ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 文化財保護課 > 「文化財防火デー」消防訓練を実施します

「文化財防火デー」消防訓練を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月29日更新
 1月26日は「文化財防火デー」です。この日は、昭和24年に法隆寺金堂が焼損した日にあたり、昭和30年に「文化財防火デー」と定められてから、全国的に文化財防火運動が展開されています。 
 文化財防火運動は、文化財の所有者・管理者だけでなく、市民一人ひとりが消防機関などと一体になって、継続的に取組んでいくことが必要です。
 萩市では、毎年「文化財防火デー」行事として、文化財施設で消防訓練等を行っており、今年度は萩・明倫学舎において消防訓練を実施します。

1 目的

文化財を火災等から守るため、消防機関、文化財関係機関及び付近住民が一体となって消防訓練を行うことにより、初期消火体制を確立するとともに文化財愛護思想の高揚を図る。

2 日時

平成30年1月20日(土曜日) 午前10時00分~11時30分

3 場所

萩市江向602番地
 萩・明倫学舎

4 主催者

萩市

5 内容

火災発生による対処訓練
・講義・初期消火訓練の実施

6 参加機関

・文化財関係者(指定文化財所有者)
・文化財管理者(平安古伝建地区保存会、浜崎しっちょる会、萩往還佐々並どうしんてやろう会、NPO萩・明倫学舎)
・地元関係者(堀内地区町内会、江向地区町内会)
・消防関係者(萩市消防本部)
・市関係課(文化財保護課)

7 その他

小雨決行とします。ただし、天候が悪く訓練に支障があると判断された場合には、訓練中止とします。