ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 平成31年4月

市長の1日(活動報告) 平成31年4月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月27日更新

平成31年4月28日(日曜日)

午前に、見島で開催された「島びらきまつり2019」に出席しました。

見島の特産品(見島きゅうり、あわび、活魚等)の即売や、サザエのつぼ焼きや見蘭牛の焼肉、貝汁などを味わえる大変お得なおまつりでした。
4月から就航した新船「ゆりや」はこれまでの船よりも速く、船内も広々としており快適な航行を過ごすことができます。皆様もぜひ、新船「ゆりや」に乗船し見島にお越しください。

20190428

「見島の観光」について

「見島~萩間 運航時刻表」について

「見島航路 定期船 ゆりや」について

「見島へ行こうゆりやで!!」(プロモーション動画)」について

平成31年4月27日(土曜日)

お昼に、「阿武川温泉公園まつり」にまいりました。

暖かな陽気の中、多くのお客様と出店でにぎわっており、中でもカヌーの体験乗船には、子供連れをはじめ多くの方が参加されていました。

20190427  201904272

午後に、「松陰神社崇敬会会員安泰祈願祭」に出席しました。

松陰神社崇敬会の皆様は、松陰先生の遺志・諸業績の顕彰及び普及を図ることを目的として、講演会の開催など、精力的に活動されております。
「萩市基本ビジョン」にある「未来を担うひとを育むまちづくり」には、“志”教育の推進とありますが、これは、「萩市ひとづくり構想」の中にあるように、「志を立てて、以って万事の源となす」と説かれた松陰先生のように、高い“志”を持って新しい時代を切り拓いてほしいという教育であります。
松陰神社崇敬会の皆様には、松陰先生のような高い“志”を持ってこれからの萩市を担っていただくとともに、若きひとたちへの教育といった面においても益々のご活躍を期待しております。

20190427-3

「萩市基本ビジョン」の策定について

「萩市ひとづくり構想」について

平成31年4月26日(金曜日)

(1)午前に、「福栄コミュニティセンター整備工事労働安全災害防止及び暴力追放協議会設立総会」に出席しました。

この協議会は、労働災害の防止と暴力団及びこれらの関連企業を排除するために具体的な対策を協議、推進し、被害防止と工事の円滑な促進に寄与することを目的に設置されています。
会員の皆様には、今一度、暴力団による不当な要求に屈しない強い気持ちと、暴力追放運動の徹底をお願いしたいと思います。

20190426

(2)午後に「萩人権擁護委員協議会定時総会」に出席しました。

人が人らしく生きていく上での権利、「基本的人権」は侵すことのできない永久の権利です。
萩市では新たな福祉サービスの拠点となる「新総合福祉センター」において、高齢者や障がい者の方に、住み慣れた地域で自分らしく暮らしていただくために「権利擁護支援センター」を設置し、サービスの提供をしてまいります。

201904262

(3)「第17回全国藩校サミット萩大会実行委員会設立総会・第1回実行委員会」を開催しました。

全国藩校サミットは、漢字文化検定協会の主催により全国の藩校関係者間の学術文化交流を通じて漢字文化を後世に伝え、受け継いでいくことを基本理念として、全国各地で開催されております。
本年は、萩藩5代藩主の毛利吉元が堀内三の丸に人材育成のため創設した藩校明倫館が開校して300年となる記念すべき年です。この節目の年に、全国藩校サミットを萩市で開催できること、そして山口県内でも初開催となること大変嬉しく思います。

201904263

平成31年4月25日(木曜日)

午後に、山口市で開催された「4月定例山口県市長会議」及び「県政推進懇談会」に出席しました。

こういった場を通じて、県や国へしっかりと要望を伝えてまいります。

4月定例山口県市長会議1  4月定例山口県市長会議2

平成31年4月24日(水曜日)

(1)午前に、「萩市消費生活モニター委嘱状交付式」を行いました。

萩市には、消費生活の実態や消費者行政に関する施策として、広く消費者・市民の声を聞き、これを行政面に反映させることを目的とした消費生活モニター制度があります。
消費生活に関する社会問題の解決に向け、委嘱者の皆様には、今後の研修で得た情報や知識を積極的にそれぞれの地域で提供していただき、消費者被害の未然防止、拡大防止の役割を担っていただきたいと思っております。

 seikatu

「平成31年度 萩市消費生活モニター」について

 (2)午後に、「須佐歴史民俗資料館特別学芸員辞令交付式」を行いました。

この度、「須佐歴史民俗資料館」の特別学芸員としてお迎えした重田麻紀さんは、幕末・維新史を研究する中で、特に萩藩の家臣団の研究を意欲的に進められ、数々の論文なども発表されている歴史学者の若きホープと言われる方です。
そして、昨年秋に開催しました、明治維新150年記念行事「明治維新前夜展」では、史料の借用や展示準備などにご尽力いただいたことを機に今日の辞令交付となりました。

mikoto

重田さんには、須佐歴史民俗資料館の展示はもちろんのこと、史料の収集や研究、地域の歴史や文化を活かした地域の再生を期待しております。どうぞよろしくお願いいたします。

「須佐歴史民俗資料館」について

「須佐歴史民俗資料館「みこと館」 特別学芸員に重田麻紀さん」について

平成31年4月23日(火曜日)

(1)午前に、萩グラウンド・ゴルフ協会様による「萩市グラウンド・ゴルフ交流大会」に出席しました。

手軽にプレイできるということもあり、幅広い年代の方から人気なグラウンド・ゴルフですが、体を動かし、交流を深めることで心身の健康につながるといったことも人気な理由のひとつにあります。
「萩市基本ビジョン」に「だれもが生きいきと暮らせるまちづくり」と掲げる萩市といたしましても、これからも元気一杯に皆様でプレイを楽しんでいただきたいと思っております。

グラウンド・ゴルフ

「萩市基本ビジョン」の策定について

 

(2)午後に、「萩市ひとづくり構想推進委員会」を開催しました。

萩市のまちづくりの指針となる「萩市基本ビジョン」を支える3つの構想の1つである「萩市ひとづくり構想」の推進に向け、教育・文化・生涯学習・スポーツなどの各分野における「ひとづくり推進計画」のために、各委員の皆様から多くの意見をいただきました。
「萩市ひとづくり構想」の実現には、市民と行政が人材育成の方向性を共有し、一体となって萩市に輝きと活力をもたらす人材の育成が必要不可欠です。これからも皆様には、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 ひとづくり構想

「萩市基本ビジョン」の策定について

「萩市ひとづくり構想」について

平成31年4月22日(月曜日)

午前に、「第77期名人戦第二局萩対局初手観戦」に出席しました。

神妙な空気の中、明治維新150年記念にふさわしい「松陰神社 立志殿」にて初手が指されました。
平成最後の一戦となる今日からの対局に、ご自身のお力をいかんなく発揮していただきたいと思います。

 初手観戦

平成31年4月21日(日曜日)

(1)午前から、「2019ナショナルチーム日本代表選手最終選考会開会式」に出席しました。

本大会は、カヌースラローム日本代表選手を決定する最終選考会であり、2020年の東京オリンピック代表選手の選考レースでもあることから、昨日に続き大勢の観客と取材陣の方々に阿武川特設カヌー競技場へお越しいただきました。

21カヌー1  21カヌー2 

萩市では、東京オリンピックのキャンプ地誘致を目指し、関係機関や団体と連携し、カヌー関係者の招致なども積極的に行っているところです。このような名誉ある大会が萩市で開催されたことを大変嬉しく思うとともに、日本代表選手に選ばれた皆様には是非とも、東京オリンピックの代表選手として頑張っていただきたいと思います。
そして、萩市民であり「2019ナショナルチームの日本代表選手」となった足立 和也選手と、カナディアンとカヤックの2種目で健闘された岡崎 遥海選手の今後のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

 21カヌー3
男子カナディアンシングル 優勝 羽根田 卓也選手

21カヌー4
男子カヤックシングル 優勝 足立 和也選手

 大会結果は以下のとおりです。
≪2019ナショナルチーム日本代表選手最終選考会≫
○男子カナディアンシングル 決勝 [PDFファイル/21KB]
○女子カナディアンシングル 決勝 [PDFファイル/19KB]

○男子カヤックシングル 決勝 [PDFファイル/30KB]
○女子カヤックシングル 決勝 [PDFファイル/25KB]

※本大会で選考された3名の方々は、「ワールドカップ」、「世界選手権」を戦い、最終的に10月18日~20日に行われる「東京オリンピックカヌースラローム競技日本代表選手最終選考会」で日本の代表選手が決定されます。

 (2)「萩ロータリークラブ創立60周年記念式典」に出席しました。

この度、萩ロータリークラブ様が創立60周年を迎えられたこと誠におめでとうございます。
そして、記念事業の一環として、萩市の花である椿のほか、AED収納ボックスと車椅子のご寄附をいただき心より感謝申し上げます。これらは7月竣工予定の「新福祉総合センター」前へ植樹、設置をさせていただきます。

 hagiRC

今後10年間のまちづくりの指針となる「萩市基本ビジョン」は、市民の皆様と行政が一体となってまちづくりを進めるための計画です。ここに掲げているめざすまちの姿「暮らしの豊かさを実感できるまち」の実現のためには、日頃より市民の皆様と連携をし、地域貢献のために積極的な活動をされている萩ロータリークラブの皆様のお力添えが必要不可欠です。今後とも、萩市へのご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 「萩市基本ビジョン」の策定について

 

(3)夜に、「第77期名人戦第二局萩対局 前夜祭」を開催しました。

明日より佐藤天彦名人と豊島将之二冠による名人戦第二局が開局します。
伝統と格式を誇る名人戦は、将棋の8大タイトル戦で最も歴史が長く、明治維新150年という節目に萩市において初めて開催できますことを大変光栄に思います。明日からの対局を楽しみにしております。

名人戦前夜祭

平成31年4月20日(土曜日)

(1)午前に、「2019カヌースラロームジャパンカップキョクヨーシリーズ第2戦」の開会式に出席しました。

本大会は、翌日21日に開催される「日本代表選手最終選考会」の予選も兼ねており、白熱した戦いが阿武川カヌー特設競技場で繰り広げられました。出場された選手の皆様、応援にお越しいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。そして、萩市としましても日本有数のカヌー競技場である阿武川カヌー特設競技場を市内外に発信をし、「カヌーのまち萩」を目指してまいります。

20JPC  20JPC2

 大会結果は以下のとおりです。
≪2019カヌースラロームジャパンカップキョクヨーシリーズ第2戦≫
男子カナディアンシングル 決勝 [PDFファイル/30KB]
女子カナディアンシングル 決勝 [PDFファイル/22KB]

男子カヤックシングル 決勝 [PDFファイル/65KB]
女子カヤックシングル 決勝 [PDFファイル/36KB] 

 

(2)午後に、「いかマルシェスサノモノミトコ館」のオープニングセレモニーに出席しました。

須佐地域では、ブランド化を進めている「須佐男命いか」を食べに来ても、常時買える直売施設がなく、また港町でありながら地区内には鮮魚販売店がありませんでした。このことから、「ふれあいステーション須佐」をリニューアルし「いかマルシェスサノモノミトコ館」としてオープンしました。これから、地域住民はもとより観光客にも親しまれ愛される須佐地域活性化の拠点になることを願っています。

ikamarusye1

ikamarusye2
店舗の中央にイカを展示販売する水槽を設置

ikamarusye3
売り場面積は約7倍に増加

平成31年4月19日(金曜日)

(1)午前に、萩地域で「行政推進員集会」を開催しました。
行政と市民の皆様とのパイプ役として、1年間よろしくお願いします。

萩地域行政推進員集会 

 (2)午後に、山口県立萩美術館・浦上記念館特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア及びマリメッコ・スピリッツ・フィンランド・ミーツ・ジャパン展」のオープニングセレモニーに出席しました。

本展は、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催されました。フィンランド陶芸の黎明期から、隆盛期ともいえる1950年代・60年代までを名作と共に辿る展示がされていました。萩焼で栄えるこの萩市で開催されることを大変嬉しく思います。

finlandOPC

 特別展の詳細はこちら(2019年4月20日~6月30日まで開催)

平成31年4月18日(木曜日)

(1)午前に、「萩市連合婦人会総会」に出席しました。

「萩市基本ビジョン」を支える「萩市ひとづくり構想」を進めていく中でも、次代の萩を担う子どもたちを育てていくことが極めて重要であります。そのため、地域の子育ての支援者としても、女性としての感性・パワーは必要不可欠です。今後とも、お力添えを賜りますようお願いします。

 婦人会

「萩市基本ビジョン」の策定について

 「萩市ひとづくり構想」について

  

(2)午後に、「萩市交通安全対策協議会総会」に出席しました。

 当協議会は、萩警察署や萩交通安全協会をはじめとする関係機関と連携し、交通安全運動を行っています。
これからも引き続き、緊張感と「交通事故を無くす」という明確な意志を持ち、交通安全運動を継続していく所存であります。

 交通安全対策協議会

 (3)夜に、「萩市教育委員交流会」に出席しました。

このたび、4月25日をもって吉田幸良(よしだゆきなが)委員が退任され4月26日から新たに中原愉季子(なかはらゆきこ)委員が就任されます。吉田委員におかれましては、4年間ご尽力を賜り、ありがとうございました。中原委員におかれましては、今までの経験を生かされ、萩市の教育行政の推進にご協力いただくことを期待しています。

平成31年4月17日(水曜日)

(1)午前に、益田市で開催された「萩・石見空港東京線利用促進対策会議」に出席しました。

東京便の2便確保を維持していくために、市民の皆様におかれましては、お得な助成をご利用いただける、萩・石見空港をご利用くださいますようお願いします。 

助成内容としては、お二人以上で東京線を一往復されるとお一人につき5,000円の助成や、「萩・石見空港サポーター企業」に登録(年会費無料)いただけますと、東京線10名以上の利用で片道5,000円、往復10,000円の助成など様々なプランがありますのでぜひご利用ください。

運賃助成については、萩・石見空港ホームページをご覧ください。

萩・石見空港東京線利用促進

 (2)夜に、「市消防団方面団長会議交流会」に出席しました。

消防団の皆様には、萩市の安全安心のため、日夜、全力を挙げて取り組んでいただいています。
心から敬意を表し、深く感謝を申し上げました。

平成31年4月16日(火曜日)

 (1)午前に、「萩時代まつり実行委員会」を開催しました。

「萩時代まつり」は、今年度で第25回目を迎える秋の一大イベントとして、市民の方々に親しまれ、市外からも多くの方にお越しいただいております。
また今年度は、藩校「明倫館」開校300年を記念して「全国藩校サミット」が11月末に萩市で開催されることから、サミットに参加される地域の方にパレードに参加していただくほか、外国人観光客の皆さんにも時代パレードに参加して頂くようPRを強化していきますので、委員の皆様をはじめ市民の皆様からのご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

「萩時代まつり実行委員会」について

(2)「萩ふるさとまつり実行委員会」を開催しました。

「萩ふるさとまつり」は、平成17年度より萩市の産業の現状を市民の皆様にご紹介させていただくための「産業祭り」として毎年開催しており、今回で15回目を迎える秋の萩を代表するおまつりとなっております。
今年度も多くの方にご来場いただき、親子連れや3世代でお越しいただいた方にも十分に楽しんでいただけるように、新たな試みや募集要領の改正案など実行委員会で意見交換をこれからも行ってまいります。

 「萩ふるさとまつり実行委員会」について

 

平成31年4月15日(月曜日)

 (1)午前に、「萩市行財政改革推進本部発足式」を行いました。

萩市が目指すまちの姿である「暮らしの豊かさを実感できるまち」の実現のためには、「萩市基本ビジョン」の目標である2027年に「社会増減のマイナスをゼロ、出生数300人以上」の達成が必須です。しかし、従来の取組の延長線上では達成できません。

この新たな挑戦を進めるためにも“ 改 革 ”が重要です。

そのために既存業務や事業を見直し、財源確保をしていく必要があり、「選択と集中」による施策の重点化及び効率化を図っていかなければなりません。
本年を「 改 革 本 番 」の年と位置づけ、私自らが本部長として陣頭指揮を執り、外部有識者の参画も得ながら、勇気とチャレンジ精神を持ってあらゆる改革に取り組んでまいります。

行財政改革推進委員会

「萩市行財政改革推進基本方針」について

 「萩市行財政改革推進本部」について

 「萩市基本ビジョン」の策定について

 (2)午後に、「萩・花ごよみ実行委員会」を開催しました。

本実行委員会では、「萩・夏みかんまつり」や「萩・椿まつり」の開催や、市内の花イベント情報の発信などを通じ、誘客を図っています。5月11日、12日に開催する「萩・夏みかんまつり」では、「萩市花いっぱい運動」表彰式のほか、紅白歌合戦にも出演された演歌歌手 原田悠里さんによる新曲「萩しぐれ」の披露イベントも予定しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 花ごよみ実行委員会

(3)夜に「萩商工会議所女性会定時総会交流会」に出席しました。

萩市の活性化には、産業の再生が必要不可欠です。萩市では昨年を「産業再生元年」と銘打ち、さまざまな事業を展開してきており、今年度も産業再生を次のステージへ進めるために地域資源を最大限に活用し、経済活動が促進することを目指しております。そのためには女性会の皆様のお力添えが不可欠です。今後とも、産業再生のためご支援を賜りますようお願いします。

「地域産業振興構想の策定」について

  

平成31年4月14日(日曜日)

午前に、「第61回鎌倉まつり」に出席しました。

オープニングを飾る行列巡行に甲冑を着て参加させていただきました。姉妹都市の市長として、鎌倉市の伝統的なお祭りに、鎌倉市民の皆様と一緒に参加できたことを大変嬉しく思います。そして、昨日の姉妹都市祝賀交流会と鎌倉まつりでの意見交換で得た事を活かして、萩市のまちづくりに活かしていきたいと思います。

鎌倉1  鎌倉まつり2

平成31年4月13日(土曜日)

(1)午前に、「きれいなまち・萩推進市民会議」と「美祢市快適環境づくり推進協議会」の共済で開催された「長州路おもてなし清掃物語」に参加しました。

多くの観光客が訪れるゴールデンウィーク前に、小郡萩道路のIC付近(絵堂・大田・十文字)を「おもてなしの心」を込めて清掃を行う本行事は今年度で2回目の開催となり、私は十文字IC付近を清掃するコースに参加しました。
参加された萩市民の皆様及び萩市郵便局、萩ジオパークの皆様におかれましては、ご参加いただきありがとうございました。

長州路 清掃物語 長州路 清掃物語2

(2)午後に、「鎌倉市制80周年記念事業 姉妹都市祝賀交流会」に出席しました。

鎌倉市と萩市は、鎌倉市が市制施行40周年を迎えた昭和54年に姉妹都市提携を結んでおり、本年は萩市にとっても姉妹都市締結から40年という記念すべき年でもあります。
これからも両市の記念行事への参加をはじめ、市民訪問団の派遣、文化・スポーツ交流など様々な交流・意見交換を行っていきたいと思っております。
改めまして、市制80周年おめでとうございます。

鎌倉祝賀会

平成31年4月12日(金曜日)

本日は、むつみ地域及び福栄地域で「行政推進員集会」を開催しました。

行政と市民の皆様との橋渡し役として、1年間よろしくお願いします。

むつみ 福栄

平成31年4月11日(木曜日)

本日は、田万川地域及び須佐地域で「行政推進員集会」を開催しました。

皆様におかれましては、お忙しい中、お越しいただき、ありがとうございました。
1年間、よろしくお願いします。

田万川 須佐

また田万川での集会にて、市民の方よりご指摘いただいた田万川温泉の故障等について
集会終了後、直ちに現状を確認して参りました。今後、田万川地域の方をはじめ市内外からお越しになった方にご満足いただけるように整備していきたいと思います。 

田万川温泉                         

平成31年4月10日(水曜日)

本日は、川上地域及び旭地域で「行政推進員集会」を開催しました。

行政推進員の皆様に、萩市からの連絡事項をご説明し、ご質問等を受けました。
行政と市民の皆様との橋渡し役として、1年間よろしくお願いします。

川上 旭

平成31年4月6日(土曜日)

静岡県御殿場市で開催された「全国椿サミット御殿場大会」に出席しました。

「全国椿サミット」は、椿や山茶花を市町村の花木に指定している全国の自治体の首長や椿愛好家が一同に集い、椿や山茶花の知識を深め、相互の情報交換と交流を通じて、地域活性化に資することを目的に開催されており、この御殿場大会で29回目を迎えました。

大会に先立って開催された「全国椿サミット協議会」の理事会・総会に出席した後、大会及び交流会に出席しました。
「全国椿サミット協議会」および「日本ツバキ協会」の方々と、お互いの椿や山茶花に関する意見交換を行い、交流を深めることができました。本大会を通して得た事を、萩市の椿への取組に活用していきたいと思います。

総会 大会 交流会

平成31年4月5日(金曜日)

午前に、「山口県立萩看護学校入学式」に出席しました。

今年度で開校25年目を迎える山口県立萩看護学校に、61名の新入生がご入学されました。ご入学おめでとうございます。
これからの学校生活で様々な体験と知識を学んでいただくとともに、地域行事や住民の方との交流を通して、萩市の魅力にもぜひ触れていただきたいと思います。そして、お一人でも多くの方が萩市に残られ、地域を支える貴重な人材になっていただけることを願っております。

萩看護学校入学式

平成31年4月3日(水曜日)

(1)午前に、「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰の市長報告会が行われました。

萩市立白水小学校の取組である「心と体のハッピーチャレンジ」が、平成30年度の優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰に決定されたことを受け、白水小学校から田中校長先生と石田教頭先生が受賞の報告をされました。

このような子供たちの健やかな成長を目的とした運動が、萩市内の他の小学校にも普及していくことを期待しています。

受章報告

(2)本日は、「至誠館大学入学式」に出席しました。

萩市内の高校をはじめとした県内外の高校から、71名の新入生が至誠館大学(萩本学)へご入学されました。ご入学おめでとうございます。

新元号「令和」へと改元される歴史的な節目の年に、新しい第一歩を踏み出す皆様には、「明治維新胎動の地」と呼ばれる萩市で学んだことが、将来の誇りとなるよう、萩市のいろいろな地域を訪れ、様々な行事に参加し、歴史や自然など萩の魅力にふれていただきたいと思います。

至誠館大学入学式

平成31年4月2日(火曜日)

(1)午前に、新規採用職員への「市長講話」を行いました。

これから萩市職員として活躍するうえで、前例に囚われない事や市民の皆様の目線で物事を考える事などを講話しました。
新規採用職員による新しい力で、組織全体が活性化し、市民の皆様により良い行政サービスをお届けできることを期待しています。

市長講話

(2)午後に、「萩准看護学院入学式」に出席しました。

今年度は、24名の新入生がご入学されました。ご入学おめでとうございます。
入学された皆さんが、地域医療を支える人材となること、願わくば萩や北浦地域でご活躍されることを願っています。

萩准看護学院入学式

平成31年4月1日(火曜日)

(1)午前に「新規採用職員着任式」を行いました。

今年度は、各職種の計31名の職員を新規採用しました。
彼らの新しい力を加えて萩市職員一同、市民の皆様により良い行政サービスを届けることができるように尽力してまいります。

新規採用職員 着任式

(2)午後に「萩市社会福祉事業団辞令交付式」を行いました。

今年度は、3名の介護職員を新規採用しました。

萩市の超高齢者社会における市民の介護ニーズに対応する中で、萩市社会福祉事業団職員としての誇りと責任をもって、事業団理念でもある「誰もが、住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせる地域社会」の実現に期待しています。

社会福祉事業団 辞令交付式

(3)台湾より、地質公園学会の皆様が萩市を表敬訪問されました。
地質公園とは、ジオパークのことを指し、台湾には9つの地質公園があります。

萩ジオパークと地質公園、お互いの特徴及び活動理念をプレゼンテーションした後、意見交換会を実施し、各地質公園と記念品の交換会を行いました。

今後とも幅広い分野において、双方の友好的な交流を深め、お互いのジオパーク活動のさらなる発展に繋がることを期待しています。

地質公園学会表敬訪問 地質公園学会表敬訪問2