ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 広報課 > 祝 成人おめでとう

祝 成人おめでとう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月10日更新

 1月2日、市民館で成人式を開催し、新成人(平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれ)549人のうち、383人が出席しました(出席率69.8%)。

成人式(記念撮影)

 式典では、野村市長が「地方都市では人口減少が急速に進んでおり、萩市でも若い人が仕事を求めて市外に転出しているが、看護師等の専門職などは働き手が少ない状況です。一方で、地域おこし協力隊の募集を行ったところ、萩で暮らしたいと考える都市部の方が多い。今、萩は若い力を必要としている。このような観点も踏まえて、これからの人生設計を立ててほしい」と激励しました。

 また、市長から新成人を代表して鎗分朋希さん(明木)と藏本玲那さん(椿東)に記念品が贈られ、続いて、松井廉さん(椿東)と山根蓮さん(堀内)が「誓いのことば」を述べました。

 式典終了後は、中学校時代の恩師の先生方も一緒に、記念撮影を行いました。新成人は、懐かしい友人と近況を話しながら、再会を楽しんでいました。

平成29年 成人式の状況

383人が出席しました。

地域

 出席者数 ( 該当者数 )

男性

女性

155
(201)

160
(257)

315
(458)

川上

5
(5)

3
(4)

8
(9)

田万川

14
(16)

12
(14)

26
(30)

むつみ

2
(3)

2
(3)

4
(6)

須佐

8
(13)

4
(8)

12
(21)

2
(5)

5
(6)

7
(11)

福栄

6
(8)

5
(6)

11
(14)

192
(251)

191
(298)

383
(549)

 

青年の主張(抜粋)

小松陸さん(椿東、大学生)

萩の先人のように、社会の課題に向き合っていく

 萩の先人たちは、多くの困難にも屈せず、時代を切り開いてきました。これからは、先人たちの偉業を称えるだけでなく、その先人たちから得た教訓を糧に私たち自身が歴史を紡いでいくのです。
 すでに社会に出て働いている者、学業を継続している者とさまざまですが、社会の一員として、夢や目標に向かって邁進します。私も今日の決意を胸に、故郷や日本社会に貢献できるように努めていく所存です。

堀なつみさん(椿、社会人)

看護師になり、ふるさと萩に貢献したい

 私は現在、地元の病院に勤めながら看護学校に通い、看護師になるための勉強をしています。仕事のなかでさまざまな患者様と関わり、看護の大切さ、自分たちの仕事に対する責任を感じながら、日々学ぶことができています。
 自分の生まれ育ったふるさと萩に、少しでも貢献できるよう日々努力していきたいです。そして、将来、子どもから高齢者までが日々笑顔で過ごせる社会を目指し自分のできることから行動していこうと思います

記念撮影の様子

記念撮影1 記念撮影2

記念撮影3 記念撮影4

記念撮影5 記念撮影6