ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 広報課 > 萩博物館 明治維新150年記念特別展第2弾 「長州ファイブ-幕末・海外留学生の軌跡-」

萩博物館 明治維新150年記念特別展第2弾 「長州ファイブ-幕末・海外留学生の軌跡-」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月26日更新

 嘉永6年(1853)のペリー来航を契機として、わが国は、欧米列強が牛耳る国際社会への参入を開始しました。その過程で、吉田松陰はアメリカへの密航を企てるも失敗します。

 しかしその後、長州藩からは海外渡航を果たす者があいつぎました。なかでも、文久3年(1863)にイギリスへ秘密裏に留学した伊藤博文・井上馨・山尾庸三・井上勝・遠藤謹助の5人は、日本の近代化に貢献した役割の大きさから、現在では「長州ファイブ」と呼ばれています。5人は、日本人の海外渡航が禁止されている状況のもと、あえて国禁を犯して密航したのです。

 本特別展では、彼らがなぜ危険をかえりみず海外へ渡ったのか、開国により生じた長州藩内外の混乱の様子とともに紹介します。

長州ファイブ

明治維新150年記念特別展第2弾「長州ファイブ-幕末・海外留学生の軌跡-」

会期

平成30年10月27日(土曜日)~11月25日(日曜日)

 ※会期中無休

開館時間

 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

ところ

 萩博物館

観覧料

 大人510(410)円 高校・大学生310(240)円 小・中学生100(80)円

  ( )内は【団体割引】20名以上 【障がい者割引】の料金

 ※詳しくは、萩博物館公式ホームページをご覧ください。

問い合わせ

 萩博物館 TEL:0838-25-6447