ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 課税課 > 転出したのに軽自動車の納税通知書が来たのはどうしてでしょうか?

転出したのに軽自動車の納税通知書が来たのはどうしてでしょうか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月16日更新

▼質問

 萩市から転出し、現在別の市でバイクに乗っています。その後も引き続き萩市から納税通知書が届くのですが、支払う必要があるのですか。

▼回答

 バイクは軽自動車に該当します。軽自動車等の主な定置場が変わった場合には、申告をしていただく必要があります。(例えば原動機付自転車の場合は、萩市のナンバープレートが付いていれば、まだ申告は終了していません。)申告済みの場合は、申告手続後に受け取られた申告書写しの内容をご確認ください。
 税金の負担については、申告に基づく4月1日現在の所有者が負担することとなります。例えば平成26年度の税金は、廃車や名義変更の日が26年4月1日までの場合は、負担する必要がありませんが、4月2日以降の場合は、負担する必要があります。
 定置場の変更日(原付については廃車日)以降の年度分の通知書が届くようでしたら、課税課固定資産税係までご連絡ください。
 申告手続きがお済みでない場合は、早急に申告してください。定置場変更の日までは、萩市に税金を納める義務が残ることとなります。
 申告に際しては、車の種類や排気量等によって、申告場所が異なりますのでご注意ください。