ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年10月18日 福川地区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年10月18日 福川地区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

質問・意見

 福栄総合事務所と福栄コミュニティセンターは築年数が経って老朽化が進み、耐震化問題もあります。改築の計画はあるのでしょうか。

回答

【市長】 福栄総合事務所と福栄コミュニティセンターは、既に法定耐用年数も経過しており、新耐震基準を満たしていない状況です。総合事務所とコミュニティセンターの改築等は、旧学校舎等との関係も含めた全体計画の中で検討します。

対応(平成28年11月末現在)

 現在の福栄総合事務所、福栄コミュニティセンターは新耐震基準を満たしておらず、耐用年数満了の時期も迎えようとしています。したがって、改築の必要性は認識しており、福栄地域の行政機関の核、地域コミュニティの拠点、更には災害時の避難施設として整備を進めていきます。

担当課

 財産管理課


質問・意見

 旧福川小学校校舎の活用計画がありましたら教えてください。また、旧福川小学校グラウンドはスポーツ少年団、高齢者のグランドゴルフ等で利用していますが、トイレや簡易休憩所を設置していただけないでしょうか。

回答

【市長】 福栄総合事務所、福栄コミュニティセンターの改築等を含めて総合的な活用計画を検討します。

対応(平成28年11月末現在)

 旧福川小学校校舎の一部は土砂災害特別警戒区域にありますが、それ以外は、利用可能な部分を利活用する方針としており、福栄総合事務所及び福栄コミュニティセンターの改築等も含めて総合的に活用計画を検討します。

担当課

 財産管理課、教育委員会総務課、福栄総合事務所


質問・意見

 萩篠生線の土砂崩壊の箇所について復旧工事が行われていますが、リサイクルセンター付近のカーブ箇所が大変狭く、観光バスの通行や自転車通学者等もあり、大変危険であるため、県に対して改良要望をお願いします。

回答

【市長】 現在、萩篠生線の800m調査を行い、問題箇所の法面を整備しています。この道路は福栄、むつみ地域にとって生活道であり基幹道路ですので、片側通行を早急に改善いただくように要望しています。ルート改良については、ご意見をまとめて相談いただければと思います。

対応(平成28年11月末現在)

 如意ヶ嶽地区の災害復旧工事は平成28年11月9日に完了し、交通規制は解除されていますが、当該地区には他にも対策が必要な箇所があり、早期整備に向け要望を行います。また萩篠生線については、ルート改良等を含め、今後も県に要望を行っていきます。

担当課

 土木課


質問・意見

 旧福川小学校の空き教室について、福栄コミュニティ協議会をはじめ、スポーツ少年団、バンブーオーケストラ、大板山たたら太鼓同好会から利用要望がありますが、利用することはできないでしょうか。

回答

【市長】 地域の皆さんの利用要望を踏まえ、補修等を含めて対応したいと思います。利活用についてはコミュニティ協議会で議論をいただいた上で、ご相談ください。 

対応(平成28年11月末現在)

 旧福川小学校の空き教室の利用については、福栄コミュニティ協議会から要望を受けており、一部お貸しする方針です。

担当課

 財産管理課、教育委員会総務課


質問・意見

 福栄グラウンドをドクターヘリのヘリポートとして利用する際は散水が必要なため、福川地区で事故があった場合でも、芝生化されている紫福山村広場をヘリポートとして利用することが多いです。福栄グラウンドの芝生化が難しいのであれば旧福川小学校グラウンドを芝生化し、ヘリポートにできないでしょうか。

回答

【市長】 県の航空隊とヘリが着陸できるかどうか、現地確認の上で回答します。

対応(平成28年11月末現在)

 山口県消防防災航空隊と萩消防で11月14日に現地確認をいたしました。山口県の消防防災ヘリやドクターヘリの離着陸は可能ですが、他県の大型防災ヘリ、自衛隊のヘリに対しては、離着陸する場として狭小なため困難との見解でした。グラウンドを芝生化することにより、今後の維持管理が必要となりますが、ヘリの低空飛行や騒音、グラウンドの使途が狭まることに対する地域の皆さんのご理解がいただければ、旧福川小グラウンドを芝生化しヘリポートとすることは可能です。

担当課

 消防本部総務課


質問・意見

  防災行政無線の戸別受信機が古くなり、故障して放送が入らないこともありますが、今後どのようにお考えでしょうか。

回答

【市長】 防災行政無線については、平成35年を目処に老朽化している地域から順次デジタル化の整備を行う予定です。戸別受信機が故障した場合は、代替えとして多目的防災受信機を用意しています。購入補助制度もありますのでご利用ください。

対応(平成28年11月末現在)

  防災行政無線については、平成35年を目処に老朽化している地域から順次デジタル化の整備を行う予定です。戸別受信機が故障した場合の購入補助制度の問い合わせについては、防災危機管理課、または、各総合事務所(旭地域を除く)にお問い合わせください。

担当課

 防災危機管理課