ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > 津波避難施設の提供にご協力を

津波避難施設の提供にご協力を

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月21日更新

津波避難施設の提供にご協力を

掲載日: 2012年02月20日

津波避難施設の提供にご協力をお願いします。
 市では、学校グラウンドや公共施設駐車場を地震・津波の避難場所に指定しています。
 東日本大震災では、沿岸平野部では従来の津波避難場所が浸水し、避難に適さない事例がありました。逆に鉄筋コンクリート造りの堅牢な建築物の高層階は津波被害を受けなかった等の教訓をもたらしました。

津波避難

 日本海を震源とする地震に伴う津波警報レベル(1m)以上の津波が発生した場合に、一時的に津波避難に使用できる堅牢な建物(3階以上)や土地を探しています。沿岸部のビル所有者、マンション管理組合、標高10m以上の高地に100平方メートル以上の遊休地をお持ちの方は、ご協力をお願いいたします。避難者が施設に損害を与えた場合は、協議により補償しますが、津波や地震による被害は補償できません。
1.ご協力をいただける施設の所有者または管理者の方は、防災安全課までお電話ください。
2.職員が訪問し施設の安全性を調査します。
3.施設が津波避難施設としての基準を満たす場合、萩市と建物の所有者または管理者との間で、津波避難施設の使用に関する協定を締結します。
4.協定締結後は、ホームページおよび広報紙等で公表します。
5.津波避難施設の表示を掲示します。

参考 津波避難ビル等のガイドライン(内閣府)

    山口県津波浸水想定図(日本海沿岸)について ※平成27年3月27日 山口県公表分

問い合わせ 防災安全課 電話0838-25-3808 ファックス0838-26-0850 メール bousai@city.hagi.lg.jp