ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > 生け花展「陶と花のコラボレーション」を開催します

生け花展「陶と花のコラボレーション」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月6日更新

~日本文化で、おくつろぎください~

 萩陶芸家協会と萩華道協会の2回目となるコラボ展「陶と花のコラボレーション」を、萩市指定有形文化財の旧久保田家住宅で開催することとなりましたのでお知らせします。これは「現在形の陶芸 萩大賞展4」の関連イベントとして開催するものです。
 なお、今回初企画として、萩華道協会の花生け人が会期中に常駐し、生け花のご説明をして来場者をおもてなしし
ます。
展示会初日の12月7日(水曜日)午前10時~11時、マスコミの皆さんへの対応として、萩華道協会の阿武紀香会長が、生
け花の見どころなど作品の解説を行いますので、ぜひご取材ください。
 師走のあわただしい時期になりましたが、和の空間と生け花でひと時おくつろぎください。

「陶と花のコラボレーション」

■とき  平成28年12月7日(水曜日)~11日(日曜日)

■ところ 旧久保田家住宅(呉服町)午前9時~午後5時

 (※最終日11日は午後4時まで)

■内容 20作品の生け花の展示

 萩陶芸家協会(会長:十二代 三輪休雪)の12人の作家の20作品に、萩華道協会(会長:阿武紀香、八流派・八団体)の20人の花生け人が生け花を展示します。
 伝統的な作品から、モダンな現代感覚溢れる作品まで、多種多様な拡がりを見せる萩陶芸の現代と、いけばなによ
るコラボレーション作品をご鑑賞ください。

■出展者

1.萩陶芸家協会会員

2.萩華道協会会員:

 一葉流(いちようりゅう)、 小原流(おはらりゅう)、 花芸安達流(かげいあだちりゅう)、 華道家元(かどういえもと) 池坊萩支部(いけのぼうはぎしぶ)、嵯峨御流(さがごりゅう)、 茶華道柴山流(さかどうしばやまりゅう)、 草月流(そうげつりゅう)、 未生流中山文甫会萩支部(みしょうりゅうなかやまぶんぽかいはぎしぶ))

■入館料 100円(文化財施設入館料として)

■主催  現在形の陶芸 萩大賞展4実行委員会(県立萩美術館・浦上記念館、萩市他)

■萩華道協会 会長 阿武紀香(あんの のりか) コメント

○生け花は、私たちの暮らしの中にある文化で、伝統を守りながらも、それぞれの時代の流行を取り入れながら発展してきました。生活をする上で、暮らしにゆとりを持つことは大切なことで、生け花は私たちの暮らしを充実させてくれます。

○伝統ある萩焼を生け花でどのように表現して見せるかということが花いけびとの命と思います。花器と花の出会いに感動していただけるような作品を表現したいと思っています。

萩陶芸家協会と萩華道協会

 ・平成25年度の前回の萩大賞展3の際は、萩陶芸家協会と華道流派のコラボ展を、旧久保田家住宅で開催しました。(当時は萩華道協会が未結成のため、各流派と連携)

 ・その後、萩華道協会が平成26年12月に発足し、今年1月には、萩陶芸家協会と萩華道協会の初のコラボ展「萩 花燃ゆ華展」を旧萩藩校跡の有備館で開催しました。

○添付資料

 出展者リスト [PDFファイル/133KB]

 チラシ [PDFファイル/367KB] 

 過去の写真 [PDFファイル/295KB]

 萩大賞展4 [PDFファイル/118KB]

○問い合わせ

 萩陶芸家協会事務局(萩市商工振興課内) 電話0838-25-3638

 萩華道協会(会長 阿武紀香)      電話0838-22-6525