ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 建築課 > 住まいの資金を応援します(住まいの資金助成事業)

住まいの資金を応援します(住まいの資金助成事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 市内で自らが所有または取得し居住するもので、市内施工業者を利用し萩地域木材を利用して新築または、既存住宅のリフォームを行う場合に予算の範囲内で、その経費の一部を助成します。

 また、子育て世帯や三世代同居・近居、居住のための空き家リフォームを行う場合は助成額等の加算を行います。

補助対象者

市の住民基本台帳に登録、または登録予定で、次のすべてに該当する方

 (1)住宅の所有者または取得者で、その住宅に現に居住、新築もしくは空き家にあっては、1年以内に居住する方。

 (2)住宅の所有者および同一世帯に属する方全員が市税を滞納していないこと。

 (3)世帯の総所得金額の合計が1,000万円未満であること。

 (4)住宅の所有者および同一世帯に属する方全員が暴力団員の構成員でないこと。 

補助対象工事

 市内で自らが建築主として居住するため萩地域木材(柱材等)を10立法メートル以上使用する住宅の新築、または自らが所有もしくは取得し居住するための既存住宅のリフォームで、次に該当する工事。

 (1)市内に主たる営業所を有し、市税を滞納していない施工業者によるもの。

 (2)リフォームにあっては工事に要する経費が10万円以上(消費税を除く。)の工事。

 (3)補助金交付決定前に着手していない工事。

 (4)市が実施する他の補助等と重複していない工事(昭和56年5月以前に建てられた耐震改修工事は除く。)。

 (5)平成31年3月15日までに完了する工事。

 ※詳細は、お問合せください。

補助金の額

 (1)新築タイプ(加算後の上限は50万円)

  ○助成額 地域木材を10立法メートル以上使用した新築 1棟あたり10万円

  ○加算

   ・子育て世帯 1棟あたり+20万円
   ・三世代同居・近居に該当するもの(萩市内に限る) 1棟あたり+20万円

〇新築タイプ補助額
単位上限額
地域木材を10立法メートル以上使用した新築1棟あたり10万円
加 算子育て世帯1棟あたり+20万円
三世代同居・近居に該当するもの(萩市内に限る)1棟あたり+20万円
加算後の上限50万円

 (2)リフォームタイプ(加算後の上限は30万円)

  ○助成額 一般的なリフォーム 10%、上限10万円。

  ○加算

   ・子育て世帯 +10%、上限20万円
   ・三世代同居・近居に該当するもの(萩市内に限る) +10%、上限20万円
   ・空き家リフォーム +10%、上限10万円
   ・萩地域木材を10平方メートル以上使用する仕上げ 地域木材を使用する部分の費用に対して10%(上限5万円)

〇リフォームタイプ補助額
補助率上限額
一般的なりリフォーム10%10万円
子育て世帯+10%+20万円
三世代同居・近居に該当するもの(萩市内に限る)+10%+20万円
空き家のリフォーム+10%+10万円
地域木材を10平方メートル以上使用する部分(※)

+5万円

加算後の上限30%30万円
※地域木材を使用する部分の費用に対し10%の補助率とする。

申請受付期間

4月2日(月曜日)~8月31日(金曜日)(土・日・祝日は除く。)

※先着順。
※受付期間終了後、予算の範囲内で再募集する場合もあります。 

代理受領制度

この補助金については、「申請者による受領」または「施工業者による代理受領」での交付が可能です。
代理受領制度とは、申請者が受け取る予定の補助金を、市から直接施工業者へ交付する制度です。
この制度をご利用していただくことにより、実際の費用と補助金との差額(自己負担額)のみを施工業者に支払っていただくだけで済むようになります。
なお、代理受領制度をご利用いただく際は、必ず事前に施工業者の承諾を得ていただくようお願いします。

申請方法

建築課に備え付けの申請用紙、または、ホームページでダウンロードした様式に記入し、必要書類(金額や工事内容が証明出来るものの写し、工事前の写真等)を添えて提出してください。