ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 産業戦略室 > 新型コロナウイルス感染症に伴う萩市経済対策(第2弾)「がんばろう萩!地域経済活性化支援対策」の実施について

新型コロナウイルス感染症に伴う萩市経済対策(第2弾)「がんばろう萩!地域経済活性化支援対策」の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月24日更新

 萩市では、この度の新型コロナウイルス感染症で影響を受け、事業活動に支障が生じている萩市中小企業者等対して、3月5日付けで保証料と3年間の利子に対する補助を付した低利融資制度を新たに創設したところです。
 今般、市内中小企業者をはじめ、地域経済への影響について更なる拡大が懸念されることから、経済対策の基本方針を打ち出すとともに、雇用の維持と事業の継続を最優先とする緊急支援対策の第2弾として、以下の措置を講ずることと致しました。

第1弾はこちら

萩市経済対策基本方針

 萩市においては、新型コロナウイルス感染症の影響により、旅行者による宿泊施設へのキャンセル等が発生している観光業をはじめ、製造業、小売業等様々な業種に、売上や受注の急減、生産活動の停滞などの影響がみられることを踏まえ、早期に対応すべく市独自の支援策として、経営に支障を来している事業者の当面の運転資金を融資する緊急支援対策を講じたところである。
 しかし、いまだに新型コロナウイルス感染症の収束への先行きが不透明な状況であることから、今後さらに事業者の経営環境は厳しさを増していくことが懸念される。このため雇用の維持と事業の継続を最優先とした第2弾の緊急対策を新たに実施することで地域の雇用と経済を支えている事業者の経営安定化が図られるよう強力に支援することとする。
 また、今後、感染の拡大が収束に向かう時期には、地域経済の速やかな回復を図るため、国、県の施策を注視しながらも、市として基幹産業である観光関連事業の活性化対策や、また事業者の販路拡大や売上向上に向けた取組みへの積極的な支援などの必要な措置を途切れなく講じることとし、官民一体となった経済活性化を実施することとする。

事業者向け緊急支援対策(第2弾)がんばろう萩!地域経済活性化支援対策

 次に掲げるの制度のうち、予算措置が必要なものついては、市議会の議決を経て実施することとなります。

(1)中小企業経営安定資金融資制度の拡充及び新設

 新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響のあった中小企業者に対して、諸経費支払や事業経営など経営安定化に必要な資金の融資制度の拡充及び新設を行います。
 【取扱期間】金融機関と調整後、速やかに実施 ~ 令和2年6月30日(火)

(2)「雇用調整助成金」の上乗せ助成

 国による従業員の休業手当の一部負担「雇用調整助成金」の市単独上乗せ助成を行います。
 【申請期間】令和2年2月27日(木) ~ 7月23日(木) ※国の申請期間に準じる

(3)萩市民による市内宿泊施設の利用助成

 市内の宿泊関連事業者を応援することを目的に、市民が市内宿泊施設を利用することへの助成を行います。
 【実施期間】令和2年4月1日(水) ~ 4月30日(木)

(4)事業者のマーケティング支援

 ふるさと納税サイト(ECモール)を活用した市外への販路拡大への支援を行うほか、生産者、中小卸小売事業者と量販店とのマッチングによる内需の振興に取り組みます。
 【実施時期】令和2年3月23日(月)~ 相談受付(産業戦略室 TEL 0838-25-3351)

(5)市税等徴収猶予制度及び国民健康保険料等の減免制度の適用(市民の方も対象)

 市税等の徴収猶予制度の適用
 国民健康保険料等の減免制度の適用(休廃業等の場合)
 専用相談窓口の設置(市民活動推進課 TEL 0838-25-3373)

 【適用時期】令和2年3月18日(水)以降の申請から適用する(令和2年3月18日付け総税企第45号 総務省自治税務局長通知)

収束期における地域経済活性化支援策(緊急支援策第3弾)に向けた検討

 新型コロナウイルス感染症の拡大が収束する時期には、地域経済の速やかな回復を図るため、市の基幹産業である観光関連事業の活性化対策や、また事業者の販路拡大や売上向上に向けた取組みへの支援などについて即効性や波及効果などの観点も意識し、内部で検討を開始します。

主な検討課題

・生産者、卸小売事業者などの販路拡大支援
・地産地消の推進
・観光対策(観光キャンペーンの拡充、旅行商品への助成など)