ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年6月4日 萩地域 大島小学校区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年6月4日 萩地域 大島小学校区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

▼質問・意見

 イベント開催時には島外から多くの方が訪れますが、定期船の乗船料と駐車料金が必要となるため、イベント参加者は駐車場料金だけでも無料にできないでしょうか。

▼回答

【市長】 以前、相島での離島青年会議や浜崎伝建おたから博物館では、市が関わり、主催側で駐車場を管理できることから、港の一部を無料駐車場としました。今年は、大島でも離島青年会議が開催されますが、このようなイベントがありましたらご相談下さい。

対応(平成28年9月末現在)

 各島のイベント開催を行う場合、使用条件を充たせば、萩商港荷捌倉庫西側駐車場を無料で使用できます。

▼担当課

 商工振興課


▼質問・意見

 萩海運(浜崎)の待合所のトイレは、全て和式トイレで、利用者からも洋式トイレにしていただきたいという要望が多いと聞いています。多目的トイレを利用されてもよいとは言われますが、障がい者の利用を考えると遠慮してしまいます。男女とも1基ずつ洋式トイレに改修いただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 萩海運が管理されるトイレですが、早速に対応したいと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 萩海運萩待合所(浜崎)のトイレは、男子便所:和式2基、女子便所:和式3基を設置しています。平成28年10月以降に男子1基、女子2基を洋式トイレに改修することを計画しています。

▼担当課

 商工振興課


▼質問・意見

 診療所に往診用の軽ワゴン車がありますが、救急患者が発生した場合、検査のため、患者を一旦診療所に搬送し、その後、港まで搬送している状況です。現場から港まで直接搬送することができ、車内で簡単な検査・処置ができるミニ救急車をご検討いただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 ある程度の機能を持つ救急車両は、規模等の課題があります。新たに整備する福祉複合施設とともに車両についても検討いたします。

対応(平成28年9月末現在)

 新たに整備する福祉複合施設とともに車両についても検討中です。

▼担当課

 地域医療推進課


▼質問・意見

 災害時の備蓄用品を公民館と中学校の倉庫にしていますが、手狭です。現在、自主防災組織の設立準備をしており、大島小学校体育館解体跡地に自主防災組織活動用資機材の保管用倉庫をプレハブでも良いので建てていただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 跡地利用について具体的な構想はありませんが、教育委員会では芝生化の構想があります。
保管庫については、新たに整備する福祉複合施設の中に設置するのか、もしくは別途新しい施設とするのか今後ご相談させていただきます。

対応(平成28年9月末現在)

 自主防災組織活動用資機材の種類及び数量、また災害時の備蓄用資器材、食糧及び飲料水を精査し、島内の公共施設における空きスペースの利活用も検討した上で、保管用倉庫の是非について今後ご相談させていただきます。(防災危機管理課)

 地元からも芝生広場として整備の要望をいただいていますので、来年度に実施する計画で考えています。(教育委員会総務課)

▼担当課

 防災危機管理課・教育委員会総務課


▼質問・意見

 島しょ部の消防力が強化されていますが、赤穂瀬地区の消防車は老朽化が進んでおり、以前の計画どおり、来年度に更新されるようお願いします。

▼回答

【市長】 萩市東部集中豪雨災害の復興の関係で消防車両の更新が遅れていましたが、これからは計画に沿った更新を考えています。

対応(平成28年9月末現在)

 軽積載車の耐用年は本土が27年、島しょ部は24年としており、耐用年が経過した車両は出来るだけ早期に更新できるよう補助金等を活用してまいります。また、現在使われている車両は本土での整備体制を強化しています。
現在の大島の消防車両は平成5年、10年、19年、21年に配置されています。

▼担当課

 消防本部総務課


▼質問・意見

 大島における防火水槽は、計画的に整備していただき、現在、5基の防火水槽が整備されています。
西道(市道大島第2幹線)沿いには、1基もないため、大島焼却処分場の跡地に、防火水槽の設置をご検討いただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 消防車両からの連結により放水できる新しい装備もありますので、活用していただきたいと思います。それでも距離が足りないということであれば、考えさせていただきます。

対応(平成28年9月末現在)

 消防水利の基準が適用される住宅地等では、消火栓15基・防火水槽4基を整備しています。ご指摘の箇所周辺は、主に農用地として使用されておりますので、今後の土地利用を見ながら、検討したいと思います。

▼担当課

 消防本部総務課


▼質問・意見

 西道(市道大島第2幹線)の側溝蓋等の整備を計画的に行っていただきました。
中道(市道大島第1幹線)も道幅が狭く、軽トラックとバイクでさえ離合が困難な箇所がありますので、整備をお願いします。

▼回答

【土木建築部長】 今年度、要望箇所で優先度の高い大島第4幹線の側溝改良を行います。中道については、道路幅員が狭小であるため、側溝蓋の設置による幅員確保が有効と考えますが、今後、優先度を判断しながら対応を検討していきます。また、待避所の整備については、用地提供が可能な箇所を地元で調整された後、現地を確認の上検討していきます。

対応(平成28年9月末現在)

 平成27年10月に地元関係者と現地立会を行いました。離合箇所の設置要望については、市道の側溝改良により幅員の確保をすることとし、現地測量を行ったところであり、事業化を検討しています。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 大島最大の課題は、診療所など複合施設の整備です。歯科診療や高齢者福祉など健康増進が図られ、交流の拠点となる公民館を併せた複合施設の早期実現を期待します。

▼回答

【市長】 公民館、出張所、診療所、福祉のデイサービス機能などをどのような形にするのか、立地や防災関係も含めて、平成30年度に詳細設計を行うスケジュールで検討していきます。

対応(平成28年9月末現在)

 大島の行政、福祉・医療、コミュニティ活動等の拠点となる福祉複合施設として、必要な機能、設備等について地元との協議を早急に進めてまいります。また、平成30年度に実施設計を行い、平成31年から施設整備を実施するよう計画しています。

▼担当課

 商工振興課


▼質問・意見

 シャワー設備の整備についてですが、市長から新しく整備する複合施設の中に整備していただけるとの回答をいただいております。大変ありがとうございます。是非、早期に整備いただきますようお願いします。

▼回答

【市長】新たな福祉複合施設に整備するシャワー設備はデイサービスの一環ということですので、それとは別に設置するのか、議論する必要があります。

対応(平成28年9月末現在)

 平成28年度に地域ささえあい協議体を大島でも立ち上げる予定です。その中で、デイサービスやショートステイに係る施設整備について、ご意見等を伺いながら検討します。併せてシャワー設備についても検討します。

▼担当課

 文化・生涯学習課


▼質問・意見

 島と本土のショートステイの不平等を感じます。本土の方は185円で自宅まで送迎がありますが、大島の方は海運までの送迎となっており、別に船賃と移動時間がかかります。また、島内のデイサービスは週に1回です。毎日利用したいという人もいます。本土のデイサービス関係者に聞くと、海運までなら迎えに行けるということです。船賃を半額でも割引していただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 新たな福祉複合施設で、デイサービスの拡充やショートステイ等も考えられます。また、新しい施設が出来るまでの間、暫定的に出来ることがあるのか検討いたします。

対応(平成28年9月末現在)

 平成28年度に地域ささえあい協議体を大島でも立ち上げる予定です。その中で、デイサービスやショートステイの島内実施について、ご意見等を伺いながら、検討してまいります。

▼担当課

高齢者支援課


▼質問・意見

 現在の3隻体制から減隻され、他の島を経由する航路となると、今より乗船時間が増え、農産物の出荷調整等が難しくなります。また、通院等での定期船利用も時間が変更となることから大きな負担となります。現行の3隻体制を維持していただきますようお願いいたします。

▼回答

【市長】 新船の建造、3隻体制の維持については今から議論しますが、最大限対応したいと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 離島住民の日常生活や地域経済を支える重要な交通手段であることから、今後も現行の3島3隻体制を維持していくよう努めていきます。

▼担当課

 商工振興課