ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 市民活動推進課 > 平成29年度 萩市民交通災害共済会員募集!!

平成29年度 萩市民交通災害共済会員募集!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新
家族そろって交通災害共済に加入しましょう!!

加入条件

● 市内に住民登録のある方
● 市内の学校に在学している方 
● 学生の方で、ご家族が市内に住民登録されていれば、市外在住の方でも加入できます。
(注)他市の交通災害共済との重複加入はできません。

加入期間 jiko2

1年間(毎年4月1日~翌年3月31日まで)  
※途中加入の場合は、申し込み日の翌日から3月31日まで

会費(平成29年4月1日現在)

   年齢により掛け金が異なります。

   〇 一般の方   年額500円
    ⇒
昭和22年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた方 

   〇 中学生以下の方   年額300円
    ⇒
平成14年4月2日以降に生まれた方、同日以前に生まれた方でも平成29年4月1日現在中学生である方

   〇 70歳以上の方   年額300円
    ⇒
昭和22年4月1日以前に生まれた方

  ※途中加入の場合でも掛金は同額です。(月割りでの掛金減額はありません。)

適用範囲

 日本国内で、汽車、電車、自動車【自動四輪、自動二輪(小・中・大型)、小型特殊、大型特殊(全幅1.7m以上でナンバー付属のトラクター等含む)】、原動機付き自転車、自転車(小児用の三輪車、乳母車等の子供用遊具は除く)等の交通乗用具運行中に事故が起こり、歩行者または乗車(乗船、搭乗)中の者が死亡したり、ケガをした場合。

公道以外での事故は、見舞金支払の対象となりません。

自損行為による事故の場合は対象とならない場合がありますので、お問合せください。

見舞金額

 等級保障金額
死亡交通事故死亡1等級100万円
治療(入院・通院)360日以上の治療を要する傷害2等級23万円
300日以上360日未満の治療を要する傷害3等級18万円
240日以上300日未満の治療を要する傷害4等級14万円
180日以上240日未満の治療を要する傷害5等級10万5千円
130日以上180日未満の治療を要する傷害6等級8万円
90日以上130日未満の治療を要する傷害7等級6万5千円
75日以上90日未満の治療を要する傷害8等級5万円
60日以上75日未満の治療を要する傷害9等級4万円
45日以上60日未満の治療を要する傷害10等級3万2千円
30日以上45日未満の治療を要する傷害11等級2万3千円
21日以上30日未満の治療を要する傷害12等級1万6千円
14日以上21日未満の治療を要する傷害13等級1万3千円
7日以上14日未満の治療を要する傷害14等級1万円
7日未満の治療を要する傷害15等級7千円
頸部損傷(むちうち)については原則として8等級を限度として支給し、90日を越えてなお引き続いて治療が行われる場合は6等級を限度として支給。
交通事故証明の代わりに交通事故申立書を提出の場合は12等級を限度とし、交通災害共済専用の診断書の代わりに治療申立書提出の場合は14等級を限度とする。

加入手続き

 加入申込書を3月1日号の市報と一緒に配布していますので、必要事項をご記入のうえ、掛金を添えて3月31日までに山口銀行(県内・県外すべて)、中国5県のゆうちょ銀行・郵便局、萩山口信用金庫(県内)、西京銀行(県内)、JA(山口県内各支所)で申込を行ってください。

 4月以降も随時受付しますが、適用日は加入日の翌日からとなります。

※加入申込書を紛失された場合、上記の金融機関や市役所(案内、市民活動推進課)、総合事務所、支所、出張所にも準備しています。

保証金請求手続き

もし、交通事故等で病院で治療等を受けた場合は早めに市役所市民活動推進課、各総合事務所市民窓口部門、各支所・出張所へご連絡ください。請求に必要な書類等をお渡しします。
※請求期間は交通事故により災害を受けた日の翌日から2年間となります。

共済見舞金が支払われないもの

(1) 加入者の故意または重大な過失(いねむり、速度超過等)による場合
(2) 加入者の無免許、無資格運転または酒気帯び運転(自転車も含む)の場合
  (これらの事情を知りながら同乗の場合を含む)
(3) 加入者またはその遺族が不正に見舞金の支給を受けようとした場合
(4) 地震・暴風雨その他天災による場合
(5) 法令等に違反して立ち入った場所または交通乗用具の運行の禁止または制限区域等で発生した場合
(6) 歩行中の単独事故または歩行者どうしの事故の場合

お問い合わせ先

萩市役所市民活動推進課(電話0838-25-3601)、各総合事務所、支所・出張所

事故