ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 総務課 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月1日更新

1.社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは?

  • マイナンバー(個人番号)は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。
  • 平成27年10月から、住民票を有するすべての人にマイナンバーが通知されます。
  • 平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きでマイナンバーの利用が始まります。

マイナンバーが必要になります。

マイナンバー制度の詳細は【内閣官房の「社会保障・税番号制度のホームページ」】をご覧ください。(外部リンクへ)

2.社会保障・税番号制度導入の効果

  • 行政手続きの添付書類が削減され手続きが簡素化されます。
  • 所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなり、脱税や不正受給などを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援が行えます。
  • 行政機関や地方公共団体で情報連携が行われることにより、事務効率が改善されるとともに、より正確な業務が可能となります。

 マイナンバー制度の効果

3.マイナンバーについての基本的な質問

マイナンバーという言葉自体を知らない方や、言葉は聞いたことがあるけれど内容がよくわからないという方向けにマイナンバー制度に関する基本的な疑問点にお答えします。

  • マイナンバーって、何のために導入されるの?
  • 自分のマイナンバーはいつ分かるの?
  • マイナンバーはいつから誰がどのような場面で使うの?
  • マイナンバーは自由に使っていいの?個人情報の管理は安全なの?
  • カードは配布されるの?使い方は?
  • 詳しい情報はどこで分かるの?

 下記をクリックして内閣官房のホームページにアクセスください     

 【内閣官房】マイナちゃんのマイナンバー解説ページへ(外部リンクへ)

4.マイナンバー制度のお問合せ

  0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル) 

 平日9時30分~17時30分(土日祝日・年末年始を除く) 

 ※ナビダイヤルは通話料がかかります。

 ※外国語対応(英語)は0570-20-0291におかけください。