ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > 萩市起業化支援助成制度(平成29年度募集)のお知らせ

萩市起業化支援助成制度(平成29年度募集)のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

平成29年度 萩市起業化支援補助金のご案内

4月3日より、前期募集開始!

 民間企業の少ない萩市では、就業機会が少ないこと、また若者等の市外流出による人口減少、さらには現在の経済情勢における離職者の雇用確保が喫緊の課題となっています。
 このため、市では、市内での起業を促し、産業の振興及び活性化、雇用の促進を図るため、独創性や市場性、地域への波及効果のある事業内容によって市内で新たに事業を開始しようとする方のほか、新分野進出等によって規模拡大を図る既存事業者を対象として、事業所開設等に必要な費用の支援を行います。
 次の内容を確認のうえ、必要書類を提出してください。

募集期間

起業時期の有利・不利がないよう申し込み順ではなく、受付期間を設け募集を行います。

【前期】 平成29年4月3日(月曜日)~4月28日(金曜日)
 ※平成29年1月~平成29年9月の間に起業した方、または起業予定の方及び新分野進出等により事業所を開設した既存事業者、または開設予定の既存事業者

【後期】 平成29年10月2日(月曜日)~10月31日(火曜日)
 ※平成29年7月~平成30年3月の間に起業した方、または起業予定の方及び新分野進出等により事業所を開設した既存事業者、または開設予定の既存事業者

対象となる事業

 起業及び新分野進出等により規模拡大を目的として、事業所の賃貸、設備備品の購入等、事業所開設等に係る設備を行う事業に対し補助を行います

対象者

 1.起業(開業)の日に市内に居住し、または居住を予定している方
 2.市内に事業所を設置し、または設置しようとしている方
 3.市税をすべて完納している方
  ※ 加盟小売店および既に事業を営んでいる方による既存事業(同一業種)の拡張は除きます

補助対象経費

  2分の1以内

補助限度額

  50万円

補助対象期間

  交付決定に定める事業開始日から事業完了日まで

申請方法

 補助金の交付を希望される方は、「補助金等交付申請書」に次に掲げる書類を添付のうえ提出してください。
  萩市起業化支援補助金交付申請書
  ・添付書類
  (1) 事業計画書
  (2) 事業所開設経費明細
  (3) 登記簿謄本、定款(法人)または開業届出書の写し(個人事業主)
  (4) 申請者の市税の納税証明書またはこれに代わる書類 
  (5) その他必要と認める書類

補助金の交付決定

  提出いただいた申請書及び添付書類の内容を審査機関に諮り審査し、適当と認めたときは補助金の交付を決定して通知します。
 ※ 応募締め切り後、1ヶ月程度で決定します。

事業終了後の実績報告の提出

 事業終了後(または交付決定通知後)1か月以内に、「補助事業等実績報告書」に次の書類を添付のうえ、提出してください。
  萩市起業化支援補助金実績報告書
  ・添付書類
  (1) 事業報告書(任意書式)
  (2) 収支決算書(任意様式)

補助金の支払い

 実績報告書及び添付書類を審査し、適当と認めたとき、補助金の交付の確定をして通知します。
 補助金額の確定通知を受けたときは、萩市起業化支援事業補助金請求書を提出してください。
 支払いはそれから2週間程度となります。
  萩市起業化支援補助金請求書

その他

 補助金を受けた方が、補助事業完了後3年以内に事業所を市外へ移転した場合、あるいは許可なく事業を休廃止した場合には、交付した補助金は全額返還となります。

  萩市起業化支援補助金交付要綱(pdf形式 [PDFファイル/271KB])
 ・ 萩市中小企業長期経営安定資金融資保証制度

 ・ 萩市起業化支援対策資金融資保証制度

 ・ セーフティネット保証制度

 「萩市創業チャレンジ応援助成金について」

 平成28年6月に締結した「萩市と萩山口信用金庫との地方創生に係る包括連携に関する協定関係」に基づき、下記助成金も交付されます。
 詳細は、下記資料をご覧ください。

平成29年度からの注意事項について

 ○審査会の場でプレゼンテーションを行っていただける方を優先的に交付対象とします
 ○交付対象者は原則「交付式」に参加していただきます

 ※審査会は申請〆切後1ヶ月以内を目安に開催を予定しております
 ※日程については申請者に対し個別にお知らせします

様式一覧