ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 農林振興課 > モンキードッグ養成訓練の参加者を募集します

モンキードッグ養成訓練の参加者を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月24日更新

萩市では、市内全域で野生鳥獣、とりわけサルによる農作物被害が顕著であり、
平成27年度の被害額は約1,800万円にのぼっています。

そこで、今年も萩阿武地域鳥獣被害防止対策協議会の主催で、人里から山へサルを追い払う
「モンキードッグ」の養成訓練を実施することとし、参加者と候補犬を募集します。
(会場:萩市川上 河川公園白上球技場)

モンキードッグとは、農林業被害等を防止するために、サルなどの野生獣類の追い払いを目的として
訓練されたイヌで、認定者(協議会)からモンキードッグとして認定されたイヌのことをいいます。

訓練は、10月上旬から開始予定で、1週間に1回のペースで服従訓練を5ヶ月実施し、
(1)人に危害を加えない、(2)人の命令に従う、(3)追い払った後は戻ってくる、の3項目をイヌに習得させます。
服従訓練の成果測定テストに合格し、適正と認められればモンキードッグとして認定されます。

愛犬と一緒に、サルから農作物を守りましょう!

萩阿武モンキードッグ  訓練の様子
       認定された萩阿武モンキードッグ                     訓練の様子