ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 地域おこし協力隊員(3期生)追加募集について

地域おこし協力隊員(3期生)追加募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

「萩市地域おこし協力隊員」(3期生)の追加募集について

1 趣旨

 人口減少や少子高齢化が進んでいる萩市において、地域外の人材を活用し地域の活力を促進するとともに、その人材の定住・定着を図るため、「萩市地域おこし協力隊」を募集します。
 現在、明治維新から150年の大きな節目の年となる平成30年を目前に「萩・明治維新150年祭」として様々な記念行事に取り組んでいる萩市は、自然遺産や豊富な農林水産物にも恵まれています。
 新しい視点から萩の魅力の発信や地域活動に取り組んでいただける意欲ある方を全国から募集します。

2 募集人員

 6名
 

3 応募期間

 平成29年11月1日(水曜日)から平成29年11月30日(木曜日)まで

4 任期

 平成30年2月1日から平成30年3月31日まで(着任日は応相談)
 ・活動に取り組む姿勢・成果等により年度単位で更新
 ・最長で委嘱日から3年

5 活動内容(活動地域)

(1)離島での活動(大島、相島)
 ○大島
 ・地域資源の掘り起こしや大島の魅力発信等に関する活動
 ・地域振興イベント等の開催による大島の魅力発信や観光振興に関する活動
 ・コミュニティ団体の活動支援などによる地域づくり活動など
 ○相島
 ・離島ならではの素材を活かした特産品の開発及び販路開拓の取り組み
 ・相島の魅力発信等、観光振興に関する活動
 ・地場産業(農業及び漁業を含む)の振興に向けた取り組みなど
(2)農山村地域での活動(むつみ、須佐、福栄地域)
 ○川上地域
 ・カヌー競技を活用した地域振興活動
 ・阿武川温泉公園一帯を活用したイベント創設
 ・柑橘類などの特産品の開発及び販路拡大
 ○むつみ地域
 ・トマト、大根など特産品や畜産などの地域農業を支える活動
 ・コミュニティ団体の活動支援などによる地域づくりの活動など
 ○須佐地域
 ・萩ジオパーク構想の推進に向けた取り組み
 ・ガイド養成、ジオサイト交流事業の企画・運営
 ○福栄地域
 ・地域の道の駅等交流施設を活用した地場産業の振興など

6 応募条件

(1)次のいずれかに該当する方
  ○応募時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等(詳しくはお問合せ下さい)に住民票を有する方で、採用後、萩市に住民票を異動して居住できる方
  ○他地域で地域おこし協力隊員として2年以上活動し、かつ、解職から1年以内の方で、採用後萩市に住民票を異動して居住できる方
(2)普通自動車免許を有する方
(3)パソコン(ワード、エクセル、インターネット等)の一般的な操作ができる方
(4)雇用期間終了後も萩市に定住し、就業・起業の意欲のある方
(5)地方公務員法第16条の規定する欠格事項に該当しない方
(6)市税等の滞納のない方
<求める人物像>
●萩市の魅力を新しい視点から見出せる方
●新たな観光資源化や事業化を推進できる方
●地域おこしや地域活性化の事業や取り組みに関心のある方
<活かせる経験・スキル>
●新しい事業や商品などを企画・プロデュースした経験
●営業職で培った折衝力や人間関係構築力、コミュニケーションスキル
●観光・旅行関連業界での経験 など

7 勤務条件等

(1)報酬  月額180,000円
(2)勤務時間  1日7時間45分、週4日勤務(土曜日・日曜日・祝日勤務あり)
(3)身分  萩市の嘱託職員(非常勤特別職)
(4)福利厚生等
   ○社会保険・厚生年金・雇用保険に加入
   ○住居は、原則、活動地域内の空き家等を萩市が借上げ、借上げ料は予算の範囲内で市が負担する(引越し費用、光熱水費、生活用品等については自己負担)※応相談
   ○活動に必要な車両、事務用品、作業着等を用意※応相談

8 応募方法・選考方法等

(1)応募方法
 ○萩市地域おこし協力隊申込書 ※所定様式(志望動機・自己P.R<1,000字以内>を記入
 ○履歴書 ※様式任意(市販の履歴書等)
(2)選考方法
 ○第1次選考(書類選考)  選考結果は12月5日頃を目途に、応募者全員に対し通知
 ○第2次選考(面接)    第1次選考合格者を対象に12月18日(予定)に萩市内で実施

9 お問合せ・応募先

郵便番号 758-8555
萩市江向510番地
萩市総務企画部企画政策課
電話番号:0838-25-3819
Fax:0838-26-3803
E-mail:kikaku@city.hagi.lg.jp