ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩市地域協議会への諮問について[最終答申](平成27年年3月17日)

萩市地域協議会への諮問について[最終答申](平成27年年3月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月13日更新
 萩市地域協議会は、合併して1年後の平成18年5月1日から平成27年3月31日までを設置期間として、合併前の萩市、川上村、田万川町、むつみ村、須佐町、旭村及び福栄村の区域ごとに設置され、合併後の各地域において、地域の産業、伝統・文化など特性を活かしたまちづくりが進められるよう、市からの諮問に対し答申を行うとともに、地域の課題や地域づくりに関する施策等について、市長に提言をしてきました。
 平成27年3月をもって、萩市地域協議会の設置期間が終了するため、平成27年3月17日に最終の萩市地域協議会(全体報告会)を開催し、平成26年2月14日に萩市長から諮問を受けた2項目について答申を行いました。
 今後はこの答申を参考に、よりよいまちを目指し市政を展開していきます。
答申書提出
野村市長(右)に答申書を手渡す萩地域協議会 山本惺史会長(平成27年3月17日 萩市役所大会議室)

諮問事項

【萩地域・川上地域・むつみ地域・旭地域・福栄地域】

「地域の将来展望について ~合併後10年を振り返り、地域の将来に向けて必要な取組は何か~」

答申内容

諮問事項

【田万川地域・須佐地域】

「地域の将来展望について ~7月28日災害を教訓として、地域の復興に向けて必要な取組は何か~」

答申内容