ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 消費生活センター > 平成26年度 萩市消費者セミナーを開催します!

平成26年度 萩市消費者セミナーを開催します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月1日更新

 ライン

 8月9日(土曜日)午後2時から、萩市民館大ホールにおいて、「弁当の日」を提唱され始められた竹下和男先生をお迎えいたしまして、「子どもの“できる”の引き出し方~今、私たちがしてあげられること~」と題し、萩市消費者セミナーを開催いたします。

 子どもときちんと向き合えていますか?忙しさを理由に、子供からのサインを見逃していませんか?誰かのために頑張り、喜んで貰えることで、子どもの心は大きく成長します。私たちは今、子どもとどう係っていけばいいのでしょか?その答えが見つかる講演会です。

講師紹介

竹下和男氏 

竹下和男 :香川大学教育学部卒業後、28年に及ぶ小中教員・教育行政職を経て、2000年に香川県綾南町(現:綾川町)立滝宮小学校校長に就任され、同校で、子供だけで弁当を作る「弁当の日」を開始。この食育実績で、2003年に「地域に根ざした食育コンクール」最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞されました。そして2010年3月に定年退職され、現在は「弁当の日」を全国に広げるため、精力的に活動をされています。

「弁当の日」とは

 全国各地の小学校で、児童たちが、給食の代わりに自分たちで作った弁当を持って登校し、昼食に食べる取組です。献立の考案から買い物、調理、弁当箱に料理を詰めるまでの行程を子供だけでやることにより、キャベツとレタスの違いが分かるようになったり、賞味期限や産地を見るようになったりと、「生きる」ことに必要な力が付いてきます。

また、作ってくれる側の気持ちが分かるようになることから、弁当の日を設けた学校では、給食を残す割合が減り、嫌いなものを残さず食べる児童が増えた例が紹介されています。

 

日時 平成26年8月9日(土曜日) 14時00分~16時00分

場所 市民館大ホール(萩市江向495番地4 市役所となり)

講師 竹下 和男 氏

受講料 無料

申し込み 平成26年8月6日(水曜日)までに、下記までお申し込みください。※託児あり

主催 萩市

共催 萩消費生活研究会

後援 萩市民生委員児童委員協議会、萩市女性団体連絡協議会

申し込み・問い合わせ 萩市消費生活センター(0838-25-0999)

     平成26年度 萩市消費者セミナーチラシ [PDFファイル/1月07日MB] 

                                                    弁当イラスト          

 ライン