ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 令和元年5月

市長の1日(活動報告) 令和元年5月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月6日更新

令和元年5月19日(日曜日)

(1)午前に、「第22回浜崎伝建おたから博物館」の開会式に出席しました。

今年で22回目の開催を迎える「浜崎伝建おたから博物館」は、伝建地区(伝統的建造物群保存地区)の町並みを大切にしながら住民が一体となって企画運営されている萩市を代表するイベントです。
会場では、3年振りの公開となる松陰先生の位牌展示といった‟おたから”公開や、浜崎市場で水揚げされたしらすを使用した釜あげしらす丼等の美味しい食べ物を求めて多くの人たちで賑わっておりました。

 555555555555555

そして、今年の浜崎地区は「萩市インキュベーションセンター」と「山口大学サテライトラボ萩」のオープンや、「梅屋七兵衛旧宅」にお試し暮らし住宅とサテライトオフィスの機能が新たに加わるなど、様々な取り組みが行われています。こうした取り組みが浜崎地区の活性化に繋がることを期待しています。

今年も多くの催しが用意されており、この日のために何度も実行委員会を開催され準備してこられた「浜崎しっちょる会」をはじめ、地元の方々、そしてスタッフの皆様に改めて感謝申し上げます。

「萩市伝統的建造物群保存地区」について

「萩市インキュベーションセンター・山口大学サテライトラボ萩」について

「梅屋七兵衛旧宅」について

(2)午後に、「阿武湖バスフィッシング大会」の表彰式及び閉会式に出席しました。

地域おこし協力隊の内田隊員によるバスフィッシング大会が阿武川ダム湖で開催されました。
「釣人のマナー向上」と「地域経済の活性化」を目的とした本大会は、県内外から13チーム(24名)の参加と1時間平均6匹という釣果となり、大盛況のうちに閉会をいたしました。
優勝をされた、周南市からお越しの小林幸央(こばやし ゆきひさ)プロと貞森広志(さだもり ひろし)さん、改めておめでとうございます。

BF4 BF6
優勝チーム おめでとうございます            最長で40cm以上の大物も登場

今回の大会を通じて、釣りをするうえでのマナーを再認識・向上していただき、釣りやカヤック、バードウォッチングといったアクティビティで川上地域の活性化に繋がることを期待しています。 

★阿武湖では、ダム湖管理者の許可を得ていないエンジン付きボートの航行は禁止されています。ルールとマナーを守り、未来へ良い釣場を残しましょう。

開催された「阿武湖バスフィッシング大会」の詳細について

令和元年5月18日(土曜日)

(1)午前に、「北浦三市職員親睦球技大会」の観戦にまいりました。

萩市・長門市・美祢市の職員による球技大会は、日頃の練習の成果を発揮する場でもあり、他市との交流を深めることで、日頃の業務における意見交換を行える関係を築く貴重な場でもあります。
そして、好きなスポーツを休日に行うことで、「地域産業振興構想」の基本方針にある「ワーク・ライフ・バランス」の実現にも繋げていただきたいと思います。出場された職員の皆さん、お疲れ様でした。

 20190518

「地域産業振興構想の策定」について

 

 

(2)午後に、「ふたば園まつり」に出席しました。

ふたば園まつりは、施設を利用される方と地域の方々が一緒に楽しんで交流を図ることを目的とし、開かれた特色ある施設としての紹介も兼ねて毎年開催されています。

201905182

今年も多くの方々にお越しいただいたことで、「共に生きる社会」の実現に近づくことができ大変嬉しく思います。そして、社会福祉法人ふたば園様には、日ごろから福祉の向上に多大なご尽力を頂いておりますことに深く感謝申し上げます。楽しいひと時をありがとうございました。

「ふたば園」について

令和元年5月17日(金曜日)

(1)午前に、「自衛官募集相談員委嘱状交付式」に出席しました。

自衛官募集のために自衛隊志願者に関する情報提供や、相談活動など募集業務のためのパイプ役として、今回13名の方たちに委嘱状を交付いたしました。近年多発している自然災害や様々な困難の解決のためには自衛官が不可欠です。相談員である皆様によるご協力のほど宜しくお願いいたします。

 201905171

(2)午後に、「萩ジオパーク推進協議会定時総会」に出席しました。

今回の定期総会では、平成30年度の事業報告並びに決算報告等に加え、新年度の事業計画・予算案といった審議を行い、日本ジオパークとしての活動をしていくための協議会体制の改編、規約改正の審議を行いました。昨年の日本ジオパーク認定に留まらず、萩ジオパークの更なる発展を目指してまいりたいと思います。

 201905172

「萩ジオパーク推進協議会」について

(3)夜に、「萩温泉旅館協同組合・はぎ温泉配湯協同組合の通常総会合同交流会」に出席しました。

今年のゴールデンウィークにおける全体の観光客数は、前年と比べ約31%の増加となり、ほとんどの施設やイベントで増加となりました。そして、来年には東京2020大会の開催を控えた今、外国人の受入環境の整備等は喫緊の課題です。
これらの課題解決には、市民・民間事業者・行政がしっかりと手を携え、それぞれに求められる役割を果たすことが重要であり、そのためにも、旅館協、温泉配湯組合の皆様には、引き続きご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和元年5月14日(火曜日)

午前に、米子市で開催された「中国市長会 総会」に出席しました。

中国各県の市長会から上がってきた要望事項を審議し、国へ要望するため、6月に開催される全国市長会議へ諮る議案として決定しました。市長会を通じて国等への要望をしっかりとしていくとともに、国の補助事業などの情報収集や、他の自治体の先進的な事例に触れる場としても活用していきます。

20190514 201905142

令和元年5月13日(月曜日)

午前に、「萩市保健推進員委嘱状交付式」「萩市保健推進協議会総会」に出席しました。

保健推進員とは、市民の健康保持・増進を図るために地域住民の方たちに密着し、地域における健康問題を行政に伝え、反映させるなど行政と家庭をつなぐ役割を担う方たちです。

20190513 20190513

この度、新たに25名の新任の保健推進員の方たちを加え、再任の方と合わせて174名の保健推進員の皆様へ委嘱状を交付させていただきました。これからも市民の方たちがいきいきと自分らしく健康で、実り豊かな生涯を目指すためには、地域ぐるみの活動を強力に保健推進員の方たちの力が必要です。今後ともご協力のほど宜しくお願いいたします。

令和元年5月12日(日曜日)

(1)午前に、山口市で開催された「あいサポート企業・団体認定証授与式」に出席し、キラリンピック(山口県障がい者スポーツ大会)の観戦をしました。 

「あいサポート企業・団体」とは、障がいのある方への必要な配慮等を理解し手助けをすることで、誰もが暮らしやすい地域社会を作っていく「あいサポート運動」に積極的に取り組む企業・団体のことを指します。
この度、萩市役所は「あいサポート運動」を職員研修で学び、山口県から「あいサポート企業・団体」として認定をいただきました。
認定証  20190512
あいサポート企業・団体認定証    認定証を授与された企業・団体の皆様

201905122
キラリンピック観戦

これからも日々の窓口業務はもちろんのこと、日常生活においても誰もが暮らしやすい地域社会を作れるように励んでまいります。

「あいサポート企業・団体」の認定について

(2)午後に、「萩・夏みかんまつり」での「萩・魅力PR大使任命式」に出席しました。

この度、歌手である原田 悠里(はらだ ゆり)さんをお招きし、「萩・魅力PR大使」に任命をさせていただきました。

201905123 201905124
原田さんは、「指月山」「夏みかん」「鍵曲」「藍場川」などが歌詞に盛り込まれた新曲「萩しぐれ」をリリースされました。この曲を全国で披露していただくことで、萩市の魅力を全国にPRしていただきたいという思いをこめて、この度、萩・魅力PR大使に任命することとなりました。

任命後には、新曲の「萩しぐれ」を含む数曲をご披露いただき、会場の皆さんが一体となって盛り上がる任命式となりました。今後の、歌手としてのご活躍はもちろんのこと萩・魅力PR大使として萩市のさらなる魅力発信に期待しております。
201905125

「萩・夏みかんまつり」について

令和元年5月10日(金曜日)

夜に、「萩市PTA連合会交流会」に出席しました。

PTAは、保護者と教職員が手を携えて学校教育を充実させ、学校と地域、家庭をつなぐ重要な組織であります。幼少期から生涯にわたるひとづくりの指針「萩市ひとづくり構想」を実現するためにも、今後ともPTAの皆様のお力添えのほど宜しくお願いいたします。 

「萩市ひとづくり構想」について

令和元年5月9日(木曜日)

(1)午前に「減災対策協議会」に出席しました。

本協議会は、山口県土木建築部河川課の主催により、萩・阿武地域の県管理河川における大規模氾濫について協議を行いました。
201905091
主な議題としては、洪水時におけるダムでのホットラインの運用や、水害対応タイムラインといった災害時に発生する状況を想定した上で、「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目した防災行動とその実施主体を整理した計画について話し合いました。いつ起こるか分からない自然災害に備え、これからも県などの関係機関と連携を図り、対策を進めてまいります。

 

(2)午後に、「産業戦略本部」に出席しました。

令和元年度、最初の「産業戦略本部」では、新年度予算における既存事業および新規事業について「地域産業振興構想」に掲げる7つの基本方針に沿って議事を行いました。

201905092

特に今回は「雇用」をキーワードに「市内事業者の人材確保と雇用機会の拡大」をテーマに活発な意見交換を行うことができました。これからも、これらの産業戦略をスピード感をもちながら、計画的かつ着実に実践をしてまいります。

令和元年度「萩市産業戦略本部」(第1回)について

(3)夜に「萩保護区保護司会交流会」に出席しました。

保護司とは、保護観察や犯罪予防活動を通じて、罪を犯した方の改善及び更生を手助けされている非常勤の一般職国家公務員の方を指します。
萩市では、7月に完成予定の新総合福祉センター内に萩保護区保護司会の活動拠点として「更生保護サポートセンターはぎ」の事務所が設置されます。今後とも、福祉分野の支援機関とも連携を図り、より一層ご活躍をされることを期待しております。

 令和元年5月8日(水曜日)

午前に、「萩市インキュベーションセンター・山口大学サテライトラボ萩」の開所記念式典に出席しました。

1225231 201905082

この施設は山口銀行様から建物を借り受け、1階を山口大学のフィールドワークの拠点施設としての活用や、大学の一般公開講座の開催による人材育成を目的とした「山口大学のサテライトラボ(研究室)萩」として、2階は起業を目指す方や創業間もない事業者などを支援するためのシェアオフィス「萩市インキュベーションセンター」として開設いたしました

201905082
2階「シェアオフィス」

今後は、「萩市基本ビジョン」に掲げる「暮らしの豊かさを実感できるまち」に向けた取り組みとして、本年を「産業再生セカンドステージ」と位置づけ、地域産業の振興や起業・創業のさらなる促進など様々な施策に取り組んでまいります。

 「萩市基本ビジョン」の策定について

 「地域産業振興構想の策定」について

 令和元年5月7日(火曜日)

午前に、「山口県漁協はぎ女性部通常総会」に出席しました。

はぎ女性部の活動は、県下でも一番活発との呼び声が高く、魚料理教室を通した魚食の普及活動や、水産加工品の開発などのほか、海浜清掃や廃油石鹸の作成・販売などにも取り組まれています。
20190507

萩市では、新規漁業就業者・担い手の確保等を目指す中、今年度より新規就業の支援制度の創設や、萩産の水産物を活用した魅力ある商品開発・販路拡大等に取り組むグループへの助成制度も創設しました。しかし、これらの支援・助成制度を活用していくためには、女性部の皆様のサポートが必要不可欠ですので、今後とも、皆様のお力添えを賜りますようお願いします。

 令和元年5月5日(日曜日)

午前に、「相島港まつり」に出席しました。

「相島港まつり」とは、相島八幡宮にて豊漁祈願を行った後にお神輿を載せた漁船に先頭に数十隻の漁船が、海上安全と豊漁を祈願して、相島の周囲を一周するおまつりです。
相島港まつり2

その他にも、相島小中学校や当日帰省した子供たちによる稚魚の放流やもちまきなどが開催され、多くの島民の方たちでにぎわっていました。
相島港まつり1 相島港まつり3

また、萩市としては令和3年4月の相島への新船就航に向けて防波堤や岸壁の整備を実施してまいります。
相島では新鮮な海の幸のほか、これからの季節は甘くて美味しい「相島西瓜(すいか)」が収穫されはじめます。市内外の皆様もぜひ、相島に遊びにお越しください。

相島港まつり5

「相島」について

「相島の西瓜」について

 「相島~萩 時刻表」について

 

令和元年5月3日(金曜日)

(1)午前に、「萩・大茶会」にまいりました。

「萩・大茶会」は、萩市内の4流派の関係者の方々のご協力により、今年で23回目を迎えるゴールデンウィークの萩の一大イベントです。最初に、志都岐山神社で行われた献茶式に出席し、その後各流派のお茶席にまいりました。

daichakai1 daichakai2 daichakai3

※市内4流派とお茶会場は下記のとおり

・遠州流萩支部   :花江茶亭・梨羽家茶室
・裏千家淡交会萩支部:旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
・小堀遠州流萩支部 :萩博物館
・表千家萩千萩会  :旧久保田家住宅

201905030 daichakai4
花江茶亭・梨羽家茶室        旧厚狭毛利家萩屋敷長屋

daichakai5 daichakai6
萩博物館                 旧久保田家住宅 

「萩・大茶会」について

(2)昼に、「萩往還まつり 技・明木展」にまいりました。

「萩往還まつり 技・明木展」の会場である明木は、かつて参勤交代の宿駅で栄えた町であり、県内外の熟練の“技”をもつ職人の方々が生み出す伝統工芸品等を求めて多くの方が訪れていました。
201905036

私もいくつかの伝統工芸品等を購入し、その中でも「着物フォトコンテスト2018」で萩市長賞を受賞された和田稔さんの作品を市長室の応接室に飾らせていただきました。
201905037

「萩往還まつり 技・明木展」について

(3)午後に、「萩焼まつり」にまいりました。

萩焼即売会のほか、テーブルコーディネート展やろくろ体験や萩焼が当たるスクラッチ抽選などもあり、多くの来場者でにぎわいを見せていました。

萩焼まつり

「萩焼まつり」について

令和元年5月1日(水曜日)

午前0時に平成から令和への改元と同時に「婚姻届けの臨時受付」を行いました。

夜間の臨時受付では、萩市長自らが婚姻届を受理し、吉田松陰先生の筆跡で「令」「和」と書かれた「松陰先生筆跡オリジナル萩焼」ペアカップを進呈しました。 

午前0時から1時までの受付に婚姻届を提出された方は市内外から5組、午前8時30分から午後5時までの受付に提出された方は14組と、計19組のご夫婦が令和初日に萩市で誕生いたしました。改めて、皆様の末永いお幸せをお祈り申し上げます。

201905011
記念すべき1組目は萩焼がお好きなお二人でした

konin2 konin3 konin4
市民課前ロビーに設置された写真撮影用ブースで皆さんと記念撮影