ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 市民課 > 国民年金 届出

国民年金 届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 国民年金制度の基本的な考え方は、老齢になったとき、けがや病気で障がい者になったとき、また死亡したときに年金を支給し、本人や家族が安定した生活を維持できるようにし、そのための費用は、みんなで公平に負担していこうとするものです。
 日本国内に住所のある20歳から60歳までのすべての方が、国民年金制度に加入しなければなりません。ただし、60歳未満の方で、他の公的年金制度の老齢(退職)年金受給者は、任意加入となっています。
 国民年金の加入者は、次の3種類に分けられます。

  • 第1号被保険者 自営・農林漁・自由業者などの方とその配偶者および学生
  • 第2号被保険者 会社員や公務員など職場の年金に加入している方
  • 第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者

 次の場合には、市民課保険年金係(市民総合窓口)、各総合事務所、支所・出張所で届出が必要です。

届出が必要な場合持参するもの
20歳になったとき(厚生年金・共済組合加入者は除く)年金手帳(20歳になられる前に他の年金制度に加入されていた方)
第1号被保険者が厚生年金・共済組合に加入したとき年金手帳、医療保険証
厚生年金・共済組合加入者が会社を辞めたとき年金手帳、退職日のわかる書類
第2号被保険者の扶養から外れたとき
(離婚したときや収入が増えたとき)
年金手帳、扶養から外れた日のわかる書類
転入・転居または氏名が変わったとき年金手帳

(注)上記以外にも書類が必要な場合がありますので、事前にお問い合わせください。本人以外が届出をする場合は、代理人の印鑑が必要です。平成14年4月から第3号被保険者関係届の提出先が、配偶者の勤務先に変更になりました。