ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 農林振興課 > 第4回トマトスクール~収穫を行いました~

第4回トマトスクール~収穫を行いました~

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月25日更新
 トマトの新規就農希望者等を対象とした「萩市トマトスクール」の第4回目の研修が7月22日に萩市のむつみコミュニティセンターと現地ほ場で行われました。
 今回は収穫について研修しました。トマトの色を見て適期に収穫することが一番重要だそうです。当日は、ハウス内気温が40度を超し、給水しながらの作業となりました。
 萩市トマトスクールでは、年8回開催予定で、次回は8月に収穫、途中管理について研修を行います。

【特記事項】
 (1)主催
  阿中営農幹事会(JAあぶらんど萩、山口県萩農林事務所、萩市)
 (2)講習内容と回数
  平成29年4月から11月の土曜日、日曜日(毎月1回、合計8回)
 (3)開催場所
  ・むつみコミュニティセンター(座学)
  ・萩市大字高佐下のトマト農家ほ場(実技) 
専用の収穫バサミと軍手が配られました。
専用の鋏と軍手
収穫する適期の熟度を研修生で確認しました。品種によって収穫適期の色が異なるので注意する必要があります。
熟度の確認をする研修生
通常はもっと大きい収穫かごを使用しますが、今回は、100円均一で売られている小さなかごを使いました。手で果実をもいで、ハサミで果軸を切り戻し、かごに入れていきます。
収穫する研修生
収穫する研修生
収穫かごをまとめる研修生
収穫コンテナ
当日は病気や害虫についても講義がありました。下の写真は黄色に寄って来る虫を捕殺する粘着テープで、色々な虫がくっついていました。これで、害虫の発生状況を確認したり、防除として利用したりするそうです。
害虫を捕殺する粘着テープ