ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 企画政策課 > 萩・タウンミーティング(平成26年10月9日 むつみ地域) Q&A

萩・タウンミーティング(平成26年10月9日 むつみ地域) Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

質問・意見

 年々、総合事務所の職員が減少していき、いずれ支所になるのではと不安を感じています。今後の考えをお聞かせください。

回答

【市長】 合併して10年が経過し、国からの交付税の減額が始まることから、今までどおり職員を配置するのが難しくなってきています。各地域の地理的条件等を加味し、地域間での応援体制も考えるなど、何かあったときには、すぐに対応できるように検討していきたいと思います。

対応(平成27年3月末現在)

 合併後、約200人の一般職職員を削減しましたが、総合事務所においては、一部業務の本庁への集約や民間委託等を進めるとともに、指定応援職員制度や避難所指定職員制度を創設し、行政サービスが後退しないよう努めてまいりました。
 総合事務所のあり方については、本庁との地理的条件を勘案して相互の役割や機能を見直すとともに、市民主体の地域づくりを支援できる組織のあり方を検討してまいります。

担当課

 総務課


質問・意見

 むつみ中学校は柔道が必修科目ということになっていますが、柔道着が一着もありません。隣の福栄中学校の授業が終わってから、それを借りて対応しているとのこと。必修科目なので何とか対応を考えていただきたい。

回答

【教育長】 必修化前の10数年前から、いくつかの学校で選択科目として武道をやっておりました。ある学校は個人個人で用意して実施してきており、これは衛生上の観点からそういう対応をしていました。柔道着を他校から借りたということは初めて聞きましたので、学校としっかり話合いをしながら今後の対策を検討していきたいと思います。

対応(平成27年3月末現在)

 むつみ中学校の柔道着については、学校で用意しており、福栄中学校から借りることはしていません。

担当課

 教育委員会学校教育課


質問・意見

 除雪車が、いつ見ても一年中野ざらしになっています。壊れたらまた買えばいいのかもしれませんが、100万200万で買える安いものではありません。大事なものですから、できれば屋根のある所に入れておく必要があるのではないかと思いますがいかがですか。

回答

【むつみ総合事務所長】 大きさ、特に高さがあって、中々入れられる所が無いというように聞いております。すぐには難しいかもしれませんが、何らかの形で検討させていただきたいと思います。

対応(平成27年3月末現在)

 除雪車が完全に入る車庫をさがしましたが、適切な車庫がないため、被服により保管することとしました。(シート購入済み)

担当課

 むつみ総合事務所産業振興部門


質問・意見

 吉部地区に「奥阿武宰判勘場跡(おくあぶさいばんかんばあと)」という県指定史跡があります。この史跡の復元についての対応はいかがでしょうか。

回答

【市長】 現在、世界遺産登録を目指して整備を進めている大板山たたら製鉄遺跡や恵美須ヶ鼻造船所跡も国の指定を受けています。奥阿武宰判勘場跡は、現時点では県の指定にとどまっていますが、国の指定を受けると、施設改修費用の一部を国が負担してくれます。世界遺産登録が一段落した後、勘場跡について、どのような対応ができるか考えていきたいと思います。

対応(平成27年3月末現在)

 現在、市では世界遺産関連資産の整備、大照院保存修理、明治維新150年関連資産の整備など多くの事業に取り組んでおり、事業の実施にあたっては優先順位を考慮せざるを得ない状況です。財政手法の検討も含め、今後も調査や復元整備に向けて努力しますが、当面は保全管理に努めていきます。

担当課

 文化財保護課


質問・意見

 「萩ものがたり」という小冊子がありますが、今まで旧萩市内のものが中心に掲載されています。今後は各地域のものも含めて、紹介してもらえないでしょうか。

回答

【市長】 活字であれば、後世に必ず残っていくということで、ブックレットを作っています。合併以降は、「萩の魚」なども紹介しています。どういった形になるかは別として、萩市全域にわたって、それぞれの地域の歴史や物語をしっかり残していくよう対応していきます。

対応(平成27年3月末現在)

 「萩ものがたり」の既刊タイトルでは、各地域をつなく旧街道や阿武火山群をテーマにしたものがあります。今後の発行計画策定の際に今回の要望について検討を依頼します。

担当課

 広報課