ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > 究極のお土産に「オイル・ルージュ」、「オイル・ポニーフィッシュ」が選ばれました!

究極のお土産に「オイル・ルージュ」、「オイル・ポニーフィッシュ」が選ばれました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月3日更新

 平成25年11月29日、明治記念館で観光庁主催により、地域の特産物をいかした世界にも通用するお土産を発掘するため「究極のお土産品評会」がはじめて開催されました。全国747品の応募の中から一次審査を通過した115品が「究極のお土産品評会」にノミネートされ最終選考が行われました。
 ふるさと萩食品協同組合の「オイル・ルージュ」「オイル・ポニーフィッシュ」が究極のお土産に選定されました。
 今後、究極のお土産は、国内の新しい観光地づくりの取組を応援し、今までにない観光地の魅力開発と旅行商品化を推進するため観光庁が開設した日本タビカレッジ(以下タビカレ)サイト内での紹介、「タビカレ」イベントでの販売等を行う他、「究極のお土産」自体がその地域を旅する動機づけとなるよう、観光庁が様々な取組を行っていく予定です。

○究極のお土産に選定された9品

  • 「塩麹と酒粕の北海道二段仕込み」(北海道)くまだ株式会社
  • 「秋田しょっつる十年熟仙」 (秋田県)諸井醸造
  • 「T五」 (富山県)薄氷本舗五郎丸屋
  • 「鮎のリエット・白熟クリーム」(岐阜県)株式会社泉屋物産店
  • 「若狭の甘鯛千枚」 (福井県)小浜海産物株式会社
  • 「湖のくに生チーズケーキ」(滋賀県)社会福祉法人あゆみ福祉会
  • 「郷愁の柿」(奈良県)石井物産株式会社
  • 「オイル・ルージュ」 「オイル・ポニーフィッシュ」(山口県)ふるさと萩食品協同組合
  • 「なると金時 おいもさん鳴門っ娘」(徳島県)有限会社鳳月坊

※1部商品が重複して選ばれたため9品となっています。
 

<選定委員> 

それぞれの審査委員が選定基準をもとに究極のお土産を1品選定します。
 荒木 直也  (株)阪急阪神百貨店 代表取締役社長
 大西 洋   (株)三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長
 河野 奈保  楽天(株) 執行役員
 坂西 理絵  (株)料理通信社 代表取締役社長
 鈴木 一十三 (株)ローソン Cvsカンパニー マーケティングステーション 部長
 二橋 千裕  (株)東急百貨店 代表取締役社長
 真壁 まり子 (株)紀ノ國屋 商品部長
 町田 成一  (株)プレジデント社 dancyu編集部長
 マッキー 牧元 (株)味の手帖 取締役 「味の手帖」編集顧問・主筆
 横川 正紀    (株)ディーンアンドデルーカジャパン 代表取締役

<選定基準> 

次の事項を参考にしながら、審査員が総合的な評価を行います。
 1 納得のあるおいしさ
  確かな技術や品質に裏打ちされた説得力のあるおいしさがあること
 2 地域の銘品
  お土産を生み出した地域の人にも愛されるものであること
 3 一流品
  受け取った人が誰に見せても恥をかかないものであること
 4 デザイン
  手に取ってみたくなるような、贈ってみたくなるようなデザイン性を備えていること
 5 ストーリー
  地域の伝統・歴史、開発の背景など、地域に根ざしたストーリーがあること

◆参考 「オイル・ルージュ」 「オイル・ポニーフィッシュ」について

オイルルージュ

★オイル・ルージュ(萩の地魚、もったいないプロジェクト開発商品平成22年販売開始)
 萩産の金太郎(標準和名ヒメジ)をオイルで高温高圧加熱した製品。
 フランス料理に使用される高級魚種ルージュ(Rouget de base)の近縁種であることに由来する製法。
 対象魚種・製法とも、類似品の無いオリジナル製品。
 内容量:130g 価格:道の駅萩しーまーと販売価格650円(税込)

 

オイル・ポニーフィッシュ

★オイル・ポニーフィッシュ(萩の地魚、もったいないプロジェクト開発商品平成25年販売開始)
 萩産の平太郎(標準和名オキヒイラギ、英名ポニーフィッシュ)をオイルで高温高圧加熱した製品。
 お酒のお供に、ピザやパスタのトッピングにも最適。
 内容量:100g 価格:道の駅萩しーまーと販売価格550円(税込)