ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年6月28日 萩地域 相島小学校区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年6月28日 萩地域 相島小学校区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

▼質問・意見

現在、相島港線が落石のため通れなくなっています。大変困っており、なんとかしてもらえないでしょうか。

▼回答

【市長】 今年度、漁港内に代替道路を整備します。落石等が多いため、落石への対応、あるいは、代替の道路を考えなければなりません。

対応(平成28年9月末現在)

 代替道路は、平成28年度に整備を予定しています。また、今年5月発生の落石については、その対策工法等を検討します。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 漁港荷揚げ場の舗装について、以前舗装をしていただきましたが、一部未舗装が残っているので、舗装をお願いしたいと思います。

▼回答

【農林水産部次長】 漁港荷揚げ場の舗装は、28年度に実施予定で、あわせて傷んでいる箇所においても補修を行う方向で進めております。実施にあたっては関係者の方にご意見を聞きながら進めてまいりますので、ご協力をよろしくお願いします。

対応(平成28年9月末現在)

 平成28年8月24日に入札を終え、業者が決定しました。工期は波浪状況等を考慮し、11月25日までの予定です。

▼担当課

 水産課


▼質問・意見

 島外の病院に通院すると、医療費に加えて定期船の船賃がかかります。通院に限り、船賃の割引について検討をお願いします。

▼回答

【市長】 妊婦の方や障がいのある方については、船賃の助成を行っています。医療機関がない島しょ部については、島外への通院に相当な費用がかかるため、何らかの仕組みを考える必要があります。

対応(平成28年9月末現在)

 離島の妊婦を対象に健診受診・分娩入院のための交通費等を助成しており、平成27年度は12名の方(大島3名、相島0名、見島9名)に利用していただきました。通院補助については、国の補助制度等の動向を注視し、引き続き検討します。

▼担当課

 健康増進課


▼質問・意見

 相島では、巡回診療の際に「選定医療費」がかかります。本土と同程度の負担で受診できるようにしていただけないでしょうか。

▼回答

【保健福祉部長】 「選定療養費」について、平成26年7月1日より紹介状をお持ちでない患者さんについては初診時に3,240円をいただいています。初診の取扱いについて山口県立総合医療センターに対し、改善を要望していきます。

対応(平成28年9月末現在)

 平成28年7月21日付けで「選定医療費」の「免除」について山口県立総合医療センター院長宛に依頼文を提出したところ、8月29日付けで回答があり、相島巡回診療において、要望のとおり、平成28年9月1日から選定療養費を「徴取しない」旨のお知らせがありました。 なお、相島文化センターや島内の掲示板に掲示し、島民の皆さんに周知しています。

▼担当課

 地域医療推進課


▼質問・意見

 昨年7月に消防サイレンが故障し、1年が経過しようとしています。消防団員は、仕事等で畑や漁に出ており、サイレンがないと有事の際、集合するまでに時間がかかります。一日も早い設置をお願いします。

▼回答

【市長】 サイレンについては有事の際、大変大事な連絡手段です。8月中には完成を予定しております。

対応(平成28年9月末現在)

 平成28年9月15日にサイレン機器交換工事の検査を終了し、新しいサイレンを運用しています。

▼担当課

 消防本部総務課


▼質問・意見

 現在、島内には消防車両として積載車が1台と、各器庫には可搬型ポンプのみが配備されています。可搬型ポンプは複数人でなければ運べません。積載車の設置を出来るだけ早くお願いいたします。

▼回答

【市長】一般社団法人日本損害保険協会による離島への消防車両の追加配備が順番で行われています。萩の島しょ部においても順番を待っているところです。

対応(平成28年9月末現在)

 引き続き、日本損害保険協会の離島向け軽消防積載車の寄贈制度が適用されるよう積極的に働きかけています。

▼担当課

 消防本部総務課


▼質問・意見

 相島の定期船「つばき2」は建造後数十年が経ち、傷みもひどくなっていると聞きます。萩と相島を繋ぐ唯一のもので、生活に不可欠なものです。また、高齢化が進み、乗り降りにも大変苦慮しています。島の将来を考えて、これまでどおり相島に専属の定期船を配置するとともに、早期の新船建造をお願いします。

▼回答

【市長】相島の新船については、島の人口が将来100人を下回った時に、建造のための融資や補助を受けられるのかという懸念があるため、平成30年度の「おにようず」竣工後、早急に検討したいと思います。10年先、20年先も船が利活用できるよう、皆さんも島の将来をしっかり考えていただくようお願いします。

対応(平成28年9月末現在)

「つばき2」の新船については、相島島民からバリアフリー化、乗船中の快適性向上を望む声が多いことから、「新おにようず」竣工後、出来る限り早期に、新船建造を着手するよう考えています。また、相島漁港の整備については、関係各課、関係団体等と十分に協議を行い進めていきます。

▼担当課

 商工振興課


▼質問・意見

 市道志和津線、市道奥山線において、路肩の崩れそうになっている箇所、舗装面の亀裂や凹凸が多い箇所がありますので、計画的に補修をお願いできればと思います。併せて待避場所の設置についてもお願いします。

▼回答

【土木建築部長】東部災害の関係で道路維持管理業務を凍結していましたが、今年度から順次再開していきます。要望がありました相島港線の代替施設道路については昨日から測量関係に着手しています。要望の2路線ですが、全線一括着手は困難なため、計画的に行います。拡幅につきましては、ご意見を聞きながら行いますが、緊急性の高い箇所から順次行っていければと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 今年度中に現地確認を行い、軽微な補修等については早急に対応したいと思います。また、待避所の整備については、用地の無償提供が可能な箇所を地元で調整いただき、現地を確認の上検討していきます。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 相島では、市の事業で各戸に浄化槽が設置されており、この汚泥については漁船で本土へ搬出していますが、高齢化が進み、漁船での搬出が困難になってきています。新船については、汚泥運搬についても検討していただければと思います。

▼回答

【市長】汚泥を脱水する装置をつくるのか、水分を含んだまま新船で運ぶのか考えていきます。

対応(平成28年9月末現在)

 永続的に漁船で汚泥運搬することは困難と思われますので、島内で汚泥を脱水処理する方法や新船に生汚泥を積載する方法などによる定期船での汚泥運搬を検討しているところです。

▼担当課

 下水道建設課・商工振興課


▼質問・意見

 相島地区内の「しのだけ」地区へむかう農道の路肩が崩れそうになっています。農道や側溝について、中山間集落協定組織や環境保全組合でも補修等を行っていると聞いていますが、大規模なものについては地元だけでは対応が難しいため、市で補修等をお願いできないでしょうか。

▼回答

【農林水産部長】農道の維持管理は、全地域において、基本的には地元管理でお願いしています。補修についても、中山間直接支払交付金、多面的機能支払交付金を利用して補修をお願いしています。大規模な補修については、現場を確認し検討させていただきます。

対応(平成28年9月末現在)

 市で補修工事を実施できますが、地元負担金を伴いますので、地元協議をして対応を検討します。

▼担当課

農林振興課


▼質問・意見

 島内で応急処置ができるよう、看護婦を配置することはできませんか。少しでも島民が安心して暮らせるよう配慮をお願いします。

▼回答

【市長】相島には、看護師資格を持つ方が2人おられますが、1人は養護教諭のため、県教育委員会にもお願いし、何かの際には協力をいただいています。高齢化が進む中、相島で安心して暮らせるよう、できる限り支援していきます。

対応(平成28年9月末現在)

 毎週火曜日に山口県立総合医療センターが相島巡回診療を行い、これに萩市休日急患診療センターの看護師が同行しています。また、島内在住の福祉関係有資格者に補助員となっていただき、看護師業務の補助や、島民の方に何かあった場合は、山口県立総合医療センターと連絡する等の協力をいただいています。

▼担当課

地域医療推進課