ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 川上総合事務所 > 阿武湖活用事業スタートします!

阿武湖活用事業スタートします!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月30日更新

阿武湖を活用したアクアレジャーの推進を図るため、準備を進めてまいりました、「LAKE(レイク) ABU(アブ)アクセスサイト(萩・長門峡観光遊覧船乗り場)スロープ施設」を令和元年9月7日(土曜日)午前7時より有料にて開放します。

スロープ施設の開放により、これまで湖面利用が困難であった阿武湖において、多くの方々にカヌーやカヤック、SUP(サップ)などによる湖面散策や、ボートを利用したフィッシングを楽しんでいただくことが可能となります。

事業の運営は、「Labu(ラブ)フロンティア協会」が行います。

スロープ利用料金(1日当り)

動力付船 2,000円(フィッシングボート等)
非動力船 1,500円(カヌー、カヤック、SUP、フローター等)

 ※カヌーやフローターであっても、エレキモーター等を用いた場合は「動力付船」となります。

ご注意ください。

阿武湖活用事業の開始により、スロープ施設の一般開放が始まりますが、阿武湖は、夏季と冬季の貯水位差が20m以上もあり、スロープ施設は貯水位80mまでしか対応していないため、阿武湖の貯水位によってはスロープを利用して湖面へアクセスすることが出来ない場合があります。詳細については、協会HPをご覧ください。

Labu(ラブ)フロンティア協会について

「Labu(ラブ)フロンティア協会」は、今回のスロープ解放に際し、萩市と地元川上の企業、団体等を構成員に設立されました。協会は施設の維持管理や施設利用料の収納業務など阿武湖活用事業主体的に実施します。

レンタルボート業務を行います。

Labuフロンティア協会では、協会構成企業によりレンタルボート業務の運営を行います。

このボートはフィッシング用のボートとなっており、ボートを利用した釣りを楽しんでいただく予定です。

現在、9月上旬の営業開始に向けて準備を進めているところですが、準備が整い次第、協会ホームページにてお知らせしますので、今しばらくお待ちください。

スロープ等利用に関してのお問合せ先

 Labu(ラブ)フロンティア協会https://labu-frontier.jimdofree.com/

 事務局
   
〒758-0141 山口県萩市川上3341-1
            LAKE ABU アクセスサイト

       電話 : 080-6719-5754
      
E-mail : labufrontier@gmail.com