ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成28年10月31日 須佐地区) Q&A

萩・タウンミーティング(平成28年10月31日 須佐地区) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月30日更新

質問・意見

 ホルンフェルス付近では、携帯電話の電波の入りが悪く、ソフトバンクについては通信が全くできません。解消していただけないでしょうか。

回答

【市長】 ホルンフェルスはジオパーク構想を推進する上で、拠点となるジオサイトであり、毎年3~4万人の観光客が訪れていますので、携帯電話会社に不感地域の解消を要望しています。

対応(平成28年11月末現在)

 毎年度、県を通じて携帯電話事業者大手3社に不感地域の解消を要望しています。今年度は、萩市としての直接要望も行いましたが、現時点での計画はないとのことです。須佐ホルンフェルスは、萩市須佐地域の最たる観光景勝地であり、山口県内外から年間約3~4万人の方が訪れています。来年度の認定を目指している萩市ジオパーク構想の中心的な拠点でもあり、観光客の利便性・安全性を確保するためにも、粘り強く要望を続けていきます。

担当課

 情報政策課


質問・意見

 須佐駅前の公衆トイレですが、男子便所は洋式トイレがなく、女子便所も洋式トイレが1器しかありませんので、洋式トイレの整備をお願いします。

回答

【市長】 市の施設のトイレは、1/2以上を洋式トイレとすることや、男女の比率は1:2などのルールをつくっています。須佐駅前のトイレを確認し、対応について検討します。

対応(平成28年11月末現在)

 既存施設で洋式トイレがない箇所については、男性・女性トイレともに、最低1つは洋式トイレを整備する計画で順次改修しています。須佐駅前のトイレについては、平成29年度に洋式トイレの整備を行います。

担当課

 観光課


質問・意見

 JR須佐駅前のロータリーには街灯がなく、夜間は暗く危険なため、街灯を設置できないでしょうか。

回答

【市長】 JR須佐駅前の状況を確認し、検討します。

対応(平成28年11月末現在)

【須佐総合事務所】須佐駅前のふれあい須佐休憩所にLED照明を設置するなど、駅前の夜間の明るさの確保対策を検討します。

【市民活動推進課】防犯外灯補助金は、設置する自治会等が設置後の維持管理費等を負担することが前提となりますが、LED照明を新設する場合、2/3以内の補助率で助成を行っています。

担当課

 市民活動推進課、須佐総合事務所


質問・意見

 長門市へプーチン大統領が来日されますので、ぜひ萩市をPRしていただきたいと思います。

回答

【市長】 プーチン大統領の来日については、内密に進められており、情報が得られない状況ですが、出来る限り萩をPRしていきたいと思います。 

担当課

 観光課


質問・意見

 須佐公民館の夜間管理人が、来年度から廃止となり、職員が退館以降、利用者の自主管理になると聞いています。利用者が不便になるため、現行通り、午後10時まで管理人を配置できないでしょうか。

回答

【市長】 午後5時から10時までの夜間管理人の廃止は決定ではありません。須佐地区は公民館活動が活発な地域のため、公民館活動に支障がでないよう、十分に皆さんの意見を聞いて判断します。

対応(平成28年11月末現在)

 平成29年度以降も夜間管理人を配置します。

担当課

 須佐総合事務所


質問・意見

 中津橋の迂回路について、架け替えが終われば撤去されると聞いていますが、市で土地を取得し、有効に活用できないでしょうか。

回答

【市長】 中津橋の架け替えに伴う迂回路は、国が地権者から借地しています。計画では、本線の工事が終われば、撤去されることになっています。利活用が可能かどうかについては、地権者の方の意見も伺いながら検討していきます。

対応(平成28年11月末現在)

 該当の用地は国道191号、須佐川、山陰本線に囲まれており整地するには多くの制限があります。具体的な案があれば、地権者の意見も伺いながら検討していきます。

担当課

 土木課


質問・意見

 高山山頂、久原園地の山頂、益田家墓所などで立木等が大きくなり、景観が損なわれています。またホルンフェルスを観光バスが通行するのに、立木が支障となっています。自然景観を大切にしていくためにも、伐採等の対応をお願いします。

回答

【市長】 高山からの須佐湾眺望など、ジオパークの観点からも景観を保全しなくてはいけません。現地を確認し、対応します。

対応(平成28年11月末現在)

 平成28年10月下旬~11月上旬にかけて伐採済みです。

担当課

 土木課


質問・意見

 合併後10年が経過し、総合事務所に勤務する職員も減りました。地域の伝統行事やイベント従事などの負担も増え、職員の体調も心配なので、これ以上職員数を減らさないようにしていただきたいと思います。

回答

【市長】 各地域の人口減少に伴い、職員数も削減していますが、有事の際には、早急に対応できる体制を整えています。また、行政の業務の一部をNPOに担っていただくなど、各地域でさまざまな特色ある取組みを行っていただいています。皆さんと一緒に頑張りますので、よろしくお願いします。

対応(平成28年11月末現在)

 総合事務所については、一部業務の本庁集約や民間委託等により業務の効率化を図るとともに、指定応援職員制度、避難所指定職員制度の創設等により、行政サービスの維持に努めてきました。平成28年度からは、人員削減をカバーするための新たな手法として、市内すべての公民館で民間の方を公民館長に登用したほか、各地域への防災支援員の配置、須佐地域では市が行う業務の一部をNPO法人に委託するなど、民間活力の積極的な活用を進めています。

担当課

 総務課