ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 産業戦略室 > 旧明倫小学校3号棟・4号棟にかかる検討状況について(中間報告)

旧明倫小学校3号棟・4号棟にかかる検討状況について(中間報告)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月28日更新
旧明倫小学校3号棟・4号棟のあり方について7月23日(月)~8月31日(金)にかけてご意見を募集したところ、延べ295名(団体・グループ含む)の方々から貴重なご意見、ご提案をいただきました。大変ありがとうございました。
提出いただきましたご意見も広く参考として、今後、運営手法、整備・運営にかかるコストや収益性などの観点から市内部で検討いたします。今年度内に整備費、維持管理費(概算見込額)などを付した、建物活用、跡地活用などの最終プラン(複数案)をお示しし、市民アンケートなどの方法により民意を確認したうえで、総合的な判断によって市の方針を決定していきます。

提出のあった活用案の一例

建物活用の提案

貸事務所、貸店舗、学習室、キッズルーム、貸スペース(個人団体の活動の場、会議室、展示室、宿泊施設、カフェなど)、庁舎機能の一部移転など

現状保存の提案

外観維持および簡易な修繕、外観修繕後に事業者等の経費負担による活用を募集など

跡地活用の提案

有料駐車場、緑地公園、子供の遊び場、藩校遺構広場、跡地にコンサートホールの建設など

意見募集(結果報告)

提案を参考とした検討中の案のイメージ

「建物(校舎)活用」、「跡地活用」ともに「暮らしの豊かさを実感できるまち」(萩市基本ビジョン)を目指すにあたり、萩市の活力や賑わい創出に資すると見込まれるものや未来を担う人材の育成につながるもので、将来の負担とならないという観点で「産業ゾーン・文教ゾーン・交流ゾーン」とゾーニングし、それぞれのゾーンに合わせた機能・効果を持たせた活用方法のイメージ案です。現段階においてはできる限り多くのご提案を可能性として取り込み残しつつ、整理しております。
「現状保存」については案のイメージを整理しておりませんが、建物保存という方針を示し、保存に必要な修繕のみ行うものですが、民間事業者の投資やアイデアを活用したいという話があれば随時、条件を交渉するなど検討するものです。

今後の検討の進め方(スケジュール)