ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > Ev普通充電器を萩・明倫センター駐車場に設置しました

Ev普通充電器を萩・明倫センター駐車場に設置しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月30日更新

萩・明倫センター駐車場に電気自動車用の普通充電器を設置

 萩市では萩・明倫センター駐車場(大河ドラマ館の駐車場)に、電気自動車用の普通充電器を設置しました。6月から合同会社日本充電サービスのシステムに加盟(有料)しますが、それまで無料で開放しますので、ご利用ください。

・設置場所  萩・明倫センター駐車場(江向602番地)

・利用時間  午前8時30分~午後9時30分(駐車場の開放時間内に利用できます)

・事業費    約120万円

・国(次世代自動車振興センター)や、自動車メーカーの補助金を活用して設置

普通充電(萩大河ドラマ館 駐車場)

【充電器の利用状況】

平成26年3月に、急速充電器を市内7か所に設置し、稼働後1年が経過しました。利用状況をお知らせします。

・年間の利用台数は約1600台。

・利用台数の最多は、道の駅「萩往還」。

■急速充電器の1年間の利用状況(平成26年4月~27年3月)

利用状況

利用状況の詳細 [PDFファイル/198KB]

【市内でも充電器の普及が進む】

1.山口県萩総合庁舎駐車場に、山口県が急速充電器を設置しました。

2.道の駅「萩しーまーと」でも、3月に急速充電器を設置され、西日本最多の7つの道の駅、すべてに急速充電器が設置されました。

 道の駅 萩しーまーと

3.市内9か所のホテル・旅館にも、普通充電器の設置が進むなど、官民一体となった取り組みが進んでいます。

4.電気自動車 高速道路利用実態調査事業

今年度、電気自動車の高速道路利用実態を国が調査するため、実質1,000円負担で高速道路を利用できます。
※事前登録必要、ETC必須など条件があります

申し込みは、こちらから「電気自動車等高速道路利用実態調査プロジェクト」(次世代自動車振興センター)

詳しくは、こちら経済産業省のHPをご覧ください

萩市への効果

これらの結果、県外の観光客が電気自動車を利用して、萩へ訪れやすくなりました。

1.高速道路を利用しやすく、 2.途中の道の駅で充電し、 3.宿泊ホテルでも安心して充電できます

【利用方法、利用できるカード】

チャデモカードが3月末で廃止され、利用できるカードが変わりました。

1.各自動車メーカーが発行するカード(カードの発行についてはディーラーにお問い合わせください)

2.「日本充電サービス」が発行するカード

3.都度課金=携帯電話やスマートフォンでQRコードを読み込んで利用する方法(30分あたり約1,500円)