ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 平成31年3月

市長の1日(活動報告) 平成31年3月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月17日更新

平成31年3月31日(日曜日)

午前に、「萩清掃工場『はなもゆ』桜まつり」へ出席しました。この桜まつりは、萩・長門両市の市民が交流するイベントとして、毎年3月の最終日曜日に、萩・長門清掃一部事務組合と株式会社「はないろ」が共同で開催しているものです。今年も多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。 

はなもゆ桜まつり

平成31年3月29日(金曜日)

(1)午前に、「萩市消防本部総括団長退団辞令交付式」を行いました。長年にわたり、萩市消防団のためにご尽力いただいた、山根勝美総括団長が今年度末をもって退団されます。これまでの多大なご功績に深く敬意を表します。 

萩市消防本部総括団長退団辞令交付式  

(2)午後に、「山口ゆめ街道博覧会実行委員会設立総会」へ出席しました。「山口ゆめ街道博覧会」は、萩市も加盟している「山口県中央連携都市圏」の構成市町で実施するものです。萩市の歴史や自然、食資源などを、この博覧会を通じて広く発信してまいりたいと思います。 

平成31年3月26日(火曜日)

(1)本日は山口市へ出張し、私が会長を務めている「山口県過疎地域対策促進協議会定例会・全国山村振興連盟山口県支部総会・山口県離島振興協議会総会」及び「山口県水源林造林協議会役員会」へ出席しました。萩市にとりまして、過疎対策や山村・離島振興、林業振興はまさに喫緊の課題です。こういった協議会などを通して、国等へしっかりと要望するべきことは要望し、市民の皆様の生活向上に努めてまいります。 

(2)夜に、「萩商工会議所通常議員総会・交流会」へ出席しました。萩市では、昨年を「産業再生元年」と位置づけ、多くの新規事業に着手してまいりました。中でも、「中小企業等事業拡大補助金」については、約70件の事業者の皆様から応募いただき、手ごたえを感じているところです。来年度は、萩市における産業再生を次のステージに進めるため、新たに、伴走型の中小企業支援を行う「f-Bizモデル」を導入し、萩商工会議所と連携した中小企業支援を行うことで、経済活性化に積極的に取り組んでまいりたいと考えておりますので、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。 

平成31年3月25日(月曜日)

午後に、「新検定実行委員会」へ出席しました。昨年まで実施していました「萩ものしり博士検定」及び「萩幕末維新検定」に代わり、来年度より、「萩検定」という名称の新たな検定を始めることになりました。募集段階になりましたら、広報はぎなどでお知らせいたしますので、市民の皆様もぜひ受検をご検討ください。 

平成31年3月24日(日曜日)

(1)本日、「見島新船『ゆりや』竣工式・竣工披露式・祝賀会」へ出席しました。本船は、平成10年に就航した「おにようず」の老朽化により建造された代替船となります。船名の「ゆりや」については、公募により選定され、昭和天皇が歌に詠まれた、見島に生息する日本国内でも珍しい美しい緑色の貝「ユリヤガイ」に由来しています。「ユリヤガイ」に代表されるように、見島には貴重な自然や文化が多く残っています。新船就航を契機に、そうした見島の資源を活かした観光などの取組も積極的に検討してまいります。 

ゆりや竣工式

(2)夜に、「萩の酒まつり」へ出席しました。萩市には酒蔵が5つあり、日本酒ファンに親しまれています。昨年3月には、「萩酒米とう精工場」が完成し、酒米の精算からとう精、醸造や販売などを一貫して萩市内で行う体制が整いました。市民の皆様におかれましても、全ての行程において萩市内で製造されている萩の地酒を、ぜひご愛飲いただければ幸いです。 

萩酒まつり

平成31年3月23日(土曜日)

本日、「萩往還ワンデーウォーク2019」が開催され、私は明木コースに参加しました。あいにくの雨模様でしたが、1,200人を超える皆様に参加いただき、盛大に開催することができました。お手伝いをいただいた市民の皆様にも深く感謝申し上げます。 

ワンデーウォーク

平成31年3月22日(金曜日)

本日、東京都で開催された「地方分権改革シンポジウム」に出席し、萩市が『地方分権改革推進MVP』を受賞しました。国においては、平成26年度から「地方の提案で国の制度が変えられる仕組み」として、「提案募集方式」を導入しています。これは、「地域の実情に合わなくなった」、「取組を行う上で支障となっている」などの国の制度に対し、自治体から制度改善等の提案を募集し、制度の見直し等を行い、地域の課題解決や、住民サービスの向上等を推進するものです。萩市が提案した「住民に身近な薬局の存続に向け、へき地の薬局の管理薬剤師の兼務許可についての提案」が、他団体からの提案の模範となる取組として、このたび、『MVP』を受賞したものです。萩市といたしましては、今後とも、市民の皆様にとって最善の施策を実施するため、「提案募集方式」などを活用し、市政を推進してまいります。 

地方分権MVP

平成31年3月21日(木曜日)

本日、「『開運なんでも鑑定団』出張!なんでも鑑定団in萩」の公開収録が行われ、冒頭にごあいさつさせていただきました。今回の公開収録は、「萩・明治維新150年記念事業」の一環として行っており、市内外から多数の出品のご応募、また、観覧のお申込みをいただきました。出張のため、残念ながらあいさつ後に退席することになりましたが、放送を拝見するのを楽しみにしています。 

なんでも鑑定団

平成31年3月20日(水曜日)

(1)本日は、市内小学校の卒業式の日でした。卒業生の皆さん、ご卒業誠におめでとうございます。小学校で学んだこと・経験したことは、今後人生を歩んでいく上で基礎となる大事な部分です。6年間の思い出をしっかりと大切にし、次のステップに進んでいってください。皆さんの今後の活躍を心より祈っています。 

(2)昼に、「BOLSTER(ボルスター)株式会社サテライトオフィス萩開所式」へ出席しました。BOLSTER株式会社様と萩市は、昨年の10月に、「サテライトオフィス進出に関する協定」を締結しました。そしてこのたび、全国的にも例を見ない、サテライトオフィスと民泊が一体となった事業を、この萩市でスタートされることとなりました。このような事業が地域産業への刺激となり、地域経済の発展につながることを期待しています。

 ボルスター開所式

(3)午後に、「萩逸品(ハギッピン)コンペティション2次審査」を行いました。今年度から新たに、萩市にある多くの魅力ある地域資源を実際に活用し、萩をイメージした新しいお土産品=萩逸品(ハギッピン、hagippin)のアイデアを募集する「萩逸品コンペティション」を実施しています。今年度は、「お菓子」というテーマで募集し、本日の審査を経て、各賞の受賞者が決定しました。この「萩逸品(ハギッピン)コンペティション」で選ばれた作品が、新たな萩の魅力の一つになることで、「お土産」からの地域活性化につながることを大いに期待しています。

 萩逸品

各賞受賞者の詳細などについては、下記URLからご覧ください。 

http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/49/h25392.html 

平成31年3月19日(火曜日)

本日は、「萩市議会3月定例会」の最終日でした。本会議の中でお時間をいただき、旧明倫小学校3号棟・4号棟のあり方について、「1棟を建物活用し、1棟を現状保存する」という最終的な方針を発表しました。市民の皆様におかれましては、昨年7~8月にかけて行った活用アイデアの募集や、今年1~2月に3,000人の市民の皆様を対象に行ったアンケートなどにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。今回建物を残して活用するという方針を決定しましたが、多くの市民の皆様から、整備や維持管理にかかる多額の費用により、市の財政を圧迫するのではないかというご懸念をいただいていることもしっかりと認識しております。市の財政負担を抑制するため、整備費については、小原實夫(こはらじつお)様からの多額のご寄附の一部活用、補助金等の調整、更には、ふるさと寄附の募集などを念頭に置き、維持管理費用については、賃料収入の確保、ふるさと寄附の募集などにより、市の負担の軽減に努めてまいります。旧明倫小学校3号棟・4号棟をしっかりと活用し、萩市基本ビジョンに定めた「暮らしの豊かさを実感できるまち」を実現してまいりますので、市民の皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。 

萩市議会3月定例会の市長報告全文は、下記URLからご覧いただけます。 

http://www.city.hagi.lg.jp/site/shityoushitsu/h26914.html 

平成31年3月18日(月曜日)

午後に、「見島新船『ゆりや』初入港式・安全祈願祭」へ出席しました。見島島民の皆様の悲願であった新船が、いよいよ4月1日より就航することとなりました。新船「ゆりや」は、快適性の向上に努めており、ご高齢の方にも優しい設備が充実しています。また、エンジン馬力や船体強度の向上も図っており、より安全な航海を楽しむことができます。ぜひ4月1日を楽しみにしていただければと思います。

 ゆりや安全祈願祭

平成31年3月17日(日曜日)

午前に、「土原保育園閉園式」へ出席しました。

土原保育園は、萩市の保育の先駆けとして、71年の長きにわたり、保護者や地域の皆様の温かいご支援をいただきながら、これまで2,000名を超える園児の皆さんを送り出してきました。

少子化や建物の老朽化、また民間保育所における受入体制なども考慮し、このたび閉園の運びとなりました。

これまでご支援いただきましたすべての皆様に、深く感謝申し上げます。

萩市ではこれからも、子どもたちの目線に立った保育サービスの充実に努めてまいりますので、引き続きのご支援をよろしくお願いします。

土原保育園閉園式

平成31年3月16日(土曜日)

(1)午前に、「BAKUMATSU×萩市 コラボレーション企画 オープニングイベント」を開催しました。

本イベントは「萩・明治維新150年祭」の一環として開催しており、テレビアニメ「BAKUMATSU」の主人公が高杉晋作、その相棒が桂小五郎であることから、ご縁をいただき実現したものです。

オープニングイベントには、BAKUMATSU公式コスプレイヤーのNomehi(のめひ)さんと樹理穴dis子(じゅりあなでぃすこ)さんにもご登場いただき、約50人のコスプレイヤーとともに、商店街をパレードしていただきました。

コラボレーション企画として、4月14日(日曜日)まで、萩・明倫学舎において、BAKUMATSUギャラリーやカフェ、また萩・明倫学舎、萩博物館、萩しーまーとにおいて、スタンプラリーを開催していますので、ぜひ足をお運びください。

詳細は下記URLからご覧ください。

http://www.city.hagi.lg.jp/site/meijiishin150/h26356.html

BAKUMATSU×萩市 コラボレーション企画 オープニングセレモニー

(2)午後に、「華道家元池坊山口県連合支部花展記念式典・交流会」へ出席しました。

今回の花展は「維新150年!!輝け花と共に・・・」をテーマとしており、「萩・明治維新150年祭」を実施している萩市で開催いただきましたこと、深く感謝いたします。

また、このたび、奨励金として萩市に20万円をご寄付いただきましたこと、合わせて深くお礼申し上げます。

萩市の笠山椿群生林は、平成27年1月に、未来に残したい日本の花風景「池坊花逍遥100選」に選定されています。

笠山の椿の花の見頃に合わせ、現在「萩・椿まつり」を開催しておりますが、これからも、萩市として、花のある風景を大切にしてまいります。

平成31年3月15日(金曜日)

(1)午前に、「明木図書館入館者5万人達成記念イベント」を開催しました。

明木図書館は平成28年4月8日にオープンし、開館以来、約3年で入館者5万人を達成しました。

旭地域の皆様をはじめ、多くの市民の皆様にご利用いただいておりますこと、大変うれしく思います。

今後とも、地域の小さな図書館ならではの利点を活かし、きめ細やかな図書館サービスに努めてまいります。

明木図書館入館者5万人達成記念イベント

(2)午後に、「萩市中央人権啓発・教育推進委員会」を開催しました。

市民の皆様が安心して暮らすことができる社会を実現するためには、一人ひとりの人権が十分に尊重されることが必要です。

これからも、関係機関等と連携を密に取り、問題に対処してまいります。

(3)午後に、「萩博物館特別展『描かれた萩の大地(ジオ)』オープニングセレモニー」を開催しました。

今回の特別展は、昨年9月に、「萩ジオパーク」が「日本ジオパーク」に認定されたことを記念して開催するものです。

豊かな萩の自然については、高島 北海(たかしま ほっかい)や松林 桂月(まつばやし けいげつ)といった萩出身の著名な画家や、萩藩の絵図方(えずかた)といった地図作製者によって、絵画や絵図として描かれてきました。

今回の展示では、それらの絵画や絵図を通して、萩の大地の上に営まれた人々の生活や文化の有様を読み解いていきます。

非常に興味深い展示となっていますので、ぜひご来館ください。

萩博物館特別展「描かれた萩の大地(ジオ)」オープニングセレモニー

平成31年3月14日(木曜日)

午前に、「相島小中学校卒業式」へ出席しました。

小学校3名、中学校2名の在校生が、卒業生への思いにあふれた送辞を述べた後、小学校、中学校各1名の卒業生が、それぞれ立派な答辞を述べ、心温まる卒業式となりました。

高校進学時には相島から離れることとなりますが、相島で学び、遊んだ日々を大切な思い出とし、新しい世界へ大きく羽ばたいてください。

相島小中学校卒業式

平成31年3月13日(水曜日)

(1)午後に、「萩・明治維新150年記念事業実行委員会」を開催しました。

明治維新150年の節目の年であった昨年は、「萩・明治維新150年祭」と銘打ち、ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥教授の特別記念講演や、囲碁の本因坊戦の開催、さらにはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストである高橋尚子さんを招いて開催した萩城下町マラソン、萩の食にスポットを当て、著名人のトークショーなどを開催した「萩・食の祭典」など、数多くの記念事業を実施しました。

また、市民の皆様からご提案いただいた「みんなの150年プロジェクト」も実施し、市民一丸となって記念の年を盛り上げていただきました。

市民の皆様のご理解とご協力に深く感謝いたします。

さて、平成31年度は、「萩・明治維新150年祭NEXT~新しい萩と時代を切り拓こう~」をテーマとし、記念事業を予定しています。

将棋の第77期名人戦 第2局を開催するほか、昨年に引き続き、「萩・食の祭典」や、市民提案型事業などを実施する予定ですので、ぜひご期待ください。

(2)「萩・明治維新150年記念事業実行委員会」終了後、菊ヶ浜で記念植樹を行いました。

森林・林業のPRのため、「2019ミス日本みどりの女神」の藤本 麗華(ふじもと れいか)さんをお招きしたほか、土原保育園の園児の皆さん、萩・明治維新150年記念事業実行委員の皆様など多数の方にご参加いただきました。

まだまだ小さい松の苗木でしたが、次の50年に向かってすくすくと成長し、明治維新200年の際には、立派な大木となっていることを願っています。

また、平成31年度は「新しい萩と時代を切り拓こう」をテーマとし、新たな50年に向かって歩みだす元年として、萩市の未来を担う人材を育てる事業を行ってまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

萩・明治維新150年記念植樹

平成31年3月12日(火曜日)

(1)夕方に、「全国大会出場選手激励会」を開催しました。

このたび、全国大会に出場されるのは、以下の皆さんです。

・文部科学大臣杯 第10回記念全日本少年春季軟式野球大会

(1)期日 平成31年3月21日(木曜日・祝日)~25日(月曜日)
(2)開催地 静岡県
(3)出場チーム 萩クラブ(萩東中・萩西中・阿武中の野球部から選抜されたチーム。 萩市の少年(中学
           生)・学童(小学生)の部から、本大会を含め、全国大会出場は初めての快挙。)

(4)出場監督 西山 太郎(にしやま たろう)監督
(5)出場選手 井町 爵久(いまち たかひさ)内野手・主将 萩市立萩西中学校新3年
          阿武 晋ノ介(あんの しんのすけ)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          阿武 優斗(あんの ゆうと)捕手 萩市立萩東中学校新3年
          池部 大空(いけべ そら)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          石津 雄大(いしづ たけひろ)外野手 萩市立萩東中学校新3年
          稲永 啄磨(いななが たくま)投手 萩市立萩東中学校新3年
          大谷 侑矢(おおたに ゆうや)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          岡村 陽希(おかむら はるき)外野手 萩市立萩東中学校新3年
          小野 純輝(おの じゅんき)外野手 阿武町立阿武中学校新3年
          小野 桃二朗(おの ももじろう)内野手 阿武町立阿武中学校新3年
          時山 昴己(ときやま こうき)投手 萩市立萩西中学校新3年
          中尾 皓亮(なかお こうすけ)捕手 萩市立萩東中学校新3年
          中村 臣吾(なかむら しんご)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          日隈 敦士(ひのくま あつし)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          伏谷 一輝(ふしたに かずき)内野手 萩市立萩東中学校新3年
          藤本 凜汰郎(ふじもと りんたろう)外野手 萩市立萩東中学校新3年
          和田 麗蒼(わだ うるき)外野手 萩市立萩東中学校新3年

ご健闘をお祈りします。

全国大会出場激励会

(2)夜に、「萩おもてなしグランドチャンピオン・大賞表彰式及び記念講演会」を開催しました。

「萩おもてなし大賞」は、萩市民のおもてなし意識向上のため、「萩おもてなし推進協議会」が行っているもので、今回で20回目を迎えました。

今回は、20回目を記念して、通常の表彰に加え、歴代の萩おもてなし大賞受賞者の中でも、特に優れた活動を継続されている個人・団体を「萩おもてなしグランドチャンピオン」に決定し、表彰しました。

受賞者の皆様は以下の通りです。

・萩おもてなしグランドチャンピオン・・・「浜崎しっちょる会」様

・萩おもてなし大賞(市民部門)・・・「山口県立萩高等学校野球部」様

・萩おもてなし大賞(観光事業部門)・・・「萩の宿 常茂恵」様

・萩おもてなし賞(市民部門)・・・山本 貞壽(やまもと さだひさ)様

・萩おもてなし賞(市民部門)・・・長岡 照夫(ながおか てるお)様

・萩おもてなし賞(観光事業部門)・・・山口 泉(やまぐち いずみ)様

・萩おもてなし賞(観光事業部門)・・・田村 敬次(たむら けいじ)様

・萩市長賞(市民部門)・・・長岡 和子(ながおか かずこ)様

・萩市議会議長賞(観光事業部門)・・・山根 俊二(やまね しゅんじ)様

・萩市観光協会会長賞(観光事業部門)・・・一般社団法人 萩八景遊覧船船頭の皆様

・萩商工会議所会頭賞(観光事業部門)・・・「東萩駅観光案内所」様

受賞された皆様におかれましては、萩市のおもてなし意識の向上に寄与していただいておりますこと、深く感謝申し上げます。

今後も、市民の模範となるご活躍を期待しています。

萩おもてなしグランドチャンピオン 浜崎しっちょる会

また、表彰式の後に開催された記念講演会では、「下町の外国人もてなしカリスマ」として国の観光カリスマに選定されている、「澤の屋旅館」館主の澤 功(さわ いさお)様を講師にお招きし、「外国人観光客に日本流のおもてなしを」と題して、お話しをいただきました。

萩市においても、外国人観光客の誘客について、DMOを中心に取り組んでいるところであり、時宜を得た講演となりました。

澤様の講演から得た気付きを、萩市での外国人観光客へのおもてなしに活かしてまいりたいと思います。

平成31年3月11日(月曜日)

夕方に、「全国大会出場選手激励会」を開催しました。

このたび、全国大会に出場されるのは、以下の皆さんです。

・第41回全国高等学校柔道選手権大会

(1)期日 平成31年3月20日(水曜日)・21日(木曜日・祝日)
(2)会場 東京都千代田区 日本武道館
(3)選手 山口県立萩高等学校2年 藤井 聖翔(ふじい ひろと)選手 
        山口県立萩高等学校1年 薬丸 武則(やくまる たけのり)選手
(4)種目 男子個人60kg級 藤井 聖翔選手
        男子個人66kg級 薬丸 武則選手

・第 22回全国高等学校少林寺拳法選抜大会

(1)期日 平成31年3月23日(土曜日)~25日(月曜日)
(2)会場 香川県善通寺市 善通寺市民体育館
(3)選手 山口県立萩商工高等学校2年 末武 広大(すえたけ こうだい)選手
       山口県立萩商工高等学校2年 矢次 飛翔(やつぎ つばさ)選手
        山口県立萩商工高等学校1年 亀屋 萌佳(かめや もえか)選手                                                             山口県立萩商工高等学校1年  亀屋 結佳(かめや ゆうか)選手
        山口県立萩商工高等学校1年 蒔田 愛美(まきた まなみ)選手
(4)種目 男子 自由組演武の部 末武 広大選手・矢次 飛翔選手                                                                                                                                                                                              
        女子 自由組演武の部 亀屋 萌佳選手・亀屋 結佳選手
        女子 自由単独演武の部 蒔田 愛美選手

・日本トリムPresents第 11回全国女子選抜フットサル大会

(1)期日 平成31年3月15日(金曜日)~17日(日曜日)
(2)会場 大分県別府市 別府市総合体育館
(3)選手 萩市立萩東中学校3年 金田 東子(かねた とうこ)選手
        萩市立萩東中学校3年 櫻田 真衣(さくらだ まい)選手
        萩市立福栄中学校3年 荻野 純菜(おぎの じゅんな)選手
(4)種目 女子フットサル(山口県選抜チーム)

皆さんのご健闘をお祈りいたします。

全国大会出場激励会

平成31年3月10日(日曜日)

午前に、「萩の真ふぐ祭り」の開会式へ出席しました。

真ふぐは、「ふぐの女王」と言われており、とらふぐよりも美味しいという声もありますが、魚価はかなりの開きがある状態です。

そのため、真ふぐの認知度を向上すべく、ブランド力向上の一環として、平成19年度から「萩の真ふぐ祭り」が開催されており、毎年多くの来場をいただいています。

さらなる真ふぐのブランド推進と、それに伴う魚価向上により、萩市の水産業の再生に寄与しますよう、萩市としましても、尽力してまいります。

萩の真ふぐ祭り

平成31年3月9日(土曜日)

(1)本日は、「市内中学校卒業式」の日でした。

卒業される皆さんには、新たな発想で、未来に向かって果敢に挑み、人との関わりを大切にして、今後もさらに成長してほしいと願っています。

ご卒業、誠におめでとうございました。

(2)午後に、「多職種連携研修会『急性期医療と地域包括ケア』」へ出席しました。

この研修会は、萩市医師会、阿武町、萩市の3者が合同で設置した「萩圏域 地域包括ケアネットワーク協議会」が実施し、講師として、沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科医長 高山 義浩(たかやま よしひろ)先生をお招きしました。

団塊の世代が全員後期高齢者となる2025年に地域の高齢化が進展すると、高齢者のみの無縁独居者が増加します。

そうなると、高齢者の医療依存が高まり、在宅での療養が限界となります。

その結果、現行の医療提供体制では対応できず、限られた医療介護資源を有効に活用する地域包括ケアは重要さを増します。

地域包括ケアは、地域の特性に合った医療介護連携が必要となることを学びました。

平成31年3月8日(金曜日)

(1)午前に、永見 旦衛(ながみ あきえ)様へ、叙勲の伝達を行いました。

永見様はむつみ村及び萩市議会議員として、地方自治の発展と住民福祉の向上に尽力され、このたび高齢者叙勲として、旭日單光章(きょくじつたんこうしょう)を受章されました。

永年のご尽力に敬意を表します。

叙勲伝達式

(2)夜に、「萩ジオパークフェア2019・認定記念講演会『和食はなぜ美味しい~日本列島の贈り物・萩バージョン』」を開催しました。

本日から3日間、「地球と食」をテーマに、「萩ジオパークフェア2019~地球のごちそう、いただきます!~」を開催します。

初日の本日は、著名なマグマ学者である神戸大学の巽 好幸(たつみ よしゆき)教授を講師にお迎えし、和食の美味しさの根底に地球の活動が関係していることを、身近な食材を例に取って分かりやすくご講演いただきました。

萩ジオパークについて、市民の皆様への認知がまだまだ十分とは言えない現状がある中、こうした講演やフェアを通して、少しでも理解を深めていただければ幸いです。

また、萩・明倫学舎本館2階のジオパークビジターセンターについても、展示内容を更新しましたので、ぜひ1度ご来場いただき、萩ジオパークの魅力をさらに知っていただきたいと思います。

平成31年3月1日(金曜日)

(1)午前に、「萩八景遊覧船運航安全祈願祭」へ出席しました。

萩の美しい風景を水面から楽しむ萩八景遊覧船は、歩いて散策するのとは一味違った萩観光の楽しみ方として、多くの方にご好評いただいています。

これからの桜のシーズンに合わせ、桜鑑賞コースも予定されていますので、市民の皆様もぜひご乗船ください。

萩八景遊覧船運行安全祈願祭

(2)午前に、「山口県立萩高等学校卒業証書授与式」へ出席しました。

計123名の卒業生の皆さんは、これから各々の進路へと歩まれます。

萩高校で学んだ思い出を心に刻み、明治維新を成し遂げた先達のように、これからの時代を切り拓いていただきたいと思います。

ご卒業、誠におめでとうございました。

(3)午前に、「萩市地域おこし協力隊員委嘱状交付式」を行いました。

このたび、3名の隊員が新たに着任しました。

園田 滉樹(そのだ こうき)隊員・・・川上総合事務所配属

古冨 竜也(ふるとみ たつや)隊員・・・観光課配属

花田 康章(はなだ やすあき)隊員・・・見島支所配属

新たな視点で地域の活性化に寄与いただくことを期待しています。

萩市地域おこし協力隊員委嘱状交付式