ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 商工振興課 > 「工場立地法に係る緑地面積率等の緩和に関する方針」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果

「工場立地法に係る緑地面積率等の緩和に関する方針」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月17日更新

「工場立地法に係る緑地面積率等の緩和に関する方針」に対する意見募集

 萩市では、産業を振興する観点から、市内の工場等の流出防止や、再投資(設備投資)をしやすい環境を整備するなど、市内に立地する工場等が引き続き、市内で操業を継続できる環境づくりを進めることが重要だと考えています。

 そのため、操業を継続できる環境づくりを進める方法として、工場立地法により、一定規模以上の工場等が新増設などをする際に、敷地面積の一定割合の緑地等の整備が必要となる面積率等の規則について、市の条例により緩和することを検討しています。

 この緩和の基準を定めるにあたっては、緑化推進の観点や、工場等の周辺の生活環境の保全等についても配慮していきます。

 今回、この基本的な考え方として「工場立地法に係る緑地面積率等の緩和に関する方針」をまとめましたので、市民の皆さんから意見を募集しました。

パブリックコメントの募集期間

 平成26年9月16日(火曜日)から平成26年10月15日(水曜日)

提出された意見と市の考え方(意見の公表)

 意見を募集した結果、寄せられた意見はありませんでした。

 工場等の周辺生活環境の保全等についても配慮しつつ、市内に立地する工場等が、引き続き、市内で操業を継続できる環境づくりを進めてまいりますので、今後とも市民の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。