ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 広報課 > ブックレットシリーズ萩ものがたり

ブックレットシリーズ萩ものがたり

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新

萩への誘い-観光・歴史・文化関連図書 

ブックレットシリーズ萩ものがたり 

萩の歴史・文化・自然・風物を手軽なブックレットに収録。

萩に残る厚みのある歴史文化・人物、豊かな自然、多彩な行事や風物、民間伝承、伝統産業などなど、後世に語り継ぐべき萩市の宝物、物語(ストーリー)を、ブックレット・シリーズ「萩ものがたり」として、出版しています。2004年4月から年間4冊出版、合計約100冊出版を計画しています。

仕様ブックレット形式A5版50ページ~80ページ
年間発行数4タイトル(4月・10月に各2冊)
テーマ歴史・文化・人物・自然・行事・風物・民間伝承・伝統産業など、萩に関する事象全般。
販売価格(税込)1冊 500~800円

萩の歴史・文化・自然・風物を手軽なブックレットに収録

ご購入・定期購読のお申し込みはこちら


新刊のごあんない 2013年10月出版!

【53】名君 毛利敬親

13代萩藩主毛利敬親は、その人柄は温厚、剛健。先見性に優れ、国内外の情報を積極的に収集し、人材の登用、藩財政の再建、明倫館を移転拡充して文武の奨励、社会的弱者の救済など善政を行い、幕府の表彰を受けた。また、唯一の皇族系大名として「戊午の密勅」を受けると、天朝を守護するため西洋兵法を採用し、軍備の洋式化・増強化を図り、思慮深い政治力、指導力により明治維新に導いた名君 毛利敬親の実像を紹介する。

著者小山良昌(毛利博物館顧問)
仕様A5版 70ページ
販売価格本体574円+税

【53】名君 毛利敬親

ご購入・定期購読のお申し込みはこちら

【54】萩の世界遺産-日本の工業化初期の原風景-

2015年、萩城下町、萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、松下村塾の五つの資産を含む「明治日本の産業革命遺産-製鉄・製鋼、造船、石炭産業-」が世界遺産に登録された。幕藩領主が海防強化の必要から西洋技術を取り入れ、工業化初期に試行錯誤を重ねた典型例と評価される萩の資産の歴史的経緯・価値を解説する。特に松下村塾の工学教育への影響について詳説する。

著者道迫真吾(萩博物館主任学芸員)
仕様A5版 80ページ
販売価格本体574円+税

【54】萩の世界遺産-日本の工業化初期の原風景-

ご購入・定期購読のお申し込みはこちら


バックナンバー2004年4月に出版された第1巻からをお求めいただけます。 

出版日タイトル著者定価
(税別)
詳細ページ
2004年4月

【1】萩の椿 ≪在庫切れ≫

吉松 茂(元萩市郷土博物館嘱託)

【2】高杉晋作-100問100答 ≪在庫切れ≫

一坂太郎(萩博物館特別学芸員)
2004年10月

【3】萩開府-毛利輝元の決断 ≪在庫切れ≫

北村知紀(元毎日新聞編集委員)

【4】萩まちじゅう博物館  ≪在庫切れ≫

西山徳明(北海道大学教授)
2005年4月【5】松陰先生のことば-今に伝わる志萩市立明倫小学校(監修)473円
【6】密航留学生「長州ファイブ」を追って宮地ゆう(朝日新聞GLOBE編集部)574円
2005年10月【7】萩と日露戦争 ≪在庫切れ≫一坂太郎(萩博物館特別学芸員)
【8】萩の巨樹・古木草野隆司(樹木医)574円
2006年4月【9】吉田松陰と現代加藤周一(作家・評論家)574円
【10】萩沖の魚たち(春・夏編)  ≪在庫切れ≫中澤さかな(道の駅 萩しーまーと駅長)/堀成夫(萩博物館研究員)
2006年10月【11】萩の史碑 ≪在庫切れ≫一坂太郎(萩博物館特別学芸員)473円
【12】山田顕義-法治国家への歩み ≪在庫切れ≫秋山香乃(作家)
2006年10月【特別編】ますらをたちの旅[長州ファイブ物語]  ≪在庫切れ≫一坂太郎(萩博物館特別学芸員)
2007年4月【13】川柳中興の祖 井上剣花坊  ≪在庫切れ≫
※お詫びとお知らせ
大庭政雄(監修)
【14】高島北海-HOKKAI 萩とナンシー高樹のぶ子(作家)574円
2007年10月【15】写真集 桂小五郎 ≪在庫切れ≫一坂太郎(萩博物館特別学芸員)
【16】萩沖の魚たち(秋・冬編) ≪在庫切れ≫中澤さかな(道の駅 萩しーまーと駅長)/堀 成夫(萩博物館研究員)
2008年4月【17】若き日の伊藤博文 ≪在庫切れ≫一坂太郎(萩博物館特別学芸員)
【18】旅する民俗学者 宮本常一が見た萩 ≪在庫切れ≫中澤さかな(道の駅 萩しーまーと駅長)
2008年10月【19】海を渡った長州砲 ≪在庫切れ≫郡司 健(大阪学院大学教授)
【20】萩往還を歩く ≪在庫切れ≫中澤さかな(道の駅 萩しーまーと駅長)
2009年4月【21】吉田松陰 人とことば関 厚夫(産経新聞社 文化部編集委員)473円
【22】晋作の生きた幕末と萩江坂 彰(作家・経営評論家)473円
2009年10月【23】維新の精神 -松本健一講演集-松本健一(作家・評論家)574円
【24】萩の近代化産業遺産 -世界遺産への道- ≪在庫切れ≫道迫真吾(萩博物館主任研究員)574円
2010年4月【25】作家たちの萩(上巻)-萩ゆかりの作家たち-高木正熙(萩図書館 館長)574円
【26】作家たちの萩(下巻)-萩を舞台にした小説や紀行-高木正熙(萩図書館 館長)574円
2010年10月【27】浪漫陶々十二代 三輪休雪(陶芸家)760円
【28】長州ファイブ物語-工業化に挑んだサムライたち-道迫真吾(萩博物館主任研究員)574円
2011年4月【29】萩の火山のひみつ-阿武火山群- ≪在庫切れ≫永尾隆志(山口大学教授)
【30】萩・北浦のクジラ文化清水満幸(萩博物館 統括学芸員)574円
2011年11月【31】絵図で見る萩の街道-萩往還・石州街道・赤間関街道- ≪在庫切れ≫山田 稔(山口県文書館専門研究員)574円
【32】萩の郷土料理・家庭料理中澤さかな(道の駅 萩しーまーと駅長)473円
2012年4月【33】日本の近代を拓いた萩の産業人脈-企業家たちの情熱と挑戦- ≪在庫切れ≫樋口尚樹(萩博物館副館長)574円
【34】吉田稔麿の生涯-池田屋事変で散った松陰門下の逸材-一坂太郎(萩博物館特別学芸員)574円
2012年10月【35】吉田松陰と旅海原 徹(京都大学名誉教授)574円
【36】至誠の人 杉 道助大野綱之(元読売新聞記者)574円
2013年4月【37】奇兵隊士列伝(一)一坂太郎(萩博物館特別学芸員)574円
【38】奇兵隊士列伝(二)一坂太郎(萩博物館特別学芸員)574円
2013年10月【39】松下村塾海原 徹(京都大学名誉教授)574円
【40】松林桂月-近代画家としての意味菊屋吉生(山口大学教授)574円
2014年4月【41】茶陶萩-その伝統と革新性石崎泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館 学芸専門監)574円
【42】高杉晋作と諫早生二-「正義派」対「俗論党」秘話-一坂太郎(萩博物館特別学芸員)574円
2014年秋・冬【43】楫取素彦-「至誠」を体現した松陰の盟友-道迫真吾(萩博物館主任学芸員)473円
【44】久坂玄瑞一坂太郎(萩博物館特別学芸員)473円
2015年
【45】吉田松陰の妹・文(美和)山本栄一郎(防府史談会理事)473円
【46】藩校明倫館小川國治(山口大学名誉教授)473円
2015年
【47】薩長同盟三宅紹宣(広島大学名誉教授)574円
【48】兼常清佐 萩が生んだ音楽界の奇才三好健二(萩まちじゅう博物館推進委員会土原部会長)473円
2016年
【49】ジオパークの開祖 高島北海 -若き日にみた夢の実現-金折裕司(元山口大学教授)473円
【50】吉田松陰 留魂録松陰神社、監修 三宅紹宣(広島大学名誉教授)473円
2016年
【51】幕長戦争三宅紹宣(広島大学名誉教授)574円
【52】わが夫、高杉晋作一坂太郎(萩博物館特別学芸員)574円

2017年

【53】名君 毛利敬親小山良昌(毛利博物館顧問)574円
【54】萩の世界遺産-日本の工業化初期の原風景-道迫真吾(萩博物館主任学芸員)574円