ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 令和元年7月

市長の1日(活動報告) 令和元年7月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月31日更新

令和元年7月30~31日(火~水曜日)

7月30~31日 宮城県石巻市訪問

7月30~31日に「石巻川開き祭り」へ出席のため、宮城県石巻市を訪問し、石巻市防災センター等を視察しました。
東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、8年余りの歳月が流れました。改めて、最愛のご家族を失われたご遺族の方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。
石巻川開き祭りは、萩市出身の川村孫兵衛重吉翁(かわむらまごべえしげよしおう)の偉業(※1)を称える報恩感謝として、また、東日本大震災で犠牲になった多くの方々への鎮魂、そして石巻市の復興への希望として開催されております。
川村孫兵衛翁が萩市出身であったご縁で、石巻市と萩市は、平成28年4月に友好都市提携に関する協定を締結いたしました。友好都市締結後、両市の川村孫兵衛翁ゆかりの地を巡るスタンプラリーの実施や、石巻寺崎はねこ踊り保存会の皆様が、昨年の萩夏まつりにご参加いただき、寺崎はねこ踊りをご披露いただくなど、両市の交流を深めてまいりました。
今後も、川村孫兵衛翁が取り持つご縁を大切にし、亀山石巻市長とともに、両市の繁栄に寄与する様々な分野の交流事業を展開してまいりたいと思います。改めまして、この度はご招待いただき誠にありがとうございました。

※1 川村孫兵衛翁の偉業について
川村孫兵衛翁は、戦国大名の毛利輝元公に仕え、後に仙台藩主伊達政宗公の家臣となり、土木技術や測量に優れた能力を発揮し、治水や新田開発のため北上川の改修にあたったほか、築港工事も行い東北の海運ルートを開き、石巻発展の礎を築きました。

201907302  2019073005
川村孫兵衛翁 報恩祭        川村孫兵衛翁 墓前供養祭

2019073101 201907303
「がんばろう石巻」看板        被災地での献花

20190730
石巻市防災センターを視察 

「石巻川開き祭り」について

令和元年7月29日(月曜日)

国指定天然記念物見島ウシ産地指定90周年記念式典

現在、見島には日本の数少ない在来牛である見島ウシが74頭存在しております。これまでこの見島ウシが途絶えることなく受け継がれてきたのは、見島牛保存会の皆様方を始め、関係各位の長きにわたるご尽力の賜物であり、深く敬意を表するとともに厚くお礼申し上げます。改めて、天然記念物「見島ウシ産地」指定90周年おめでとうございます。

201907291

見島牛について

 

山口銀行「萩はってんクラブ設立20周年記念例会」

萩はってんクラブは、会員同士の交流と地域の繁栄を目的として、山口銀行萩支店の取引先である地域の企業経営者の皆様が集まり平成11年に設立されました。これまでも、地域の経済の発展や地域活性化など、さまざまなテーマをもとに例会を重ねられ、この度、設立20周年を迎えられたとのこと、長年の活動に深く敬意を表するところです。
萩市においても若者の流出が続き、商工業や農林水産業の担い手不足から、地場産業の廃業などもあり、まちの活力がなくなってきています。まちの活性化には、産業の再生が必要不可欠であり、昨年から様々な事業を展開し元気な産業振興を後押ししてきました。今年は「産業再生セカンドステージ」と銘打ち、産業再生を次のステージへ進めるため、地域資源を最大限に活用し、経済活動が促進することを目指しておりますので、引き続きご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。改めて、萩はってんクラブ様の設立20周年記念例会の開催おめでとうございます。

 「地域産業振興構想の策定」について
地域産業振興

令和元年7月28日(日曜日)

「7月28日 萩市民防災の日」式典・防災講演会

平成25年7月28日に発生した萩市東部集中豪雨から、本日でちょうど6年の歳月が経過しました。私たちは、この豪雨災害の経験と教訓を風化させることなく後世に継承し、市民一人一人が自然災害についての防災意識を高めるために、毎年7月28日を「萩市民防災の日」とする条例を定めました。改めまして、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。

萩市民防災の日(7月28日)について

平成25年7月に発生した豪雨災害について

2019072806

 

第21回 むつみひまわりロードフェスタ

今回で21回を迎える「むつみひまわりロードフェスタ」は、植栽面積3.5haのほ場に22万本のひまわりを植え、伏馬山山麓、県道萩津和野線沿線に位置する「ひまわりロード」に見事に花開いてくれました。一面にひまわりが広がる景観は、黄色い絨毯を敷き詰めたようで圧巻でした。
このむつみ地域では、春の菜の花、夏のひまわりを中心に季節の風物詩を演出しており、主催者となる「むつみひまわり咲かせ隊」の皆様におかれましては、平素からほ場の管理、イベント開催など、萩市の観光振興において多大なるご尽力いただき誠にありがとうございます。今後も、地元の自然を活用した未来につながる魅力ある地域振興に寄与いただきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

201907283 201907287

2019072804 
皆さん心待ちにしていた餅まき

2019072805
こいこいがんこ村を受け継ぎ、新たにオープンした「マーケット623」でスイカを購入

 むつみひまわりロードフェスタについて

 

須佐湾大花火大会

この須佐夏まつりは7月25日の祇園祭に始まり、27日からは弁天祭りへと4日間に渡って開催される須佐地域最大のイベントです。そして本日28日は、「須佐夏まつり」のフィナーレを飾る須佐湾大花火大会です。
この花火大会は毎年、地域の住民の皆様、地元事業所や萩市にゆかりのある企業や個人の方々など、多くのみなさまのご支援により成り立っており、約4,000発の豪華絢爛な花火が打ちあがることを、須佐地域の皆様はもちろん市外からも訪れる多くの人たちが楽しみにされています。このお祭りを盛り上げるためにご尽力された、須佐漁協青壮年部をはじめとする、須佐夏まつり実行委員会の皆様、そして多大なご支援をくださった皆様に深く御礼申し上げるとともに、今後ともご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

201907281 20190728

 須佐湾大花火大会について

令和元年7月27日(土曜日)

第34回 萩北浦少年野球大会 

本大会は昭和60年の第1回目の開催から数えると今回で34回目を迎えます。そして、市内の6つの少年野球チームに加え、市外から24チームもの少年野球チームに出場いただき、開催地である萩市を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。8月からは皆さんが憧れている夏の甲子園大会も開幕し、来年の東京オリンピックでは3大会ぶりに野球競技が行われます。このような甲子園やプロ野球と言われると、遠くにある夢の世界のように思えますが、皆さんの中にも必ずチャンスがあります。今日の大会だけでなく、日々の練習の中でも努力を重ねて、是非そのチャンスを掴み取ってください。
今日明日と暑い天気が予想されますが、体調には気を付けつつ頑張ってください!
201907271

2019072708
元大学野球部の威信をかけて始球式をさせていただきました

第2回 萩地魚調理体験

地魚調理体験は昨年度、明治維新150年の節目の年に「150年後にも伝えたい地元の味」をテーマに開催され、大好評につき本日2回目を迎えられました。私も妻とともに参加をさせていただきましたが、1年を通して新鮮な魚が獲れる萩市で、このようなイベントが開催されることを大変嬉しく思とともに、今後も継続的に開催されていくことを心より願っております。小学生の皆さんには地元の味が150年後にも伝わるように、今日食べた味を忘れずに後世に伝えていただくとともに、魚が美味しいふるさと萩で生まれ育ったことを是非、誇りに思っていただきたいと思います。

第2回 萩地魚調理体験について

令和元年7月26日(金曜日) 

萩市総合戦略推進委員会

「萩市総合戦略」は、萩市基本ビジョンに掲げる「めざすまちの姿」の実現に向けた多岐に渡る政策と、具体的な目標・取組を掲げた基本的計画として位置付けており、本日は昨年度の主な取組の効果検証を議題といたしました。昨年度の実施事業の結果と、その要因をしっかりと皆様にご説明し、その上で皆様からいただいたご意見を、本検証結果を更なる地方創生の推進に向けて、今後の事業にいかし、次につなげていきたいと考えております。

201907261

「萩市基本ビジョン」の策定について
萩市基本ビジョン

萩市空家等対策協議会

近年、空き家対策は新聞やテレビ等でも話題となっており、防犯や防災・景観という観点から見ましても大きな問題となっています。「住宅・土地統計調査」によると、萩市には約5,000戸空き家があると推計されています。これは大変な数ですが、全国の空き家の数は846万戸、山口県でも12万6,500戸あり、今後も空き家の数は増加していくことが見込まれます。萩市の空き家対策は、平成29年3月に策定した「萩市空家等対策計画」に基づき、様々な空き家に関する課題について、市民の生活環境を保全するとともに、活用を促進することにより、まちづくりの活性化を図ることを目的としています。
今後とも委員の皆様方には、不動産・建築・防犯・生活環境など様々な方面からのご意見をいただき、萩市の空家等の対策に取り組んでまいりますので、引き続きご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。

201907241

 「萩市空家等対策計画」について

令和元年7月25日(木曜日)

 萩市民生委員児童委員協議会総会

民生委員児童委員の皆様は、日頃の住民生活の把握や自立した日常生活に向けての相談・助言、さらには福祉サービスを利用するために必要な情報の提供や関係機関と連携した活動支援など、多岐に渡りご理解とご協力をいただき心より感謝申し上げます。また、今年11月30日には3年の任期が満了し、12月1日より次期委員が委嘱される民生委員一斉改選の年にあたります。この民生委員制度が各地域から絶やさない為に、委員の皆様におかれましては、次期任期への継続、また適任候補者の推薦をお願いさせて頂いております。これからも地域福祉推進のために皆さまにご活躍くださいますよう心からお願い申し上げます。

201907251

令和元年7月24日(水曜日)

 萩市世界遺産活用推進協議会総会

本協議会は、世界遺産に登録されました「明治日本の産業革命遺産」の23の構成資産のうち、萩市内にある5つの構成資産の活用や理解増進を図ることを目的に設立されました。世界遺産は、顕著で普遍的価値を持つ人類共通の遺産であり、過去から現在に引き継がれているものです。そのため、登録後も萩の構成資産の保全のみならず、活用についてもしっかりと行っていく必要があります。今後とも、本協議会が萩にある世界遺産を活用推進していくためのものであることを事務局一同においても再認識し、保全と活用推進してまいりたいと考えますので、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

2019072401

全国大会出場選手激励会

全国高等学校総合体育大会に市内3校(萩高等学校・萩商工高等学校・萩光塩学院高等学校)から陸上競技、柔道競技、卓球競技、少林寺拳法の4競技で出場される選手たちに激励を行いました。皆さんの健闘を心より願っております。

201907241

全国高等学校総合体育大会に出場される選手の詳細についてはこちら [PDFファイル/74KB]

令和元年7月23日(火曜日)

鎌倉市ジュニア訪問団萩市表敬訪問

萩市と鎌倉市が姉妹都市締結から今年で40年という節目を記念して、鎌倉市長をはじめ、市内の中学生が萩を訪れました。これまで両市が長年培ってきた交流の輪を未来につなげ、更なる発展を目指すために、鎌倉市の中学生の皆様には、萩市の中学生と萩・明倫学舎の見学やぞうきんがけレース、ジオツアーへの参加、松陰神社への参拝など様々なアクティビティを経験していただきました。鎌倉市長をはじめとする鎌倉市ジュニア訪問団の皆さん、今後とも友好な関係が続くよう宜しくお願いいたします。

201907231  201907232

令和元年7月21日(日曜日) 

萩市越ヶ浜保育園大井分園竣工式

本日、新たに萩市越ヶ浜保育園大井分園が完成し、竣工式を挙行することができました。この保育園は、山口県内では他にない公設民営による認可保育所として、萩市社会福祉協議会に運営を委託し7月29日より開園いたします。施設整備にあたり多大なるご理解・ご協力を賜りました地域の皆様、そして卓越した技術により無事工事を施工された工事施工者の皆様をはじめ関係各位に、感謝の意を表します。
萩市といたしましても、子どもたちの笑顔あふれる子育ての拠点として、多くの方に活用していただき、安心して子どもを産み育てることができるよう運営に努めてまいりますので、今後とも皆様にはさらなるお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

201907211 201907212

長州ファイブジュニア英国語学研修出発式

萩市では次代の萩を担う市内中学生5名を、現代の長州ファイブジュニアとして7月29日~8月13日の計16日間イギリスへ派遣をし、長州ファイブの志を学ぶとともに、その語学力の向上と文化的な交流を目的とした事業を行っております。
5名の研修生には、広い視野を持ち新たな視点から考え、また研修で出会う人との関わりを大切にしながら、周囲のひとのために行動できる人となっていただきたいと思います。そして、研修をただの思い出として終わらせるのではなく、学び、経験したことを今後の自分の人生、そして社会のために生かしてください。それでは、いってらっしゃい!

201907231 201907232

幕末に長州藩からヨーロッパに秘密留学した5人「長州ファイブ」について
伊藤博文、井上馨、山尾庸三、遠藤謹助、井上勝

令和元年7月20日(土曜日)

御船謡謡い初め

住吉祭が本年で360回目の節目を迎えられることを受け、長州藩毛利家当主であられる毛利元敦様をお招きし御船謡の謡い初めが行われました。元来、毛利氏の御座船唄(ござふねうた)として藩主が乗船するときなどに演唱されていた御船謡を毛利様と観賞することができ大変嬉しく感じました。
また御船謡当日は、住吉祭開催360回を記念し、女性のみの担ぎ手で市内を練り歩く「おんな神輿」もあわせて開催されます。こちらは、「萩・明治維新150年祭記念事業」のうちの市民提案型事業「みんなの150年プロジェクト」に選ばれた事業でもあり、参加される女性の担ぎ手の皆様には、住吉祭をはじめとした萩の夏祭りを大いに盛り上げていただきたいと思います。改めて、開催360回をお祝申し上げますとともに、お祭りの開催にご努力いただいている住吉神社様をはじめとした浜崎の皆様に深く感謝を申します。

御船謡について

  

令和元年7月19日(金曜日)

  山口県飲食業生活衛生同業組合萩支部「萩は夜を愉しむ」お披露目式

山口県飲食業生活衛生同業組合萩支部様により萩のナイト観光を紹介したリーフレット「萩は夜を愉しむ」のお披露目式が開催されました。このリーフレットにより、旅行消費額及び宿泊者数の増加に繋がる効果が大いに期待されます。
支部会員の皆様におかれましては、萩のナイト観光の情報発信をしていただくなど、飲食観光の充実に向けた取組みにご尽力いただいており、心より感謝申し上げます。萩市といたしましても、今回のリーフレットのPR等の面でもしっかりと協力をしてまいります。

20190719

「萩は夜を愉しむ」リーフレット [PDFファイル/5.22MB]
萩の夜を愉しむ

全国大会出場激励会(少年剣道大会、わんぱく相撲、女子軟式野球、少林寺拳法)

萩市内の小中学生が剣道、相撲、軟式野球、少林寺拳法の4競技で全国大会に出場されるにあたり、選手たちに激励を行いました。皆さんの健闘を心より願っております。

2019071911

全国大会に出場される選手の詳細についてはこちら [PDFファイル/74KB] [PDFファイル/67KB]

令和元年7月18日(木曜日) 

中国地区市町村教育委員会連合会 研修大会・交流会

本日、萩市において中国地区市町村教育委員会連合会研修大会が開催されました。研修大会を始める前に行われた歓迎のアトラクションでは、萩光塩学院書道部による書道パフォーマンスが披露され、会場が大いに賑わいました。
そして、研修大会ではご出席いただいた教育委員の皆様方には、日頃より各地の教育現場と密接に関わり合いながら、次代を担う人づくりのためにご尽力いただいておりますことに、深く敬意を表するとともに、皆様のますますのご活躍とご多幸を祈念いたします。

201907183

201907182  201907181
萩光塩学院書道部による書道パフォーマンス    蛍光墨汁で書かれた「一致団結」

令和元年7月17日(水曜日)

(株)宮本鐵工所工場増設に関する協定調印式

本日、山口県商工労働部企業立地統括監の坂田様のお立会いのもと、株式会社宮本鐵工所様と萩市との間で、工場増設に関する協定調印式を行いました。工場増設により事業拡大をされる宮本鐵工所様におかれましては、心よりお祝い申し上げるとともに、萩市にとりましても非常にうれしいニュースとなったこと感謝申し上げます。
萩市では、新たな産業の創出や地場産業の振興が課題となっており、市としましても商工業振興施策として、今年を「産業再生セカンドステージ」と位置づけ、地域産業の振興や起業・創業支援、企業誘致のさらなる促進に積極的に取り組んでいるところです。今後とも、株式会社宮本鐵工所様のこれからの益々のご発展を祈念しますとともに、萩市の産業の発展のためにご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

20190717

 「地域産業振興構想の策定」について
地域産業振興

令和元年7月16日(火曜日)

 ながと路観光連絡協議会常任理事会・定期総会・交流会

4市(萩・長門・美祢・益田)2町(阿武・津和野)の行政や観光協会、温泉旅館協同組合、関係観光団体20団体からなる「ながと路観光連絡協議会」は、昭和37年に発足し、今年で58年目となりました。皆様には、日頃より当協議会活動に深いご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
昨年度は、これまでの取り組みを検証した上で、新たな視点で「ながと路ブランド再構築事業」に取り組みました。今年度においても、協議会の皆様のご意見をお聞きし、4市2町からなるこのながと路エリアへ多くの方々にお越しいただけるよう、今後ともご理解・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

「ながと路」について

平成30年度 新たなイメージ・プロモーション
「ながと路~ワタシにミガキをかける女の旅~」
な

令和元年7月14日(日曜日)

 萩海運有限会社 職員永年勤続表彰式

勤続10年の表彰を受けられた皆様、誠におめでとうございます。皆様方は、平成21年に当社に入社されて以来10年、離島航路の運航に携わられ、無事故で安全運航、また、陸上勤務に精勤されてこられましたことに対し、感謝を申し上げます。これから暑い日が続きますが、どうか健康には十分に留意をいただき、引き続き業務に励んでいただきますよう、お願い申し上げます。

20190714

令和元年7月13日(土曜日)

帝塚山学院小学校臨海学舎閉所式

大阪府にある帝塚山学院小学校による臨海学舎の閉所式に出席しました。
この臨海学舎は、大正6年から始まり今回で103回目の開催を迎えられる大変伝統のある行事です。萩市での開催は平成23年から始まり毎年、菊ヶ浜で実施いただいております。
今年も帝塚山学院の皆様に臨海学舎で萩市にお越しいただき、今日まで大きなトラブルもなく最終日を迎えることができ、とても嬉しく思います。そして、皆様のたくましく日焼けし、はつらつとした表情からは充実した日々を過ごされたことが伝わってきました。この萩での臨海学舎の経験が皆様にとって良い想い出となり、今後の生活で役立つことを心より願っています。

2019071301

 菊ヶ浜海水浴場海開き

菊ヶ浜海水浴場は、指月山や笠山、萩の島々が一望できる雄大なロケーションで、白い砂浜に青々とした松が生い茂った白砂青松の美しい海岸は、環境省の「快水浴場百選」にも選ばれております。この美しい海岸を維持するため、「菊ヶ浜を日本一美しくする会」をはじめ、多くのボランティアの皆様が日ごろより清掃活動をされるなど、観光客や市民の皆様に楽しんでいただくため、地域一体となった取組みをされておりますこと深く御礼申し上げます。海水浴場をご利用の皆様が、事故なく安心して楽しんでいただけることを祈願するとともに、本日お集まりいただいた皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

201907131

菊ヶ浜海水浴場について

JA山口県萩統括本部 家の光大会

本日、家の光大会に参加された皆様におかれましては、萩市合併前からの皆様のたゆまない努力により、「萩たまげなす」や「萩相島スイカ」、「千石台だいこん」「山口あぶトマト」など、萩・阿武地域が誇るべき農産物を市内外に提供いただいていることに心より感謝申し上げます。また、これからのシーズンはメロンや桃、梨といった贈答品としても非常に喜ばれている農産物も出荷されることになっており、私自身も楽しみにしております。今後も会員の皆様が一致団結され、各地域において、次世代につながる強い産地づくりや魅力ある地域づくりが進められ、地域に多くの笑顔が溢れることを願っております。

2019071309 

令和元年7月12日(金曜日)

 萩・明治維新150年記念事業実行委員会

萩・明治維新150年記念事業は、平成29年度から3ヵ年にわたり、「萩・明治維新150年祭」として記念事業を展開しております。今後の記念事業といたしましては、4月の将棋の名人戦を皮切りに、様々な記念事業を実施していく予定としております。本日の実行委員会では、お集まりの委員の皆様方から、忌憚のないご意見をいただき、活発な議論になったと感じております。
今後の事業の実施につきましては、実行委員会の皆様をはじめ、市民の皆様や関係者の方々、そして、萩・魅力PR大使など全国の萩ファンの方のお力添えを得ながら、引き続き、全力で取り組んでいきたいと考えております。今後とも、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2019071203

 萩・明治維新150年記念事業について
150年

萩・明治維新150年祭 令和元年度イベントカレンダー

・神田松之丞 講談漫遊記 vol.3        ・萩・食の祭典2019
kandamatsunojo        hagishokunosaiten

久原房之助生誕150年記念講演会

本日は、久原房之助(くはら ふさのすけ)生誕150年を記念した講演会に参加しました。萩市出身の久原房之助は、茨城県日立市に日立鉱業を創業し、日本屈指の銅山に発展させた大実業家であります。また、萩市においても現在の萩商工高等学校の建設資金などを支援したほか、萩市須佐地域には波止場を建造するなど多大な支援をいただき、まさに今日の日本経済、萩市の礎を築いたと言っても過言ではありません。
また、久原氏の活躍を描いた映画「ある町の高い煙突」が本日より、萩市においても上映開始となることを受け、久原房之助を萩市の子供たちにも知ってもらうきっかけになればということで、日本鉱業の後身であるJX金属株式会社様より、市内の小学6年生、中学生全員に向けて映画の観賞チケットを寄贈いただきました。久原房之助の功績や思いを若い世代に語り継ぐとともに、私たちも久原房之助について学びなおすきかっけとなればと考えております。

2019071209

映画「ある町の高い煙突」
arumachinotakaienntotu

萩市漁業共励会交流会

本日、参加された漁業従者の皆様におかれましては萩の魚ブランド化の推進や萩・魚まつりの開催など、水産振興の各般において、平素より多大なご支援・ご尽力を賜っておりますことに対し深く敬意を表するところであります。
近年、「担い手不足」や「漁業者の高齢化」など厳しい状況ではありますが、萩市といたしましても、持続可能な水産業として、次代を担う後継者の確保が急務であり関係機関と連携して漁業就業者の育成・定着に取組んでいるところです。漁業に対する諸課題は多岐にわたりますが、皆様のご理解なくして、漁業振興と事業推進は叶いませんので、今後とも萩市の事業各般におけるご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

萩市自衛隊協力会定期総会

萩市自衛隊協力会総会の開催、心よりお祝い申し上げます。協力会の皆様におかれましては、平素より自衛隊と市民との親睦と交流を深める活動に尽力されていること深く感謝申し上げます。

令和元年7月11日(木曜日)

 萩市連合遺族会総会

戦争を知らない世代が大半を占める中、萩市としましては、二度と戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、恒久平和の実現に向け、平和の尊さ、戦争の悲惨さを語り継いでいくことが、戦争で犠牲になられた方々に応える私たちの責務であると痛感しております。また、本年も10月に市主催の戦没者追悼式を萩地域と須佐地域の2ヶ所で開催いたします。遺族会の皆様におかれましては、引き続き、戦没者追悼式の開催に際しまして、ご支援賜りますよう今後とも宜しくお願いいたします。  

2019071102

令和元年7月10日(水曜日)

 「須佐男命(みこと)いか」贈呈セレモニー

山口県漁協須佐支店の須佐一本釣船団では、7月~9月の毎週土日に開催される「須佐男命(みこと)いか」の活イカ直売市を開催しております。直売市では、山口県内各地より多くの方に訪れていただいており、平成21年度からこれまでのご愛顧に対するお礼と今後の更なるお引き立てのお願いの意をこめて「須佐男命いか」を県内の福祉施設などへ生きたまま贈呈しております。
今年度は、防府市内の介護老人保健施設「好日苑」と「みどり保育園」に「須佐男命いか」を生きたまま贈呈いたしました。なお、直売市最終日の9月29日には、「須佐男命いか祭り」を開催いたしますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

201907101 2019071007

2019071002 2019071003
活イカを載せた専用輸送車             須佐の一本釣り漁師から園児へ「須佐男命いか」を贈呈

2019071004 2019071005
「須佐男命いか」の触り方を説明           恐る恐る「須佐男命いか」に触れる園児たち

2019071006
園児と一緒に「須佐男命いか」に触れる池田防府市長

須佐男命いか直売市について
201907108

萩市町内会連合会通常総会・交流会

町内会長の皆様方には、日頃より地域防災活動や環境整備、美化活動など様々な地域課題に真摯に取り組んでいただき厚くお礼を申し上げます。萩市においては、各地域の方々が、生涯を通して健やかに、安心して住み慣れた地域で生き生きと生活していくことができるまちづくりに全力を尽くしてまいりますので、町内会長の皆様方には今後も、より一層のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

※「萩市町内会連合会」は今回の総会において、「萩市自治会連合会」に名称変更となりました。

令和元年7月7日(日曜日)

河川海岸一斉清掃

河川海岸一斉清掃は、萩市快適環境づくり推進協議会様による「萩市環境美化週間」の一環として、昭和38年から開催され、今年で56年目となる歴史ある市民総参加の清掃活動です。
また、毎年約16,000人以上の市民や小中学生も参加する三世代交流の場ともなっており、まさに日本一の清掃ボランティア活動と言っても過言ではありません。
市民の皆様には早朝よりたくさんのご参加いただき、心より感謝を申し上げます。私も回れる範囲で巡回と清掃活動をお手伝いさせていただきましたが、早朝から暑い気温の中、どの地域でも皆様が一生懸命に清掃に取り組んでおられ、感動を覚えるとともに、萩市の各地域のつながりの強さを再確認いたしました。

20190707

第17回 萩の瀬つきあじ祭り

萩の魚ブランド化推進協議会が中心となり、「瀬つきあじ」の消費拡大・PRを目的とした「萩の瀬つきあじ祭り」は、今回で17回目の開催を迎えることとなりました。開催にあたり実行委員会の皆様、また新鮮なアジの水揚げから販売までご尽力いただいている萩市大島のまき網船団の皆様には心より感謝申し上げます。
「瀬つきあじ」の美味しさの秘密は、昨年9月に日本ジオパークに認定された「萩ジオパーク」にあります。「維新とマグマの胎動の地」と称されている「萩ジオパーク」は、萩沖の阿武火山群の活動により魚が棲み付く天然の瀬や良質な餌に恵まれた好漁場となっていることで、脂の乗った美味しい「萩の瀬つきあじ」が獲れます。
また今回の「萩の瀬つきあじ祭り」だけでなく、7月13~21日の期間は「萩の瀬つきあじWEEK」と題し、萩ならではの「萩の瀬つきあじ」をメイン素材に使った創作料理を、市内15店舗の飲食店で提供しております。是非、これらの機会に「萩の瀬つきあじ」をご堪能いただければと思います。

201907072

201907073  2019070704
新鮮な「瀬つきあじ」を求めて大行列!!     名物「瀬つきあじの握り寿司」500貫!お1人様につき1貫無料!

 「萩の瀬つきあじWEEK」について
20190721

第57回 萩市民芸能の夕

この「萩市民芸能の夕」は、本年度で57回となり永年にわたり、障がい児・障がい者の発達支援と福祉の向上のために、「萩市手をつなぐ育成会」の皆様により開催されております。
「萩市手をつなぐ育成会」の前身である「萩市手をつなぐ育成連合会」は、昭和29年に結成されて以来、萩市の障がい者やその家族を支援するための福祉の向上にむけた取り組み、地域の方との交流活動などを積極的に実施されていることに、改めて敬意を表するとともに深く感謝申し上げます。萩市といたしましても、今後も誰もが自分らしく、ともに生きるまちづくりを目指して、みなさんと共に手を携えて推進してまいりたいと思いますので、引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

201907072

令和元年7月6日(土曜日)

 越ヶ浜小・中学校和船競漕大会

この和船競漕大会は、昭和46年の第1回から本年度の第49回に至るまで、約半世紀にわたり継続されてきた、全国的にもたいへん珍しい越ヶ浜地域の伝統的な行事です。
今日に至るまで練習を通じて、学校と地域が一体となり、子どもたちにふるさとである越ヶ浜地区の文化や伝統、人と人とのつながりを脈々と伝え続けてこられたことは、素晴らしい「ひとづくり」の取組であるとも考えます。これはまさに、萩市が掲げる市民と行政が人材育成の方向性を共有し一体となって推進していく「萩市ひとづくり構想」そのものであります。今大会の準備にご尽力いただきました越ヶ浜地区の皆様、漁協、PTA役員等の関係各位の皆様に感謝を申し上げますとともに、今後も継続して伝統ある本大会が開催されることを心より願っております。  

201907061  201907062

萩市総合福祉センター竣工式

本日、老朽化した旧萩市総合福祉センターの移転整備に併せ、様々な機能を持った福祉の拠点施設「萩市総合福祉センター」の竣工式を挙行いたしました。新庁舎は、鉄筋コンクリート造りの3階建、述べ床面積は約4,500平方メートルで、子どもから高齢者、障がい者の方を対象とした福祉関係の相談・支援を行う窓口を集約しております。そして、中国地方で初となる音声案内機能付きの多目的トイレなどバリアフリー化を徹底し、県内で初となる補助犬専用のトイレや聴覚障がい者向けに火事や災害の発生を文字で知らせる電光掲示板等も整備された施設となっています。
また、これまでの福祉センター機能に加え耐震性能を強化したことで、被災時も行政運営が継続して行えるようになったほか、緊急の避難場所としても利用でき、約6,000人の3日分となる非常食の備蓄をした施設となっています。

新しくなった萩市総合福祉センターが、市民の皆様に愛され、市民交流、生きがいづくり・健康づくりの拠点、またボランティア活動の拠点、並びに、行政及び防災の拠点施設として、その役割を果たすことが出来ますよう努めてまいりますので、皆様には大いにご利用いただきますようお願い申し上げます。

201907061

新しい萩市総合福祉センターについて

フロア案内 [PDFファイル/299KB]

総合福祉センターパンフ [PDFファイル/2.19MB]
総

「社会を明るくする運動」街頭啓発活動

この活動は「社会を明るくする運動」の啓発の一環として、毎年7月の第1土曜日にアトラス、サンリブ、ザ・ビッグで行われ、夕方には田町商店街の土曜夜市においても実施しております。
「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行のない明るい社会を築くことを目的としており、この啓発活動によって一人でも多くの方に賛同いただきたいという想いを込めてティッシュや団扇等の配布を行いました。今後とも皆様のご理解とご協力をいただけるよう励んでまいりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

201907062  201907063

第51回 山口県離島青年会議

私が会長を務めている山口県離島振興協議会による山口県離島青年会議に出席をしました。本会議は県内の離島の持ち回りで開催しており、今回の大津島(周南市)での開催で51回目を迎え、今現在も継続して開催されるのは山口県だけで誇るべき活動です。県内の離島の皆様がお互いに力を合わせ、自らの手で開催するこの会議が身近な問題をはじめ島の将来や発展について、心から話し合っていただく実りのある場として、今後も引き続き行われていくことを切に願います。
また、講演会・分科会等の後に開催された交流会では、県内の各島々でご活躍される皆様と、開催地である周南市の「食」を味わいながら交流をし、地域の枠を超えて様々な意見交換をいたしました。この場で得た貴重なご意見を参考にし、萩市の離島振興に活かしてまいりたいと思います。

2019007064

令和元年7月5日(金曜日)

 萩市老人クラブ連合会「いこいね萩スポーツ大会」

今回で第13回目を迎える「いこいね萩スポーツ大会」が萩市老人クラブ連合会様の主催で開催されました。
『暮らしの豊かさを実感できるまち』を目指す萩市は、安心して生きいきと生活を送ることができるよう、健康寿命の延伸に向けた取組を推進しているところですが、本大会の主催者である萩市老人クラブ連合会様の3つの活動方針である「社会奉仕」、「生きがいや教養の向上」、「健康の増進」はまさに、いつまでも現役で元気に明るく暮らしつづけることができる健康寿命の延伸に繋がっているものだと思います。今後も萩市老人クラブ連合会様の益々のご発展と、皆様方の健康寿命の延伸とご多幸を心からお祈りいたします。

20190705