ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織で探す > 防災危機管理課 > 鉾田市災害応援協定調印式

鉾田市災害応援協定調印式

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月26日更新

 萩市と茨城県鉾田市は、大規模な災害時において、相互の応援体制を構築し応急対策及び復旧対策に万全を期すため、下記のとおり災害時相互応援協定を締結しました。

1 協定締結の相手方 茨城県鉾田市 鉾田市長 鬼沢 保平
2 協定調印式
 (1)日時 平成24年3月15日(木曜日)
 (2)場所 萩市役所 大会議室
 (3)名称 山口県萩市と茨城県鉾田市との間における災害時相互応援協定
3 協定内容
 (1)食糧、飲料水及び生活必需物資並びにその供給に必要な資機材の提供
 (2)被災者の救出、医療及び防疫並びに施設等の応急復旧等に必要な資機材及び物資の提供
 (3)救援及び救助活動に必要な車両等の提供
 (4)救援、医療、防疫及び応急復旧活動等に必要な職員の派遣
 (5)被災者に対する避難所の設置及び応急仮設住宅の提供
 (6)児童及び生徒の受入れ及び就学機会の提供
 (7)ボランティアの募集及び派遣
 (8)前各号に掲げるもののほか、特に要請があった事項
4 その他
 (1)平成11年8月21日に、茨城県の旧・旭村(あさひむら)、島根県の旭町(あさひちょう)、山口県の旧・旭村(あさひそん)など、「あさひ」の名称を持つ7市町村では、「あさひ連邦相互協力協定」を締結し、その中に災害時の助け合いを規定していましたが、平成16年8月に「あさひ連邦」は解散しました。
 (2)平成23年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で旧・旭村(茨城県鉾田市)は震度6強の大地震に見舞われ、甚大な被害を受けられたため、萩市と旧・旭町(島根県浜田市)は、「あさひ連邦相互協力協定」の精神にのっとり、共同で鉾田市に緊急救援物資をお送りさせていただきました。
 (3)萩市が姉妹都市以外と災害応援協定を締結した初めての事例です。

茨城県鉾田市との災害応援協定締結式