ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長室 > 市長の1日(活動報告) 令和元年8月

市長の1日(活動報告) 令和元年8月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月31日更新

 令和元年8月31(土曜日)

熱中小学校萩明倫館オープンスクール

本日は、市内外より多くの方々にオープンスクールへご参加いただき誠にありがとうございました。この「熱中小学校萩明倫館」は、社会人の学び直しの観点から、萩の地で挑戦し、活躍してくれる人材を輩出したいと開校する決心をいたしました。オープンスクールにお集まりいただいた皆様には、ぜひ第1回目の10月19日(土)からは、受講生として参加いただきたいと思います。
改めて、熱中学園の堀田 一芙(ほった かずふ)理事長様をはじめ、熱中小学校萩明倫館校長である鈴木寛(すずき かん)先生、関係者の皆様には深く感謝を申し上げます。

20190831

熱中小学校萩明倫館とは
20190831

 

令和元年8月30(金曜日)

「萩まちじゅう博物館WAON」寄附受納式

萩市は、平成23年に、「マックスバリュ西日本株式会社」様と連携協定を締結しており、その一環として、「萩まちじゅう博物館WAON」カードを発行しております。そして、カード利用額の0.1%を萩市に寄附いただいており、今年も1,177,540円の寄附をいただき、連携協定の締結から寄附金額の累計額は、
6,100,923円となりました。萩市では、この多くの寄附金を財源として「萩まちじゅう博物館構想」の推進に活用させていただいております。
このようなかたちで「萩まちじゅう博物館構想」にご支援をいただいております「マックスバリュ西日本株式会社」様へ心よりお礼を申し上げます。萩市といたしましても、「マックスバリュ西日本株式会社」様と萩市が連携し、萩市の振興や市民サービスの向上に引き続き協働して取り組んで参ります。

 「萩まちじゅう博物館WAON」とは

「萩まちじゅう博物館構想」とは

20190831

萩博物館来場者150万人突破セレモニー

本日、萩博物館は2004年11月11日の開館以来、14年9ヵ月余で150万人目のご来場者をお迎えすることができました。地方都市の博物館としては異例の早さでの150万人達成です。
これもひとえにご来場者並びに関係者の皆様方のご支援の賜物であり、心より感謝申し上げるとともに、150万人目となった方は、誠におめでとうございます。
萩博物館におきましては、今後も「おもしろいね」と言っていただける博物館、何度も足を運んでいただける博物館となるよう、スタッフ一丸となって努力して参りますので、今後とも変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。

20190830

令和元年8月25(日曜日)

たまがわ夏まつり

本日、第21回たまがわ夏まつりが開催されました。今年も多くの地域住民の皆様や地元事業所、田万川にゆかりのある企業の方々など、多くの皆様のご支援により、約3,000発の豪華絢爛な花火が打ちあがりました。
この夏まつりの開催にあたりご尽力された、たまがわ夏まつり実行委員会の皆様をはじめ、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。深く感謝を申し上げるとともに、来年もこのように盛大な夏まつりとなることを心より願っております。

20190825

 

令和元年8月24(土曜日)

野村興兒氏 「旭日中綬章」受章祝賀会

この度、「旭日中綬章」を受章されましたこと、また本日このように盛大に祝賀会が開催されたこと誠におめでとうございます。
野村様におかれましては、平成5年10月に旧萩市の市長に、そして平成17年3月には市町村合併により新萩市の市長に就任され、23年余の永きにわたり、地方自治の確立と市制運営にひとかたならぬご尽力をされてまいりました。
改めて、「旭日中綬章」を受章されましたこと心よりお祝い申し上げます。

201908241

 

令和元年8月23(金曜日)

阿武萩和牛共進会

阿武萩管内の和牛の改良効果の確認と、畜産農家の和牛改良意欲の高揚および生産技術の向上を目的とした阿武萩和牛共進会に出席しました。阿武萩地域は古くから優良牛の産地であることから、萩市といたしましても肉用牛経営を阿武萩管内における地域農業の主要な基幹として位置づけ、皆様と共に地域畜産の振興を図ってまいります。
今後とも、阿武萩和牛共進会を契機に、肉用牛生産がますます発展することを心より願っております。
2019082304

第25回 阿武萩森林組合通常総代会

阿武萩森林組合におかれましては、阿武萩地域林業の中核的担い手として、林業振興に多大なご尽力をいただくとともに、森林資源の育成や森林保全に日々ご活躍いただき、深く感謝を申し上げます。
今後とも、地域林業行政の遂行に中心的な役割を担う組織として、萩市といたしましても綿密な連携により一層のご協力とご活躍をお願いいたします。そして、ご参会の皆様のますますのご健勝とご多幸を心より祈念いたします。

2019082303

萩市女性団体連絡協議会懇談会

萩市内の女性団体で構成された萩市女性団体連絡協議会の皆様との懇談会に出席しました。連絡協議会の皆様におかれましては、所属されている各団体での活動はもとより、市政全般にわたり、格別のご理解とご協力をいただいていることに、心から敬意を表しますとともに、深く感謝を申し上げます。
本日は、女性の皆様の視点から大変貴重なご意見をいただく機会となり、有意義な時間となったことを大変嬉しく思います。今後のまちづくりに反映させていただきたいと思いますので、今後ともご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。
2019082302

萩市ラグビーフットボール協会寄附受納式

本日、萩市ラグビーフットボール協会様からの寄附受納式を行いました。萩市ラグビーフットボール協会様は、毎年の萩夏まつりにおいて、バザーや輪投げを開催され、その益金を平成3年から萩市にご寄附いただき、今回で29回目となり、寄附金額の累計は133万円にもなります。萩市では、これまでいただきましたご寄附につきましては、交通遺児支援金支給事業や、ひとり親家庭を支援する団体(母子寡婦福祉連合会)への補助金などに活用させていただいております。
この長年にわたる萩市ラグビーフットボール協会様の活動に敬意を表しますとともに、この度のご厚意に心よりお礼を申し上げます。

2019082301

 

令和元年8月22(木曜日)

三島連絡協議会

離島教育振興のための意見交換の場でありますこの三島連絡協議会は、今回で41回目を迎えられました。これも一重にPTA会長様をはじめとする保護者の皆様と、小中学校でご活躍いただいている先生の方による離島教育の振興を願う強いお気持ちの表れかと思います。
萩市としても、ひとづくりについて市民と行政が一体となって、これからの新しい時代を切り拓くひとづくりを進めているところですので、皆様のご理解ご協力を今後とも宜しくお願いいたします。

20190822

令和元年8月21(水曜日)

萩市交通安全協議会総会

萩市交通安全協議会は、萩警察署や萩交通安全協会をはじめとする関係機関と連携し、交通安全運動を実施しております。しかし、萩市内では未だに交通事故が発生しており、関係者の方々の努力により、年々事故件数を減らしてはいるものの、事故を完全に無くすまでには至っておりません。
9月21日からは、秋の全国交通安全運動が始まります。期間内には、萩市内で多くの交通安全イベントや街頭指導が行われるので、皆様には引き続き交通安全へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 

201908212

第46回 萩市小中学校教育研究発表大会

萩市小中学校教育研究発表大会は、今日の教育課題の解決に向けた研修を深め、萩市の学校教育の充実と開かれた学校づくりを推進していくことを目的として開催されております。今後とも、萩市の教育ならびにひとづくりに大きく貢献をされること心より願っております。

2019082101

令和元年8月20(火曜日)

長州ファイブジュニア英国語学研修報告会

長州ファイブジュニアとして、イギリスへ派遣されていた5名の中学生よる研修報告会が行われました。
生徒の皆さんは、イギリスでの写真とともに時折、英語を交えた発表で研修報告を行いました。また16日間の研修では、英語の学習だけでなく、世界の様々な国の人々と出会い、交流し、多くの経験を積んできたようで、出発前に比べたくましくなったように感じました。かつて、長州ファイブの5人が、英国の文化や技術を学び、日本の近代化に大きく貢献したように、皆さんもこの研修で得た経験を生かし、大いに活躍してくれるものと期待しています。16日間にわたる研修お疲れ様でした。

201908201 201908202

令和元年8月18日(日曜日)

日本列島クリーン大作戦

「小さな親切」運動萩支部による菊ヶ浜で行われた「日本列島クリーン大作戦」に参加しました。「小さな親切」運動本部では、「美しい日本、美しい心」をスローガンに、海水浴シーズンが終了した後の海をきれいにしようとの思いから、萩支部の設立以来、毎年実施されておられますことに、深く敬意を表するとともに心より感謝を申し上げます。
早朝よりご参加された皆様、大変お疲れ様でした。今後とも綺麗な菊ヶ浜となるように、萩市といたしましても活動をしてまいりたいと思います。

20190818

萩市防災訓練

本日、台風を想定した萩市防災訓練が堀内地区にて行われました。たくさんの方々にご参加をいただき、誠にありがとうございます。近年、全国各地で局地的な短時間の集中豪雨、いわゆるゲリラ豪雨が頻発し、河川氾濫による浸水災害、崖崩れなどによる土砂災害の発生が増加しており、こういった自然災害はいつどこで発生するかわかりません。
災害対応には、「自助・共助・公助」という言葉があります。行政機関による救助活動すなわち「公助」には限界があり、災害発生直後の避難・救助活動においては、地域住民による助け合い、すなわち「共助」の重要性が指摘されています。
今後、こういった地域住民や各関係機関と一体となった防災訓練を、定期的に実施することで、萩市民一人ひとりが防災意識を高め、災害対応力の強化を図ることにより、災害に強いまちづくりを推進して参りたいと考えております。

201908182

山口県総合芸術文化祭 合唱コンクール山口県大会

県内から26団体833名の出演者の皆様をお迎えし、「山口県総合芸術文化祭 合唱コンクール山口県大会」が開催されました。こうして萩の地で盛会に開催できましたことを、地元市長として大変嬉しく思いますとともに、皆様のご来萩に感謝申し上げます。本大会は、山口県総合芸術文化祭の一環として開催されており、今回で74回目を数える伝統あるコンクール大会です。小学校部門から一般部門まで幅広く団体が参加されており、今日は日頃の練習の成果を存分に発揮されたものと思います。今回、各部門において優秀な成績をおさめられた団体の皆様におかれましては、心よりお祝いを申し上げるとともに、これから中国大会や全国大会へと続いていきますが、次のステージでの健闘を大いに期待しております。

201908183

201908184
会場を埋め尽くす多くの出場者たち

合唱コンクール山口県大会結果はこちら

 

令和元年8月15日(木曜日)

木間風鎮祭

木間の若宮神社で、五穀豊穣を祈願する風鎮祭(風避けの祭り)が行われました。風鎮祭では、「神代の舞」と呼ばれる神楽舞が奉納されました。また「神代の舞」は、約160 年前に木間地区に伝わったとされ、市指定無形民俗文化財にも指定されています。木間地区の五穀豊穣を心より祈願しております。

20190815 201908152

令和元年8月10~11日(土~日曜日)

8月10~11日 萩・白河踊り子ども交流団 福島県白河市訪問

萩市と白河市は、白河踊り(※1)を通じた交流事業を平成20年より実施しており、昨年には白河戊辰
150周年、そして萩・明治維新150年という節目の年に、両市において合同慰霊祭や式典など記念事業を実施し、鈴木市長と私をはじめ両市の皆様が相互を訪問し、交流を深めてまいりました。
そして、昨年8月には子どもたちを対象とした交流事業として、白河市の小学5・6年生16名の皆さんが萩市へ訪問され、今回は萩市で白河踊りが伝承されている地域の小学5・6年生15名を「萩・白河踊り子ども交流団」として白河市を訪問しました。両市の子どもたちは、白河踊り(盆踊り)への参加や、特産品であるだるまの絵付け、自然の中でのキャンプなどを行い、相互の自然や文化、歴史等を学び友情を育みました。
このような交流をきっかけに、両市の子どもたちが通じ合うことで、幕末・維新の萩物語を次世代につなげるとともに、将来を担う人材育成につながることを願っております。

※1 萩市と白河市のつなぐ白河踊りとは
1868年に起きた戊辰戦争で激戦地となった白河では、白河の領民と長州の兵士が、敵見方の区別なく共に犠牲となった人々を盆踊りで慰霊し、長州の兵士たちが萩に帰って以降も、戦友の慰霊のため、萩市内各地で盆踊りを踊り、「白河踊り」として各地域に根付いたと言われています。以来、150年以上たった現在でも、白河踊りがつなぐ両市の文化的交流を行っています。

201908101

201908102 201908103

 

令和元年8月8日(木曜日)

山口県立萩高等学校同窓会総会(八八会)

萩高等学校の源流とも言うべき萩藩校明倫館創建300年の記念すべき年に、本日、第70回八八会が盛大に開催されました。萩高等学校の卒業生である私も母校の同窓会が、こうして継続して盛大に開催されることを大変嬉しく思います。
また、来年は萩高等学校創立150年を迎えます。今年の八八会テーマである「維新伝心~新たなる時代への飛躍~」に込められた想いにあるように、これまで先輩方が築き上げてこられた歴史や想いを心で伝え、次代の若き人たちの新しい道となるように継続して八八会が開催されること心より願っております。

20190808

 

令和元年8月7日(水曜日)

七夕ジャックinゆかた

このまつりは旧暦の七夕に合わせて昭和30年代から田町商店街で毎年開かれている「七夕まつり」にて「七夕ジャック」を開催しました。「七夕ジャック」とは、昨年の秋の着物ウィークにて着物姿でお成道を埋め尽くす着物ジャック、そして今年のゴールデンウィークでは萩・明倫学舎で人文字をつくる着物ジャックを開催し好評であったため、この度、「七夕まつり」を浴衣姿で埋め尽くそうという企画です。
また、当日は市民団体や社会福祉施設などの一般参加と各商店の作成した七夕飾りのコンテストが行われており、浴衣姿の皆様だけでなく多くの方で賑わっておりました。ご参加いただいた皆様および企画の運営にご尽力いただいた田町商店街振興組合連合会の皆様に心より感謝を申し上げます。

2010908072

201908072

201908073
七夕飾りコンテスト「市長賞」受賞作品

令和元年8月6日(火曜日)

第1回 市長のお出かけトーク「NPO萩子どもセンター」

第1回目となる「市長のお出かけトーク」(※1)は、「NPO萩子どもセンター」様のところへお出かけをしてまいりました。
NPO萩子どもセンター様の成り立ちから子育て支援に関すること、また萩市が委託をしている児童館の運営について、萩市基本ビジョンの基本方針である「子育ての幸せが実感できるまちづくり」「未来を担うひとを育むまちづくり」をテーマにトークを行いました。今回のトークの中でいただいた貴重なご意見を萩市のまちづくりに反映させてまいりますので、今後ともご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。 

※1「市長のお出かけトーク」とは
これまで、「移動市長室」(H29年度)、「まちづくりセッション」(H30年度)により、皆さんの声を伺ってきましたが、今年度は「市長のお出かけトーク」と称して萩市長が皆様のところへ出向き、市内で活躍されている団体やグループの方々と「まちづくり」について意見交換を行います。

201908

20190806

「市長のお出かけトーク」について
odekaketalk

「萩市基本ビジョン」の策定について
kihonbijon

 

令和元年8月5日(月曜日)

 更生保護サポートセンターはぎ開所式

本日、萩市総合福祉センター内に「更生保護サポートセンターはぎ」が開設されました。日頃、皆様の保護司としての活動、そして「社会を明るくする運動」などを通じて犯罪のない明るい社会を作るために活動されておられますことに深甚なる敬意と感謝を申し上げます。
この福祉の相談支援窓口が集まる総合福祉センター内に、地域の更生保護の窓口である「更生保護サポートセンターはぎ」が入ることは、市民の方々に更生保護活動を広く知っていただくうえでも、また福祉分野の支援機関とも連携を図り、より充実した支援につなげていただくうえでも、大変意味のあることだと思っています。「更生保護サポートセンターはぎ」の益々の発展と、皆様方のご健勝とご活躍を祈念しております。

201908051

201908062

201908063
更生サポートセンター前にて(総合福祉センター2階)

全国大会出場選手激励会(陸上競技・柔道)

全国中学校体育大会に市内3校(萩市立東中学校・萩市立西中学校・萩市立むつみ中学校)から陸上競技、柔道競技の2競技で出場される選手たちに激励を行いました。皆さんの健闘を心より願っております。

201908052

全国中学校体育大会に出場される選手の詳細についてはこちら  [PDFファイル/67KB] 

 

萩おもてなし推進協議会総会

萩おもてなし推進協議会は、平成12年に「おもてなしの心にあふれたまちづくり」を目的に、市内の観光関連団体25団体で設立されました。行政や観光事業者だけでなく、市民も一体となって観光客に対するもてなし意識を高め、観光都市・萩のイメージアップの向上に努めております。11月末には旧萩藩校「明倫館」が創建300年を迎えるにあたり、全国から旧藩主のご子孫の方々をお招きする「全国藩校サミット」が萩市で開催されます。心温まるおもてなしの心で多くのお客様をお迎えしたいと思いますので、皆様におかれましても益々のご協力を賜りますようお願いいたします。

201908053

西京銀行「地域金融懇話会」

「地域金融懇話会」とは、西京銀行様による北浦地区におけるお取引きのある企業をお招きし、決算状況や取り組み・方針などを広く知ってもらう事を目的に開催されております。萩市におきましては、若者の流出が続き、商工業や農林水産業の担い手不足による地場産業の廃業などもあり、まちの活力がなくなっております。
そのため萩市では、雇用の拡大を目的とした起業・創業、企業誘致といった産業振興施策、安心して子どもを産み育てることができる子育て支援策など、次代を担うひとづくりに、ぶれることなく積極的に取り組んでいるところです。これらの実現のためには、銀行をはじめ地域企業の皆様のお力添えなしでは成り立ちません。西京銀行様そして本日お集まりの企業の皆様方におかれましても、これからも地域の発展のために一層のご協力を賜りますようお願いいたします。

 201908054

令和元年8月4日(日曜日)

船津地区防災訓練

船津地区において平成18年度より住民同士の共助により被害を軽減することを目的に「防災ふなつ」が設立されて以来、毎年さまざまな訓練を実施されております。また、有線スピーカーを町内中心部へ整備、避難経路などの看板の設置、「地震の心得十か条」の配布など地域の防災活動に積極的に取り組まれており、このような「防災ふなつ」の取組に深く敬意を表し、感謝申し上げるとともに、お集まりの皆様には、今後とも地域ぐるみの防災活動を継続していただき、防災意識の向上に努めていただきますようお願い申し上げます。

20190804

令和元年8月3日(土曜日) 

萩夏まつり 住吉神社 御船謡出立式

御船謡は、山口県無形民俗文化財に指定されており、毎年多くの来場者で賑わう萩の夏の風物詩はもちろんのこと、萩夏まつりの大トリを飾る伝統行事として多くの市民の皆様に親しまれています。
私も、浜崎新町に自宅があるため、幼いころから毎年この行事を楽しみにしており、法螺貝や三味線、太鼓といった楽器が織りなす音色とともに演唱者の歌声が響き渡ると、本格的に萩の夏が来たと毎年感じます。御船謡の伝統を代々引き継いでいくために、今日に至るまでに並々ならぬご尽力をいただいている「お船謡保存会」の皆様と、今年も御船を引っ張ってくださる萩高校の野球部・陸上部の皆様に感謝申し上げます。この先もこの伝統ある御船謡が継続して行われることを願っております。

令和元年8月2日(金曜日)

全国大会出場選手激励会(文部科学大臣杯 全日本少年少女けん玉道選手権大会)

小学生を対象としたけん玉競技大会「全日本少年少女けん玉道選手権大会」の西中国ブロック代表選考会で、‟けん玉ゆいちゃん“の愛称で知られる中村結さん(萩市明倫小学校4年)が見事優勝をされ、東京で開催される全国大会に出場されます。山口県からの全国大会出場は15年ぶり4人目となり、大変喜ばしいことであります。がんばれゆいちゃん!

20190823
がんばれ!ゆいちゃん!          

萩フロンティア大使委嘱状交付式

萩市外国語指導助手(ALT)を今年度離任する4名に「萩フロンティア大使」を委嘱いたしました。4名には、萩市と世界をつなぐ友好の懸け橋としてさらなる交流活動とともに積極的な情報発信を行っていただけることを期待しております。 

交付対象者
・スティーブン・フランシス・リマー(米国)

・ジャック・マイケル・ヤング(英国)

・ステファニー・レサール(カナダ)

・ヤナ・ヌデルマン(米国)

201908024

萩夏まつり おまつり広場開幕テープカット・オープニング・セレモニー

今年の萩夏まつりのキャッチフレーズは「新時代 かがやく萩の 夏まつり」です。元号が平成から令和に変わり、初の萩夏まつりですが、新たな時代の萩の町が輝かしいものとなることを期待させるキャッチフレーズとなっております。
今年の萩夏まつりは、毎年恒例である「市民総踊りヨイショコショパレード」を始め、住吉祭開催360回目を記念して、女性のみの担ぎ手で市内を練り歩く「おんな神輿」もあわせて開催されます。こちらは、「萩・明治維新150年祭記念事業」の一環である市民提案型事業「みんなの150年プロジェクト」に選ばれた事業でもあります。参加される女性の担ぎ手の皆様には、住吉祭をはじめとした萩の夏祭りを大いに盛り上げていただきたいと思います。そして、萩夏まつりの開催にご尽力いただいた関係者の皆様に心より感謝を申し上げるとともに、皆様の益々のご多幸とご健勝を祈念いたします。

201908025 

萩夏まつりヨイショコショパレード

今年のヨイショコショパレードは、20団体・900名を超える市民の方にご参加いただき、まつり会場を大いに盛上げていただきました。各団体ともに華やかな衣装や一糸乱れぬ華麗な踊りを披露いただきました。参加された皆様、そして観覧いただいた市内外の方々に感謝を申し上げます。明日はいよいよ萩夏まつり最終日です。たくさんの方からのお越しをお待ちしております。

201908027

令和元年8月1日(木曜日)

萩・日本海大花火大会

萩の夏の一大イベントである萩夏まつりが本日1日から3日まで開催されます。萩夏まつりの開幕を告げる「萩・日本海大花火大会」は、日本海をバックに約7,000発の色鮮やかな花火が舞い上がります。近くで花火を見るのも迫力があり良いですが、遠く離れたところから萩の夜景とともに花火を見るのもオススメです。
また明日2日は市民総踊り、3日は伝統行事「御船謡」、踊り車、住吉みこし・住吉おんな神輿などが行われます。市内外から多くの方にお越しいただけることを心より願っております。

20190801