ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > カプセル入りスポンジ玩具が幼児の体内に入る事故が発生!

カプセル入りスポンジ玩具が幼児の体内に入る事故が発生!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月25日更新

 入浴中、保護者の知らない間に「カプセル入りスポンジ玩具※」が4歳女児の膣に入り、原因不明の不調が4か月続き、その後、全身麻酔で摘出するという重大事故が発生しました。
 同種または誤嚥のおそれもありますので、保護者は目の届く範囲で遊ばせましょう。
 
※ゼラチンでできた小さなカプセルの中にスポンジが圧縮されて入っており、水やぬるま湯にカプセルをつけるとゼラチンが溶けて、中の恐竜、果物、動物などの形をしたスポンジが出てくる玩具