ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年7月8日 萩地域 三見小学校区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年7月8日 萩地域 三見小学校区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

質問・意見

 三見橋(メガネ橋)については、地元の保存会の皆さんが周辺の環境整備を一生懸命しています。今後も見学者が増えると思われるので、簡易トイレの設置をお願いします。

回答

【市長】 簡易トイレについては、常設する必要があると判断ができれば設置します。設置場所や維持管理のことも含めて調査の上で相談させていただきます。

対応(平成28年9月末現在)

 三見ふるさと史の会と設置場所、維持管理等について協議中です。

担当課

 観光課


質問・意見

 三見地区の小学校跡地を活用し、須佐・田万川地域のような定住を支援する低家賃住宅を整備すれば定住者も増えると思います。

回答

【市長】 須佐・田万川地域の住宅整備については、集中豪雨の被害があった地域に頑張ってほしいという思いを込めて始めた事業です。各地域からもそういった希望もあるので、将来の課題として検討します。

対応(平成28年9月末現在)

 須佐、田万川の住宅は、集中豪雨を受けた地域の再生、定住の観点から、特別な事業として建設を行なっており、対象者は、市外に居住している、子育て世帯(小学生以下)で、平成27年度に須佐地域で4戸、平成28年度には田万川地域で4戸を建設するものです。平成27年度の空き家実態調査では、三見地区の空き家は68戸ありました。増加傾向にある空き家と低所得者対策として、平成29年度に、国は低所得者支援のための「空き家活用事業」を予定しており、この事業が活用できないか検討させていただきます。

担当課

 建築課


質問・意見

 前回のタウンミーティングで要望しましたが、三見地区の高齢者支援として、車両が貸与されるということです。老人に優しい三見地区を目指して、活用したいと思っております。また、三見駅前にトイレを設置していただけるということでありがとうございました。

回答

【市長】 今年度、三見駅前に多目的トイレを整備します。車両の関係は、三見地区連絡協議会の皆さんが維持運営すると約束をいただきましたのでよろしくお願いします。

対応(平成28年9月末現在)

 JR三見駅及び三見駅バス停利用者の利便性向上のため、三見駅舎横に公衆トイレ(男子洋1、小1、女子洋1、多目的洋1)を平成29年1月末までに整備します。防長バス停留所(2ケ所)は11月1日から供用開始します。また、三見地区の交通弱者(高齢者等)に対する三見ぐるっとバスの運行開始については11月頃を予定しています。

担当課

 商工振興課


質問・意見

 イノシシ被害防止対策として、捕獲のための箱わなをもっとたくさん配備していただけないでしょうか。また、市内猟友会の捕獲実績を教えてください。

回答

【農林水産部長】 イノシシ用箱わなは、毎年各分区1基ずつの予算を確保しています。追加配備については、検討させていただきます。市内猟友会による平成27年度捕獲実績は、イノシシ1,953頭、サル202頭、シカ47頭で、市職員サル捕獲隊の捕獲実績はありません。

対応(平成28年9月末現在)

 有害鳥獣対策については、猟友会と行政で全てを対応することには限界があり、地域の方々の協力無しでは効果は得られなくなってきています。箱わな等の補助金については可能な限り県、国へ要望してまいります。

担当課

 農林振興課


質問・意見

 市道の三見市鎖峠線の眼鏡橋から先の右側斜面で落石が多発していますので、対策をお願いします。

回答

【市長】 通常、隣接する山林所有者が対策を行っていただくことが原則ですが、工事等が必要となり、対応が困難な状況であれば、地権者と地元の関係者の方でお話をしていただき、土地の寄附を条件に、萩市が工事をさせていただくこともあります。これが難しいのであれば、別の方法があるのか検討させていただければと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 道路の安全確保のため維持管理に努めているところであり、土地の寄付等、地元の理解が得られれば検討してまいります。

担当課

 土木課


質問・意見

 国道191号から集落までの市道の改良は済んでいますが、長木の金峯神社までの改良をお願いできないでしょうか。また長木地区は市有林もたくさんありますので、林道としての整備を中・長期的な計画として考えていただけないでしょうか。

回答

【市長】 市道の拡幅は集落までが原則です。それ以降は、退避所の設置等、離合出来るよう整備します。例えば、間伐の施業計画が認められ、事業採択を受ければ、作業道の新設は出来ます。出来る限りご協力したいと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 道路の安全確保のため維持管理に努めているところであり、土地の寄付等、地元の理解が得られれば検討してまいります。(土木課)

 市道を林道として改良することはできませんが、市道からの作業道として新設することは、事業上可能と考えますので今後関係者と協議してまいります。(農林振興課)

担当課

 土木課・農林振興課