ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年7月27日 萩地域 越ヶ浜小学校区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年7月27日 萩地域 越ヶ浜小学校区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

▼質問・意見

 漁協の上にあった消防サイレンが壊れ、平成20年に市が器庫の上に設置しましたが、音が小さいため全域に聞こえず困っています。以前の消防サイレンのように、全域に聞こえるようにしていただければと思います。

▼回答

【消防長】 越ヶ浜に設置してあるモーターサイレンは規格上、半径300メートル、最大600メートルの範囲をカバーしています。ただし、地理や気象状況等によっては聞こえる範囲が狭まります。また日常生活の中でサイレンを聞き分けるのは難しいと思います。消防団の参集につきましては、サイレンに限らず電話や防災メールの活用をお願いいたします。

対応(平成28年9月末現在)

 住宅地での非常サイレンの増強は近隣の方のご理解が非常に重要です。出来るだけ防災メール等の情報利用をお願いします。

▼担当課

 消防本部総務課


▼質問・意見

 越ヶ浜1区に1所、2区に2箇所、溝蓋と側溝が傷んだ箇所があり、大変危険ですので市で補修していただけないでしょうか。

▼回答

【市長】 東部災害により、修繕費等の予算を凍結しておりましたが、今年度から事業を再開いたします。担当者に現地を確認させ、年度内に方向を示します。

対応(平成28年9月末現在)

 要望箇所については、平成28年8月9日に地元関係者と現地立会を行いました。また、必要に応じて現地測量を実施しています。要望箇所及び施設管理者(個人含む)が複数存在することから、今年度内に内容を整理し、関係者へ結果をお知らせします。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 後小畑地区の下水道整備事業について、事業計画と整備時期をお伺いします。

▼回答

【上下水道部長】 現在、無田ヶ原地区を整備しているところであり、かなり整備に時間がかかる状況です。後小畑地区の下水道整備についてはいつになるか今段階ではお答えできません。長期計画となりますのでご理解いただければと思います。

対応(平成28年9月末現在)

 椿東地区については、庄屋川から南側を事業計画(認可)区域として、現在、無田ヶ原地区の整備を進めているところであり、相当の期間を要する予定です。後小畑地区の漁業集落排水の処理区域外については、浄化槽設置整備事業補助金の交付対象区域ですので、引き続き補助金を活用した整備を進めてまいります。

▼担当課

 下水道建設課


▼質問・意見

 山一団地内の道路は、一部が市道認定されておりますが、ほとんどが私道です。この私道の中で陥没箇所が1箇所ありますが、生活道路として皆さんが利用しておりますので、安全性の問題からも市で修繕していただけないでしょうか?

▼回答

【土木建築部長】 団地内の道路について、認定基準に合致すれば市道認定しています。他の路線については認定基準に合致しないため、私道として管理をしていただいています。私道は私有財産のため、市が補修等を行うことはできないため、ご理解いただきますようお願いします。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 越ヶ浜4区の津野町付近の道路は雨水の通路がなく、全て地下に浸透させる方式となっています。今後、地面の陥没や水溜りの増加や大きな災害が心配されるので根本的な対策を講じていただければと思います。

▼回答

【市長】担当者が現地を確認にいきます。どういった手法があるのか検討いたします。

対応(平成28年9月末現在)

 要望箇所については、平成28年8月9日に地元関係者と現地立会を行いました。また、必要に応じて現地測量を実施しています。今年度内に関係部署との対策工法等の協議及び内容整理を行い、関係者へ結果をお知らせします。

▼担当課

 土木課


▼質問・意見

 災害が実際に起きた際に、個人の安全をどのようにして確認するのか、具体的な方法があればお願いします。

▼回答

【市長】 洪水、崖崩れ、高潮等、災害の内容によって避難場所は異なりますが、越ヶ浜地区の避難所である県漁協越ヶ浜支店では、男女1人ずつを指定職員として配置し、連携や連絡体制等を確保しています。障害のある方、高齢の方などで災害時に支援を希望し、登録されている方については、要支援者リストを作成しており、消防団、民生児童委員、町内会等に避難支援などをお願いしています。

対応(平成28年9月末現在)

 障害をお持ちの方や高齢の方などで災害時に支援を希望し、登録されている方については、福祉部局で要支援者リストを作成しており、防災部局も把握しています。災害時には、福祉部局と防災部局とが相互連携・協力し、消防団、民生児童委員及び町内会等に避難支援の協力をいただくなど住民の方の安全について、早期の対応を行います。また、避難所指定職員等の市職員が、避難して来られた方を含め、住民の方の安全を早急に確認することとしています。

▼担当課

 防災危機管理課


▼質問・意見

 今年、和船競漕大会46回目を無事終わることができましたが、この和船競漕の練習の際にいきいき交流センター前の桟橋を使用させていただけないでしょうか。

▼回答

【市長】使用の可否を整理してご連絡いたします。また、出来ない場合にはどういった方法があるのか考えます。

対応(平成28年9月末現在)

 マリーナ施設内の桟橋には、基本的には常時、船が係留しており、また、係留中の船の上げ下げには多額の費用がかかるため、練習時の桟橋使用は現時点で難しいと思われます。 

▼担当課

 企画政策課


▼質問・意見

 ジオパークの登録について越ヶ浜とどういう関係があり、どのような利点があるのかお伺いしたいと思います。

▼回答

【市長】日本ジオパークに認定されますと、日本ジオパークリストにのります。笠山や明神池等、自然遺産、地学的な遺産をしっかり位置づけて観光資源に役立てていきます。

▼担当課

 ジオパーク推進課