ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 萩市議会基本条例(案)及び萩市議会議員政治倫理条例(案)に関するパブリックコメントの募集について

萩市議会基本条例(案)及び萩市議会議員政治倫理条例(案)に関するパブリックコメントの募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月3日更新

条例案の趣旨・目的・背景

萩市議会基本条例(案)について

 萩市は、平成17年に1市2町4村で合併し、離島や中山間地を含む約698㎢もの広大な面積を有する市となりました。 合併以降、地域毎に異なる行政課題の解決に向け、行政運営が行われてきましたが、合併から約15年が経過した今日、人口減少は進み、今後もそれがより加速的なものになることが予想されます。 こうした状況の中、地方自治における二元代表制の一翼を担う萩市議会の役割も、単なる議決機関に留まらず、行政運営について監視することはもとより、積極的に市民と対話を重ね、政策立案及び政策提言を行うことで、行政課題を解決していく必要があります。 このため、本議会に関する基本的事項を定めた議会基本条例の制定が必要であると考え、「議会及び議員の活動原則」、「危機管理」、「議会活動への市民参加」、「市民への説明責任」、「議会機能の充実強化」などを規定した、萩市議会基本条例の制定を目指すこととしました。

萩市議会議員政治倫理条例(案)について

 萩市議会では、前期議会の議会運営委員会において「議員の政治倫理」について協議を重ね、議員政治倫理条例(素案)をまとめたところですが、この経緯を踏まえ、今期議会において、議会の最高規範となる議会基本条例の制定とあわせ、議員政治倫理条例の制定を目指すこととしました。 この条例は、萩市議会基本条例(案)第23条第2項の規定に基づき、萩市議会議員の政治倫理に関する基本的事項を定めることにより、議員の政治倫理の確立を図り、これにより市民に信頼される公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的とするものです。 内容としては、議員が果たさなければならない最低限の責務について規定し、政治倫理に反する事実があるとの疑惑を持たれたとき、議員は速やかに、真摯かつ誠実に疑惑を解明しなければならないことを規定しています。 また、議員が政治倫理基準に反している疑いがあると思われる場合、他の議員が調査を請求できる手続きも定めます。

募集期間

令和2年2月3日(月曜日)~令和2年3月3日(火曜日)

公表資料の閲覧

公表する資料

閲覧場所

市政情報コーナー(萩市役所本庁1階)、萩市議会事務局窓口、萩市議会ホームページ

意見等の提出方法

所定の意見・提言提出用紙(議会事務局備え付け※萩市議会ホームページからダウンロード可)により、下記のいずれかの方法でご提出いただきます。
〇持参の場合…萩市議会事務局の窓口
〇郵送の場合…〒758-8555 萩市大字江向510番地 議会事務局
〇ファックスの場合…0838-25-3548
〇メールの場合…gikai@city.hagi.lg.jp

※提出いただいたご意見及び、意見に対する議会の考え方は、ホームページで公表します。その際、ご意見以外の内容(住所・氏名等)は公表いたしません。また、住所・氏名等の個人情報については、パブリックコメント手続き以外には使用いたしません。