く方々の代表である連合山口中部地域協議会萩地区会議の皆様のお力添えをいただきながら、萩市の産業の再生・活性化に注力してまいります。

連合山口中部地域協議会新春のつどい

(3)夜に、「萩市歯科医師会新年互礼会」へ出席しました。

萩市の歯科医療の推進のためにご尽力いただいていることに感謝申し上げるとともに、「基本ビジョン」で示した「だれもが生きいきと暮らせるまちづくり」の実現のため、一層のご支援をお願いしました。

萩市歯科医師会新年互礼会

(4)夜に、「浜崎九友会総会」へ出席しました。

浜崎の方々が市政について感じておられることをお聞きすることができ、大変有意義な時間となりました。

平成31年1月18日(金曜日)

(1)午後に、「『奥萩』ブランド認証商品&地域特産品フェア」へ出席しました。

「『奥萩』ブランド」とは、萩・阿西商工会管内(川上・むつみ・旭・福栄4地域)の地域資源を活用した特産品について、商工会が一定の基準を設け、基準に適合するものを認証しているものです。

川上・むつみ・旭・福栄の4地域は、1次産品の宝庫であり、多様な農業産品など地域資源に恵まれた地域です。

今後も引き続き、素晴らしい産品をもとに商品を開発されることを願うとともに、市民の皆様におかれましても、ぜひ積極的に地元の商品を購入し、地域経済の活性化にご協力いただきたいと思います。

「奥萩」ブランド認証商品&地域特産品フェア

(2)夜に、「萩陶芸家協会交流会」へ出席しました。

萩焼は、日本を代表する伝統工芸品であり、年間を通じて多くの陶芸ファンが萩市を訪れています。

萩市では、今年度を「産業再生元年」と位置付け、萩焼産業を含め、地場産業の再生を支援しており、来年度以降も、萩焼のさらなる普及発展、情報発信等に取り組んでまいります。

平成31年1月17日(木曜日)

夜に、「萩市町内会連合会『市長との新年懇談会』」へ出席しました。

この会は、萩市町内会連合会の役員の皆様と意見交換会を行い、行政への要望や提言等をいただくものです。

今回は、「市民の暮らしを支える利用しやすい交通ネットワーク」をテーマに、意見交換を行いました。

現在、持続可能な公共交通体系の再構築を目的とした「地域公共交通網形成計画」の策定を進めており、貴重なご意見をいただけたことを感謝しています。

地域社会を支える町内会の皆様と、今後も密に意思疎通を図りながら、市政を推進してまいります。

平成31年1月15日(火曜日)

午前に、「大井地区住民主体高齢者生活支援サービス車両 お披露目式」を開催しました。

萩市では、住民主体生活支援サービスを支援するため、市の公用車を実施団体に貸し出す取組をしており、今回の大井地区への配置は、萩市内で7台目となります。

このような活動支援は、県内では萩市だけの取組で、全国的にも珍しく、大変注目されています。

大井地区では、昨年5月から、大井公民館を拠点とした高齢者の集いの場「お~い 元気かい!」がスタートし、昨年12月には「ちょこっと手助け」という住民主体の生活援助サービスが誕生するなど、地域の支えあいの体制が整ってきています。

地域の皆様のご尽力に感謝申し上げるとともに、今回の公用車の貸し出し開始により、活動がますます活発になることを願っています。

大井地域住民主体高齢者生活支援サービス車両お披露目式

平成31年1月14日(月曜日・祝日)

午前に、「松陰神社勧学祭」へ出席しました。

幕末の教育者である吉田松陰先生の御神徳にあやかろうと、この季節、松陰神社は多くの受験生で賑わいます。

受験生の皆さんが、自らの持てる力を試験で十分に発揮することができますよう、お祈りします。

松陰神社勧学祭

平成31年1月13日(日曜日)

昼に、「萩白魚組合交流会」へ出席しました。

藩政時代から続く四ツ手網の伝統漁法による「白魚漁」は、萩の早春を告げる風物詩として定着しています。

白魚の漁獲高は近年大きく落ち込んでおり、昨年は平成14年以来となる100kg割れの88kgまで減少しました。

そういった現状の中、萩白魚組合におかれましては、白魚が遡上しやすい環境づくりのため、河川清掃や投石による白魚の産卵場の設置などを行い、漁獲高の増加に努めておられることに感謝申し上げます。

萩市といたしましても、現在、観光課において白魚組合の活動を撮影し、紹介する映像を作成しています。

映像を通じて、観光客の方のみならず、市民の皆様にも興味を持っていただき、白魚漁の後継者となる人材確保にも繋がればと考えております。

また、3月3日(日曜日)には、道の駅萩しーまーと横の山口県漁協萩地方卸売市場において、毎年恒例の「萩・しろ魚まつり」も開催されますので、ぜひご来場ください。

平成31年1月12日(土曜日)

夜に、「(一社)萩青年会議所新年交流会」へ出席しました。

萩青年会議所は、昭和32年の発足以来、地域への貢献活動に積極的に取り組まれ、平成29年には創立60周年を迎えました。

萩市のまちづくりに多大なるご協力をいただいていることに、深く感謝申し上げます。

昨年、萩市は今後10年間のまちづくりの指針となる「萩市基本ビジョン」を策定しました。

基本ビジョンに掲げる、「暮らしの豊かさを実感できるまち」を実現するため、萩青年会議所会員の皆様のお力添えもいただきながら、産業振興施策や子育て支援策などを実施し、萩市の再生に取り組んでまいります。

平成31年1月11日(金曜日)

午後に、「天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会」出場選手の激励会を行いました。

出場選手は、萩光塩学院高等学校1年の徳田 明梨(とくだ あかり)選手で、出場種目は女子シングルスと混合ダブルスです。

本大会は、公益財団法人日本卓球協会が主催し、その年度の日本一を決める大会で、張本 智和選手や伊藤美誠選手など、世界トップクラスの選手たちも出場します。

徳田選手には、得意のバックハンドで1戦1戦勝ち抜いていってほしいと思います。

ご健闘をお祈りします。

全国大会出場激励会(卓球)

平成31年1月8日(火曜日)

昼に、「萩市老人クラブ連合会新年集会」へ出席しました。

多くのお元気なシニアの方々に迎えられ、私も元気をいただきました。

萩市といたしまして、「基本ビジョン」に基づき、シニアの方々が、住み慣れた地域で、安心して生きいきと生活を送ることができるよう、持続可能な医療体制の構築とともに、健康寿命の延伸に向けた取組を推進してまいります。

平成31年1月7日(月曜日)

(1)午後に、「ジャパンマイコンカーラリー2019 全国大会」出場者の激励会を行いました。

出場者は、山口県立萩商工高等学校 機械・土木科2年の田中 太陽(たなか たいよう)さんです。

田中さんは、中国地区予選会において、参加台数70台のうち、1位の成績を残し、全国大会への代表権を獲得されました。

萩商工高校としては、9年連続10回目の出場となります。

全国大会は、1月12日~13日に、東京都八王子市で開催され、補助員の情報デザイン科2年 長村 力貴也(おさむら りきや)さんとともに、ハイレベルなレースに挑まれます。

ご健闘をお祈りします。

全国大会出場激励会

(2)夜に、「萩商工会議所新年互礼会」へ出席し、市内の事業者の皆様に新年のごあいさつを申し上げました。

今年も、萩市の産業振興のため、萩商工会議所及び市内の事業者の皆様と力を合わせて、強力に商工振興施策を展開していきます。

平成31年1月6日(日曜日)

本日、「萩市消防出初式」を開催しました。

式典の後、玉江河川公園で屋外行事を行い、多くの市民の皆様が見守る中、分列行進の観閲や消防職員による救助訓練、地元山田保育園の子どもたちによるくす玉割り、一斉放水などを実施しました。

火災や災害はいつ起こるか分かりませんが、消防団員の皆様や消防職員の結束した力で、地域の防災力を一層高める1年にしてまいります。

萩市消防出初式

平成31年1月5日(土曜日)

本日は、「山口県漁協萩地方卸売市場」と「萩浜崎地方卸売市場」の初セリでした。

活気あふれるセリの掛け声が市場に響き、新鮮な海の幸が次々と競り落とされていきました。

萩市の水産市場が活況を呈することで、市内の水産加工業や関連企業、商店などにも好影響が及び、地域経済の活性化が期待されます。

萩市といたしましては、本年も引き続き、魚価の向上を図るため魚のブランド化を進めるとともに、漁師の後継者対策を進めてまいります。

今年1年の豊漁と、商売繁盛をお祈りします。

山口県漁協萩地方卸売市場初セリ萩浜崎地方卸売市場初セリ

平成31年1月4日(金曜日)

(1)本日は、今年の公務始めの日でした。

朝、「公務始め式」を行い、市職員を前に、今年1年の決意を述べるとともに、3つのV(Vision、Venture、Vitality)と凡事徹底を市職員にお願いしました。

公務納め式でも述べたように、今年を「改革本番」の年と位置付け、「基本ビジョン」や「地域産業振興構想」、「ひとづくり構想」、「まちじゅう博物館構想」に沿った施策を実施いたします。

市民の皆様に、暮らしの豊かさを実感していただけるように、市職員と一丸となって努力してまいります。

公務始め式

(2)夜に、「萩市新年交歓会」を開催しました。

議員の皆様や各行政機関の皆様をはじめ、市内の各種団体の皆様に多数お集まりいただきました。

萩市が行う施策は、多くの皆様のご理解とご協力があってこそ、初めて実を結び、最大の効果を発揮します。

「改革本番」の本年、皆様としっかり連携を取り、市政運営にまい進してまいります。

平成31年1月2日(水曜日)

(1)午前に、「大屋消防組出初式」の直会へ出席しました。

昨年も、地震や水害など、日本列島を多くの災害が襲いました。

萩市では、平成25年に東部地域を襲った豪雨災害以来、大きな災害に見舞われてはいませんが、災害はいつ何時襲ってくるか分かりません。

災害の際に、市民の皆様の命を守るためには、地域の消防防災体制の強化が重要です。

これからも、地域の安全確保のため、地域の皆様と力を合わせて、防災力強化を図ってまいります。

(2)午後に、「萩市成人式」を開催しました。

式辞の中で、新成人の皆さんに、少子化が進んだ萩市の現状をお話しし、一人でも多くの方に、萩で暮らし、まちづくりの一翼を担ってほしいとお伝えしました。

萩市では、昨年、今後10年間のまちづくりの指針となる「基本ビジョン」を策定し、10年後に出生数300人、社会増減をゼロにするという目標を設定しています。

チャレンジングな目標を達成するために、産業の振興や子育て環境の充実に努め、若い人に住みたいと思っていただけるまちづくりをしっかりと進めてまいる所存です。

萩市成人式