ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 広報課 > 薩長同盟150年記念事業 鹿児島市・萩市友好交流盟約を締結

薩長同盟150年記念事業 鹿児島市・萩市友好交流盟約を締結

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月22日更新

 1月21日、慶応2年(1866)に締結した薩長同盟から150年となることを記念して、鹿児島市と萩市が友好交流の盟約を締結しました。当日は、森鹿児島市長ほか37人の鹿児島市からの関係者が来萩され、市役所で盟約書への調印を行いました。

鹿児島市との友好交流盟約調印式

  調印式終了後は、広島大学名誉教授の三宅紹宣さんが、「幕末期最大の同盟・薩長同盟から150年」をテーマに講演。約180人が聴講し、薩長同盟について両市で改めて学ぶ機会となりました。
 翌22日には、盟約締結を記念して贈られた鹿児島市の市花「きょうちくとう」を、森鹿児島市長、野村萩市長をはじめとする両市の代表が中央公園水の広場横に植樹しました。
 今回の盟約締結により、今後の両市の友好交流と発展が期待されます。

記念品の贈呈記念講演
      鹿児島市からの記念品贈呈                     三宅紹宣さんによる記念講演

記念植樹
        植樹式