ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 文化・生涯学習課 > 令和元年度 未来を切り拓くひとづくりセミナー

令和元年度 未来を切り拓くひとづくりセミナー

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月9日更新

 皆さんのこれからの人生の力となり、豊かな気持ちを育むヒントとなることを願って、本セミナーを開催します。

 実績ある講師を迎え、ご自身の経験、体験等をお話いただきます。 今回は、ピアニスト辻󠄀井伸行氏の母の辻󠄀井いつ子(つじいいつこ)氏と元ノルディックスキー複合メダリストの荻原健司(おぎわらけんじ)氏を講師としてお迎えします。

 みなさんのご来場をお待ちしています。

 なお、このセミナーは市民大学教養講座の目的を引継ぎ、萩ひとづくり構想を基とした本年度から始まる新たな事業です。

    未来を切り拓くひとづくりセミナー←クリックすると大きくなります

◆開催日時

   第1回   9月28日(土曜日)  午後1時30分~3時 (午後1時開場)

   第2回  10月29日(火曜日)  午後6時30分~8時 (午後6時開場)   

◆開催場所等

    萩市民館 大ホール

    入場無料 【全席自由】

    ※川上・旭、田万川・須佐、むつみ・福栄の3コースで送迎バスを運行します。

      予約が必要です。下記、文化・生涯学習課までお申込ください

       運行時刻表     

◆講  座  

  第1回 【講師】 ピアニスト辻󠄀井伸行の母  辻󠄀井 いつ子(つじい いつこ)

       【演題】 明るく 楽しく あきらめない

   第2回 【講師】 元ノルディックスキー複合メダリスト  荻原 健司(おぎわら けんじ)   

       【演題】 本気は本物か -キング・オブ・スキーと呼ばれた男    

◆講師プロフィール 

辻󠄀井 いつ子 (つじい いつこ)

フリーアナウンサーとして活躍後、結婚。

1988年に長男・伸行が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、手探りで子育てを行う。

生後8カ月で伸行の音楽の才能を見出だし、「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーにプロのピアニストへの道を二人三脚で歩む。

その結果、伸行は、2009年6月、アメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たし、現在は、絶大な人気を誇るピアニストとして活躍中。ご自身は、これまでの経験・体験をもとに全国各地で講演活動を行っている。

 

 荻原 健司 (おぎわら けんじ)

群馬県吾妻郡草津町出身。早稲田大学卒業後、北野建設スキー部所属、スキーノルディック複合の選手として長年に渡り世界のトップアスリートとして活躍。

92年アルベールビルオリンピック、94年リレハンメルオリンピックノルディック複合団体金メダリスト。日本が誇る「KING OF SKI」。ワールドカップにおいては、日本スキー界初の年間総合優勝に輝く。引退後の現在は、北野建設に所属、スキー部ゼネラルマネージャーとして五輪メダリストを輩出。トップ選手の育成、教育に力をそそぐ。

◆問い合わせ先   

   萩市教育委員会文化・生涯学習課 (Tel0838―25―3590)